2011年10月28日

音をデジタルで聞くということ

昨日はネック(ナット)巾のことで
みなさんのご意見を聞かせてもらってありがとうございました!

この場をお借りしてお礼申し上げます。

ん〜しかし、ここに集う方は「オ・タ・ク」ですなぁ(笑

で、今日はみんさん一家言あろうと思います
音についてご意見を聞かせてやってくださいませ。

お題は
ええ、そうですね デジタルの音です。

アコギの音は生音が良い
そう言い続けるおやじですが
録音して聞くとなるとすでにそこには生音はないわけで
加工された音となるわけですよね。

でも、できるだけ生音に近い音で録音したい
所が聞いた感じは更に耳障りの良い音になってほしい
などともう勝手も勝手
自分が悲しくなってきてしまいます。

おやじはギター周りの機材関係にはほんとうに疎い
また、自分で試したことのあるもは一部に限られております。

だからここで語るには情報も知識も不足しすぎですので
いい加減なことを書くかもしれませんがお許しください。

それではまず、こちらの音を聞いてみてください。

aの音


bの音


一方は生音をZOOMの内蔵マイクで生音として録音したもの

一方はPUを通してミキサー・プリアンプ・リバーブを通ってZOOMで録音したもの
(基本ミキサーはフラットでリバーブも掛けてません)

録音したのは
 
ひとつはFuruyaギター(イングルマン ローズS&B)
もう一つはEbataギター(イングルマン ローズS&B)

さてどっちがどっちでしょう?

次は原音にリバーブをかけたもの
1)


2)


こうなるとおやじの耳ではギター本体の音の違いだけで
生音を元にしているのかPUからの音を元にしているのかわからなくなります。

そう言う意味では録音するという点では
もうPUだろうが生音だろうがリバーブ掛けるなら、さほど気にしなくてもいいのか?
なんて思ったりしておる所です。

このあたり、みなさんの使われるギターも機材もちがうわけですから
録音された音もそれぞれでしょうけれど・・・
みなさん録音についてはどう思われてますでしょうか?


ん〜今日はいつも以上に取り留めのない
いったい何が言いたかったんだ!という内容になってしまいましたm(__)m


こんな拙い日記を読んでくださっているみなさま
きょうも素人おやじのたわごとに付き合ってくださって感謝です。

しかし この音源は悩みの元になっただけだったかも・・・

ちなみに、使用している機材は以下の通りでした


MACKIE/402VLZ3(ミキサー)

D-TAR Solstice(プリアンプ)

Lexicon LXP-1 (リバーブ)

ZOOM H4n (ハンディーレコーダー)

FISHMAN /RARE EARTH BLEND (ピックアップ)

SoundEngine Free (編集ソフト)

posted by アラフィフおやじ at 14:27| Comment(4) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

さて、どんなものでしょう?

今日、プリアンプが来ましたと書きました。

そのプリアンプ+リバーブ+ミキサーを通した音です
岸部さんの「ノーベンバー」の一部分を弾いてみました。

演奏は、しばらくこの曲弾いていないと・・・
へたくそになってる ほんまビックリします(^^;)
何がって言いますと、演奏が早くなるんですよ。

本当はもっとゆったりした曲なのに
どことなくせかせかしたように聞こえるのは
まさに早く弾いてしまいたいという気持ちの現れなのです。

つまり、上手く指が動いていないのを体が知っているのだと。

ということで演奏でなくて、音を聞いてもらって(笑



張っている弦がエリクサーですので、そんな香りが残ってますが

なんとはなしにいい感じなのでしょうか?
それとも
ん〜でしょうか?

このあたり、音の好みもあるのでどうなんだろうと思いながら・・・

PS

違うパソコンで聞いてみると、高音がきついですねぇ
もうちょっと丸い音にしないと聞きづらい

こりゃ録り直しですねぇ

【共に練習されている初心者さん用にコメントを書いてみます】

演奏については、反面教師で初心者の方が聞いておられたら
ゆっくり弾くことに気をつけてくださいね。

初級者のおやじが言うのもなんですが
おやじの場合は最初、やっと覚えて弾けるようになり、
さらに練習しているうちに演奏が走るようになりました。

確かに、ある程度のスピードで弾けるのも指が動いてきていることになるのですが
それ以上に、その曲の持つリズム、スピードがあると思っています。

たとえば、この「November」という岸部さんの曲は
11月の秋の深まりを感じさせる、落ち葉がはらはらと舞い落ちて
夕日に紅葉が映えるそんなイメージだと思います。

ゆったりしたリズムが心に沁みる、そんな演奏になれば
聞き手に郷愁をさそい素敵な曲だなぁと思ってもらえるかもしれません。

私の演奏のように、急いでしまうと曲のイメージが台無し
特に後半早いパッセージの部分があるのですが、
そのあたりで特にリズムが崩れいてる。

早く弾けることが上手くなっていると勘違いしないで
メトロノームを基準にペースを守って弾く

これが上達の第一歩とおやじは思っております。
(自分のことを棚に上げてf(^^;) ポリポリ

posted by アラフィフおやじ at 23:30| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

生音派なのですが・・

今日は寒の戻り2日目
寒いです((゚Д゚;))ガタガタ

今日は珍しくアコギの音響のことを

おやじは基本生音派でして
エフェクターやアンプやらを使った音作りをしたことがありません。
家で練習の時も生音そのままでやっております。

たまに録音した音にリバーブを掛けてみたりしますが
それはみんなタダのものをパソコンで使わせてもらっておりますので
お金を掛けてというのは二の足を踏んでおりました。

しかし、アコギを弾く人の多くは音作りにこだわりのある方が多いようですね。

人が集った所や野外になると生音ではまったくなんともならないのは
よくわかっておりまして、いつかはある程度の用意をして置かないとなぁと思っていました。

この間のオフ会の時には、初めてMファクトリーの音を聞きました。
岸部さんの音を追求される方は間違いなくMファク、そう言えばゆうさんも
ギターをヘッドウェイにしてからMファクを付けられてますね。

でも、個人的にはギター仲間にKさんと言う方かおられて
その音がおやじにはピンときたのです。

アコギの生音がそのまま大きくなって出ている
リバーブも自然な感じでとってつけたような感じでないので
聞いていて気持ちがいい音だったのです。


いつかは買うならこの際使わなくても揃えて置こうと思い立ちまして
同じような組み合わせにて揃えることに(使わなければ宝の持ち腐れ

ただ、どれも直ぐにないのですね。
注文しようと思っても売り切れだったり入荷待ちだったり(笑

ちなみに、Kさんの装備は
ギターのピックアップはFISHMAN RARE EARTH BLEND
れあ.jpg
これ、おやじも持ってます(フルヤギターにOさんに装着してもらいました!)

プリアンプとしてD-TAR Solstice(なかなか売ってないんですがやっと頼みました)
sols.jpg
この機械から紡がれるサウンドおやじのハートを鷲づかみに!
今人気ウナギのぼりの西村歩さんもこれを使われてますね。
http://www.ayumusic.com/equipment.html

そしてミキサーはTAPCO BLEND6
TAP.jpg
ミキサーなんているんだろうか??と思っておりましたが
実際ミキサーをかまさないで出す音とかまして出す音では雲泥の差があるんですねぇ
ただ、これは今は販売されてないものでした。

なので、代替にMackie MACKIE 402-VLZ3というのを。
これも入荷待ちで注文だけ通してもらいました。今月末くらいとのこと。
ミキサー.jpg

そして、リバーブはレキシコンLXP1
レキシコン.jpg

アコギ弾きさんは何故かこれが良いという人が多いのですが
今は生産されていないので購入するのが大変とのこと。

じつはおやじも持っているんです!
使うことも無かったのに(笑

コレ以外それぞれをつなぐケーブルを買わないといけないらしいです。
結構面倒くさいもんですねぇ


とりあえず、注文だけはしましたが・・・
これだけの機材を買うのはいいけれど使うかどうか(笑

みんな揃ったらまたご報告がてら、音をUPしてみます
っていつになることやら(^凹^)ガハハ










posted by アラフィフおやじ at 14:32| Comment(8) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ