2017年08月13日

暗譜についての独り言

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

本日より私もお盆休み
みなさんお盆は忙しいんでしょうね^^

おやじは今日は久しぶりに一人家でギター三昧(^ー^)ノ

今日は、暗譜を始めてちょうど1週間

初心者のみなさんも暗譜をして弾いてみたい
と思われる方もおられると思いますので
ちょうど自分が覚えてこのタイミングでいくつか
自分なりのポイントを書いておきますので
何かのお役にたてれば幸いです。

ソロギターにはご存知の通りチューニングが
レギュラーとオープンがありますよね。

オープンの場合はちょっとややこしいので
今回はレギュラーの場合ということで書きますので
ご勘弁ください。

まず、弾きたい曲を何度も聞きます

これはソロギを暗譜する方法なんかでググっても
多くの人がそのように書いておられるので
ひとつの方法として間違いではないのでしょう。

私の場合、その中で曲の主旋律を覚えます。

主旋律を追っていると、大体曲のパターンんが見えてきますよね
これはA-A´-A"-B-B´-エンディングみたいな感じで。

これが分かればAとBパターンが弾けたら大体弾けるようになるってことです(^▽^)/

歌モノも大体歌詞は違っても1番2番って曲は同じみたいな感じでしょうか。

俗に言うタッピングのような伴奏スタイルの曲は
主旋律がどうなっているか自分が弾かないので分からないです(スミマセン)

主旋律を覚えたらそれを単音で弾いてみます。
ローポジションから単音を探すと難しいけれどハイポジションの
スケールから探してみるとわりと見つけやすいかもしれません。
ローポジでは5弦3Fが「ド」ですよね 
ハイポジションは6弦8Fが同じ「ド」になります。

当てはまるコードを探せたら
コードをジャラ〜んと弾きながら鼻歌で主旋律を歌ってみる。

基本、分散和音としてコードを弾くとソロギになったりしますから
歌モノの伴奏をして歌うという感じでしょうか。

次に、譜面上の音(TAB譜所の位置)を楽譜どおりにまず押さえて
順番にその音を弾いて見るわけですが、この時に問題になるのが
指定された音を何指で押さえるか、
そしてその音を右手のどの指で弾くかを考えて行きます。

運指は決めやすいかもしれませんが、右手の弾く指を間違えると
音が続かないってことにもなってきます。

最初のうちは全く分からないかもしれません。
そんな時は適当でいいんです(^▽^)/

え?そんなエエ加減なことかくな!ってですか^^

私も最初は大体適当です(笑

一度ざくっと決めた運指も弾いてみると弾きにくかったり
音が切れたりなんてことが多々あるので、後で弾き易いように
修正はしていきます。

弾きたい曲の動画があればそれを見て あぁこの指で押さえてるのね
ってことを目で見て確認できるのですが、音源だけだと探り探り
決めていくって感じでしょうか。

これを、1小節づつ積み重ねて進むわけですが
ササッと弾ける部分と何度もそのフレーズを弾いて
指が覚えないと弾けないってフレーズもあります。

だから私の場合、弾けない所は親の敵ほどの勢いで
何度も何度も繰り返して練習します。

そんなわけで家族にはとても嫌がられるんですが(汗
ま、広い家にお住まいの方はギター部屋ってのをお持ちかもしませんね(ウラヤマシイ

こんな感じで地道に覚えるのですが、慣れてくると完全に覚えなくても
楽譜を見ながらあぁそうそうここ押さえるんだったなって感じで弾けるようになる
それってどれくらいの経験でそうなるか?ってですか?

どでしょう、私の場合はボンクラなもので人より覚えるのが遅いですから
何年も掛かってます^^でも早い人は1,2年で簡単な曲なら見ながら
弾けるようになるかもしれません、個人差ありでしょうが^^

そんなこんなで、一応おやじも1週間で音をなんとか追いかけられるくらいまで
進みましたが曲として弾けるようになるには、完全に指が覚えてしまうまで
弾き込まないとダメですね。

本当に暗譜するって長い道のりで面倒くさいことかもしれませんが
覚えてしまうとギターさえあればどこでも弾けるので便利だし
感情も込めやすいですしね!

どうぞ頑張ってください
おやじも頑張ります^^

こんな分かりにくい文字ばかりの内容に最後までお付き合いくださり
感謝感謝です。せっかく最後まで読んでくださった方のために
自分の確認用に録音した音源つけておきます。

ブログにはおぼえたって書いてるけどほんまかいな?
覚えたって書くだけならだれでも書けるからね!って^^

あくまで確認用ですから演奏として聞かないようにお願いします。
では、聞きたいって奇特な方はこちらから
https://soundcloud.com/sasun/inner-medium





























posted by アラフィフおやじ at 14:36| Comment(0) | 暗譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

暗譜はやはり「気」

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

台風、すごかったです 
夕方から今も吹き返しで雨風嵐のごとくです。

今晩から中部関東にも影響があるかもです
そちらの方面の方は十分に用心してくださいませ。

さて、暗譜、 ええ 先日「昭和ロマンス」を覚えると
ここに書いておりましたが遅々として進まず・・

ところが、これを弾いてみたい!と思い
何度も聞いて思ってしまった曲がありまして^^

で、実は昨日と今日の2日でほぼ弾ける感じになりました。

昭和ロマンスは何週間も掛かっても覚えられないのに
この曲を弾くぞと「気」が入るとささっと覚えられるものですネ

え?なんの曲だ?ってですか
それは ヒ・ミ・ツです^^

ナイロン弦の曲ですとだけ書いときます(^▽^)/

そこで登場してもらったのが、コルドバ君

tbedcbzbc23v0cakavmt.jpg

久しぶりのナイロン弦、コルドバ君 個人的にやっぱり好きだ
音が大きい(鉄弦の1.5倍はあるでしょうか)そして弾き易い

クラギの場合は弦高が高めなのですがコルドバ君の場合は
弦高が低くセッティングできているので鉄弦よりも弾き易いかも
ただ、ネック巾があるのでウエスタングリップはできません^^

一応、辛口女房にも聞いてもらいましたが
この曲 ざっくり言うとAパターンとBパターンの組み合わせになっている
Aの方が昨日覚えたので指が馴染んできてる Bパターンは今日覚えたて

Aパターンは十分演奏とし聞くに堪えるとのこと(苦笑
Bパターンはスピードが速くなってる(ようは走ってるらしいです)

いつもながらに厳しいコメントでした(涙

曲として完成してお披露目するのは訳あって先になりましようが
そのうちにきっとUPしたいと思っております(^▽^)/

暗譜はやはり弾きたい「気」もちの大きさが
何より大事だということを再認識いたしました!

初心者の人も自分は暗譜が遅いと悩まないでください
今、暗譜している曲は本当に弾きたい曲ですか?

練習曲だからとか覚えなくてはいけないからと言った
義務のような気持ちではなかなか覚えられないのかもしれません^^

趣味の世界です 好きな曲を弾きましょうぞ!

posted by アラフィフおやじ at 23:48| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

海外のサイトでは

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

最近の暑さでアウトドアは少しペースダウン
そすると俄然インドア・ソロギにってことです、ハイ^^

鉄弦のギターの本場と言えば、やはりアメリカでしょうか
アメリカのギターと言えばマーティンですよね!
ご存知のようにもともとヨーロッパからアメリカにわたり
ギター製作を始めた、そう考えるとギターのルーツは
ヨーロッパにありですかね。
基本、クラシックギターになるのかなヨーロッパは?

ルシアーの層はアメリカと日本を比べると随分差があるかもしれませんが、
わたしとしては日本で作られたギターが気候風土的にみても
日本で弾くならいちばんマッチしているように思っているのですが・・・

そうは言ってもやはり、ルシアーのギターのことを考える時
アメリカを知らないと言う訳にはいきませんよね。

わたしの手元にあるMike、Baranikのギターもブログに書いていますが
アメリカの楽器店から輸入購入したものでした。
今はWEBで外国の楽器屋のサイトも見れるのがありがたいですよね。

わたしがアメリカ・カナダのギターの音色を聞いてきたのは
Dream Guitarsというサイトでした。
ここね↓
https://www.dreamguitars.com/

Book1.pdf.jpg

ここで、アメリカの名だたるルシアーのギターサウンドを聞きました。
日本の楽器店に並ぶこともあるのですが、弾くチャンスは少ないかもしれませんね。

ジョン・グレーベン ・ リンダ・マンザー ・ アーヴィン・ソモギ ・
ジェフ・トラゴット ・ ジェラルド・シェファード ・ ケヴィン・ライアン ・
キャシー・ウィンガート .マイケル・グリーンフィールド・マリオ・ボーラガー
エド・クラストン・マイク・バラニック・ケビン・ライアン・マーク・ベネトウ
ジェフ・トラゴット・ジェームス・オルソンなどなど
名だたるルシアーさんのギターのサウンドを聞くことができます。

みんないい音に聞こえるってことになるかもしれませんが
雰囲気だけでもタダで味わえるのがありがたかったです^^

上記のギターは一応、楽器店さんのご厚意で一通り弾かせてもらっている?
と思いますが、すでにどうだった?と聞かれても忘却の彼方であります!?

そんな中で、日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが
マーク・ベネトウのギターはソロギを弾くならとてもバランスが良く
必要以上の残響がない整理されたサウンドはトラゴットと並んで
わたしの好みであることに違いありません。



まぁ、どのギターもそうですが 
じゃ、買いますって買えるような価格帯ではないですがネ^^

もし、そんな海外のサイト見たことないって方がおられましたが
ご参考までにというお話しでした。



posted by アラフィフおやじ at 14:49| Comment(2) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ