UA-175808163-1

2021年05月17日

更新滞ってますがギター弾いてます!

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

いよいよ関西以西は梅雨入りかな
予報はこれからずっと雨
これだけ雨が続く梅雨もなかったような?

昨日、内内のオフ会しました。
この時期ですから少人数で

それは、この6月に定年を迎えふるさとに
帰られるとのことで親しい人の中には
今回のオフ会が最後と言う方もおられたのでね。

こんな所でこんなもの頂きながら・・


640x640_rect_77708794.jpg

18356390.jpg

ソロギターというニッチな世界
すそ野は決して広くはない、そんな中で出会った仲間が
遠くの地に行ってしまって集まる機会が減るというのは、
寂しいものです・・

さて、今日は爪です
ってこのブログにも何度も書いてますがね。

最近は鉄弦とナイロン弦と弾くのですが
やはりギターの特性が違うので爪の形も
別々に考えないといけない?

以前にギターつながりのTokiさんからDrキャピタルさんの
爪の整え方をおしえてもらいました。
これね



でも鉄弦では爪のTopを平行にするとちょっと弾き難いので
両方に使えるようにと以前よりも更に短くして右上がりで
整えるようにしてます。
汚いじじいの手でスミマセンm(__)m

IMG_20210510_100713.jpg

結局この爪の短さが私にはプランティングやしやすい
というだけでして、この爪の状態で中指・薬指の交互の
スケール練習してきたことで結構このみの音でギターを
鳴らせるようになりましたよ。

あ、そういえば昨日のオフ会のときにその練習のことで
ギタ友の池ちゃんに修業だと言われてました。

ふむむ、確かに修業かも(爆
でもね、クラギの人ってその修業たる基礎練習に
手を抜くことなしって聞いたことあります。

そうか、やはりクラギも含めて指弾きするひとは
みんな修行僧なんだ、つまりM体質なんだろうなぁ
とひとりごちるおやじ・・(ちゃんちゃん


posted by アラフィフおやじ at 11:10| Comment(5) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

ファイテンパワーテープ

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです^^

コロナのことはもう書かなくても
皆さんご存じで感じておられる通りで
どうにもこうにも・・・

先日、テニス肘で左手に痛みがあってと
ブログに書いた時に、ギターつながりの方から
こんなのがあって、使ってみていいヨと
教えてもらったのがこちら

1_000000000182.jpg


ファイテンパワーテープ
運動している方が結構使われてる?
マラソンの中継か何かでTVに映る選手が
足などに貼ってるのをそういえば見たような。

このテープ チタンの効用での筋肉の痛みを和らげるや
はたまた首に貼ると呼吸が楽になるや肩こりにも効くとか

魔法の貼り薬(いや、薬と書くと薬事法に引っかかるか)
もとい、魔法のパワーテープ

311320382.jpg

おやじも何でも良いよと聞けば試したくなる
あ、まったく妄信的に試すわけではないですよ^^

ネットの情報は自分のブログの「ごあいさつ」
でも書いていますがネット上にあふれる情報なんて
石混合でしょうから自分の物差しをもってないと
ひっかかるあなたが悪いってことに(滝汗

ネット上の個人の使用感想ではほぼ効果があるとの
記載が目立ちます。

自分的には体に害がないなら、試してみて
そして発信されていることが自分に当てはまるか?

結果としては、テニス肘の痛み改善は???
でした。

掛かりつけ医に処方してもらった
モーラステープの方は効き目がはっきりしてました。
ただ、貼るのをやめるとやっぱり痛い
あくまで対処法として使うってことですよね。

mohrustapel40mg.jpg

かたや、おやじ膝も痛むことがあるんですよ(加齢?
そこで膝にもファイテンパワーテープを貼ってました。

こちらは、不思議と痛みが出なくなった
これはあくまで個人の感想なので^^

膝の痛みがどこから来ているのか
診察してもらったわけではないので
ファイテンパワーテープが効いたのか
たまたま時期的に痛みが治まったのか
そのあたりはよくわかりません。

まぁ、効くと信じて貼ることで
痛みが和らぐとこともありますよね^^

所謂、プラセボ効果っていうあれです(^▽^)
私こういうのに掛かりやすいかも

ネットではいろいろ調べてこんな所も
しっかり読みましたとさ

チタンテープの効用に対するエビデンスが
あるかどうかも調べてみた

研究論文は出てきたよ


独自の加工を施したチタンが生体システムに及ぼす効果:健康と運動能力に対する影響


でも、この研究の最後にこう書かれている

研究資金の支援をファイテン株式会社(日本、京都市)から受けた。

また、このことについては、以下のブログでも記述があった


ファイテンパワーテープの効果について調べてみた結果


このブログの主様(ブログの自己紹介から)

--------------------------------------------

早稲田大学大学院出身、元企業研究者で
「ググれ。ググる前にググれ。」
を信条に、何事も徹底的に調べる。

--------------------------------------------

とのことですが、書かれている経歴が事実かどうかは
私にはわかりません、あしからずm(__)m

信じるか信じないかはあなた次第ってことで

そう言いながら私今でもこのテープ貼ってます(^▽^)

posted by アラフィフおやじ at 13:18| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

劇的に発音が変わるたった2つのこと

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

緊急事態宣言も伸びても(既定路線)
緊張感は薄くなってますよね

ここまできたらにっちもさっちも
行かないのでしょうが
比べたらなんですが台湾は凄いなと

さて、今日のお題
「激的に発音が変わるたった2つのこと」
って完全にキャッチコピーですやん

どっかの書籍に代表作として出てそう(;^ω^)

って、お題はともかく、これは事実でして
でも、それをするかどうかは人それぞれですかね。

ソロギっていつも書いてますが
簡単ではないので出来るようになった時の
達成感は凄く感じられる。

ある意味自己満足の世界ではありまが^^
趣味ってそういうものかもしれませんよね

人前で演奏することやyoutubeにUPすることで
承認欲求も満たされる?かもしれません。

このお題、初心者の人はもう少ししてから
まずはギターを楽しんで続けらることを願ってます。

ということで、初級(とりあえずソロギターを何曲か弾ける)
という人で自分の演奏に満足できていない人向けです。

タッピング多用の演奏形態を目指している方は
ちょっと違う方向とおもいますのであしからず。

おやじ、自分のギターのポテンシャルを
最大限使った弾き方が出来ず、何かジレンマというか
鬱積した不満をもっていました。
(自分がヘタなだけ(´;ω;`)ウゥゥ

それなりに、暗譜している曲もあって
なんとなく弾けているような気でいたのですが
どうしても納得いかない部分を残していました。

それは、以前に書いてますが
1)指板に吸い付くような運指ができない。

2)弾弦の力配分がどうしても安定しない

1についてはレッスンで指の動きを制限して
というのを実行したのですが指の動きの独立性は
確かにUPしたのですが吸い付くかというと・・・

2については柔らかい音を出せるが太くて朗々と響く
発音が出来ないでした。

ギターってある程度の個体であるかぎり
その個体のポテンシャルを最大限に引き出す
弾き方ができれば十分な鳴りを実現できる
そう今ではおもっています。

それは、自分のギターを例えばプロの人や
自分よりも上手な人に弾いてもらうと
全く違う音が響いてくる

そんな体験をしたひともおられるのではないでしょうか?

前置き、長〜 ^^

では、劇的変化への2つのこと

1)押弦する時に、特に1弦と2弦 左手の指
人差し指から小指まで指頭で押さえるです

特に小指

手の構造上人差し指から薬指までは指を立てて
指頭で押弦することは難しくないのですが
小指はどうしても斜めを向きます。

左手を曲げて開くとわかるかと思います

IMG_20210508_104820.jpg

小指を立てて押弦しようとするとそのように押さることを
意識しないと最初はできませんでした。

以前はその意識もなかったので
小指の外側に弦タコができてました


IMG_20210508_104325.jpg

小指は結構1弦2弦を押さえる場面が多く(主旋律の)
またスライドやプリングなどで指が寝ていると思い通り
音が出てくれなかったりしていました。

小指を寝た状態(外側に倒れた状態)で弾くのは
特段の意識をせずに押さえることができますが
小指を立てる(指頭で押さえる)は意識しないと
自分にはできないことでした。

これができるようになると驚く程指がスムーズに
うごくようになったのです。

そのうえ、小指を立てることを意識すると
他の指は必然的に立つようになり
結果指板に吸い付くような押弦につながりました。

2番目は右手です

ここしばらくテニス肘になって左腕、
肘の上の筋が痛くてスケール練習だけをする日々

ドレミファのスケールをローポジションから
ハイポジションまで指板全体を使って弾くのですが
今までは右手人差し指と中指交互で弾いていました。

それを中指と薬指を交互に使って弾くように
変えてみました。

これは、1弦を担当する薬指の弾く力を上げるためです
人差し指と中指はもともと強く弾ける指の力があるのですが
薬指はどうしてもその2本と比べると弱くなる。

そこで、中指に負けないよにしっかり薬指で弾く練習を
することで驚くほど薬指が使えるようになりました。

プランティングと縦振動も自然とできるように。

結果、1弦2弦の発音は太くて大きくだせるように
なりつつあります。

左手小指の押弦と右手薬指の弾弦 
この2つを自分なりにマスターすることで
劇的に発音が変わったのは間違いありません。

そんなこと、前から知ってる?
あらら、そうかぁ、知らなかったのは私だけ(;^ω^)



こないだね、岸部さんの演奏みていて
お〜やっぱり左手小指立ってるじゃん
っておもっていたおやじでした。

岸部さんの指使いはホントにお手本ですね!
posted by アラフィフおやじ at 11:17| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ