2018年10月27日

弾きたい!と思う気持ち

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

いよいよ秋も深まり
芸術の秋、運動の秋
そうです、「山」が呼んでます^^

え?ソロギが呼んでるんではないのか?
ですか?ですよねぇ(^-^;

あ、一応新しい曲を練習しはじめてはおります^^

でも、明日は山行きです
とソロギのブログに書くことか?^^

閑話休題

ソロギについて、ソロギを弾き始めた人には
是非この曲を弾いてみたいというものを
見つけて欲しい、弾いてみたいという
エネルギーがあると練習にも熱が入るから
と幾度となく書いております。

おやじも過去ソロギの本を買ってきて
何か弾いてみようと思ったことが何度もありました。

が、やはりその曲を弾きたいと思わないと
結局弾き始めても最後まで練習しなかったです^^

しばらく、弾きたいと強く思う曲が
なかったので簡単な曲を耳コピしたりして
遊ぶ程度でしたが、久しぶりに弾こう!
と思うったのがこの曲です

81Tyg26EpHL._SY355_.jpg

最近よく聞いてる龍藏さんの所で聞いて
曲の盛り上がりの所が良いなぁと



なかなかおじさんにとっては手ごわそうですが
ゆっくり楽しんで練習したいと思います。
と言いながら必死のパッチで練習するんでけどね(笑

さて、みなさんはどんな曲にチャレンジされてますか?






posted by アラフィフおやじ at 10:41| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

ギター本体の特性

ソロギすきの皆さん
こんにちは、おやじです。

今回、鈴川さんのギターを購入したのには
少し訳がありまして

ご存知の方もおられると思いますが
鈴川さんが暫く製作を休まれるとのことで
次にいつ作られるかわからない。

ギターとは出会いであって
その時に手にしておかないと
後で、はないのが世の常
そのような訳でご縁が生まれたと。

鈴川さんのギターについては
以前より弾く機会もあり
その素晴らしい音色のことは知っていた。

ただ、ソロギターを楽しんでいるうちに
ギターに求めることは変化してくる。

以前はリバーブ感のある倍音の深い鳴りのギターに
心奪われていて、音に酔えるのが楽しみだった。

それがいつの間にか、自分の思いを音に
換えてくれるギターを好むようになっていく。

ある意味ちゃんと弾かないと
お前は下手くそだと言ってくるギターは
逆にちゃんと弾けた時には
思い通りの音を奏でてくれる。

難しいけれども楽しみも奥深い

そんなギターを弾いていると
逆に音色の美しいギターは
反面心安らぐのかも知れない。

ソロギを弾かれる方は
ギターに対して一家言お持ちだと思う。

それぞれ思い入れのあるギターは
愛着も深くまさに自分の手足となって
音を奏でてくれることでしょう。

さて、最後にここに書いたことが
分かりやすく伝わるように音にしてみました。

ギターは今回購入した
Suzukawa OM-3(アディロン・マダガスカル)

Ken Oya F (アディロン・メイプル)
です。

鈴川ギターは倍音・リバーブ感がしっかりあり
また楽に弾けるギターの代表
鉄弦のギターの一つの完成形でもあるように思う。

一方

大屋ギターは音の分離が見事で必要に応じて
倍音を持たせた音を奏でることができるので
ひとつづつの音が矢のようにまっすぐに届く

その違いを是非感じてもらえればうれしいです。
また、もしギターを購入しようと思われている方に
音の違いから自分の好みを知ってもらえたら
嬉しく思います。

まず、こちらからどうぞ
レギュラーチューニングの6~1弦
に向かっています1音ずつ弾きました。

鈴川ギターの方が1,2弦の裸弦の音が
鉄弦らしい響きを思っている一方
大屋ギターは巻き弦と裸弦の差が
少ないのを感じてもらえると思います。

最初が鈴川、後が大屋です



音の差がはっきり出たのが
オープンチューニングで弾いた時でした。
ですので、今回は岸部さんの「Thank you For・・」で
聞き比べしてみてください。

音は加工無ですが鈴川さんの方は材のことも含めて
リバーブ感は加工しているのでは?と思うほど
一方、大屋さんの方はまさに整理された音。

鈴川さんの音色は澄み切った湖のような
凛とした美しさがある
また
大屋さんの音色は聞いた瞬間に胸にグッと
刺さるように感じる


最初が鈴川ギター、続けて大屋ギターです




posted by アラフィフおやじ at 11:34| Comment(14) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

ギター本体が教えてくれること


ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

今回購入したSuzakawa:OM-3について
詳しくは書いていませんでしたので
一応スペックなどを書いておきます。

suzukawa_om03_9786_up.jpg

Condition:NEW
Body:OM
Top:Solid Adirondack Spruce
Side & Back:Solid Madagascar Rosewood
Neck:Mahogany
Finger Board:Ebony
Bridge:Jacaranda
Bracing:X-Bracing
Back Construction:2p
Neck Width At Nut:44mm
Scale Length:632mm
Tuning Machine:Gotoh 510
Rosette:Walnut

OMサイズですがスケールは632o
所謂ショートスケールです。

ちなみに弦高は6弦12Fで2.0o
1弦12Fで1.6oとかなり低めです。

ショートスケールで弦高も低いとなると
いろいろ演奏上ではあるわけですが
Ken Oya F スケールも弦高ではほぼほぼ同じ
でも、まったくその演奏性は違うのです。

DSC07080 (2).JPG

そのことは追々書いてみます。

ちなみに、今回購入したSuzukawa OM-3ですが
ひとつ、へぇと思ったことがありました。

それはピッキングに力を入れなくても
(おやじ的にはほとんど力を入れていない感じで)
出力は十分であることです。

逆に普段通りの入力で弾くと音がビビることもある
一般的に弦高が低くテンションが弱いと当然、
弦の振幅でビビるとは言われるのだが・・

つまり、つま弾く程度でこのギターは
楽しめるということが垣間見れました。

さて、余談ですがギタ友のJ-minorさんが
先日、しばしばさん所蔵のWater Road Arte Cutaway

f0281844_07192356.jpg

を譲り受けられてのち、普段着のギターを物色中で
その流れをブログで楽しませてもらっている。
  ↓ ↓ ↓

Kamakura Guitar


ギター本体の購入にはスゴイエネルギーがあって
そのおすそ分けでワクワクできている。

いま、物色中というのが時のギター
いるかさんオリジナルのスイッチというギターである。
はたして購入に至るのかワクワクである。


f0281844_08142014.jpg


私のギター購入の流れはエネルギーの放出がない
あまりにサラッとしているのもいかがなものか(^-^;











posted by アラフィフおやじ at 11:57| Comment(2) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ