UA-175808163-1

2012年06月10日

新しいご縁

今日は仕事をほっぽり出してgonbeさん主催のギターオフ会に
お昼過ぎまで参加させてもらってきました。
120610_1207~01.jpg
まったく今まで面識のなかった方々との新しいご縁
でも、不思議というかソロギの世界はつながってるのですね。

ギタ友のみゃーさんやLeooさんとお友達
そう考えると、ソロギ弾きさんはまさに友達の友達のとたどると
大概の方がたはつながっているのでしょうか。

今回のオフ会はgonbeさんmifuさん、やまさん、吉田さん、澤さん、ササン、
後で合流されたヤイリローデンをお持ちの方とそしてスペシャルゲストで
かのFujiiギターの製作者藤井圭介さんでした。
無題.JPG

120610_1030~01.jpg
会場も本格的な音楽ルームで
レコーディングが出来るクラスの素晴らしい部屋
機材の方は吉田さん(師匠も同じだと不思議に思いながら)
がお持ち下さった専門的な機材一式
(これ師匠のOpen-Gの時にon楽工房さんがお持ちのと同クラスのように思うのです)
それも個人としてオフ会用とお聞きしてビックリ

gonebeさんはパソコンとIFを持ってきておられて録音されてました。

そして、師匠のもとで行うオフ会に集まるギターもすごいのですが
今回のオフ会でのギターはまたまたすごい!

なんと、ソモジ2本(コア&ハカランダ)、バラニック(ハカランダ)、
フィールズ(メイプル&ハカランダ3Pバック)、古谷2本、(No24とNo41)
yokoyamaギター(ハカランダ)Fujiiギター
レイクウッド、フェルナンデス(一柳作)幻の1本?といわれる逸品)
ラリビーL10 ヤイリネームのローデン(これも超希少ギター)
と普段お目にかからないもののオンパレード。

無題a.JPG

そして、
圧巻がこれらすべてのギターでgonbeさんが同じフレーズを演奏してくださったこと。
まさに、同じ人が同じフレーズを同じ場所で音比べとして聞けたことです。

これはまずあり得ない経験でした!
それぞれの音の印象は書き留めてきましたが、
いつか音源gonebeさんUPしてくださるかも
楽しみに待っております。

おやじは待ちに待ったgonbeさんのバラニックのハカランダを
弾かせてもらえて感激

同じ作者さんでもハカランダは特別なサウンドに仕上がっている
gonbeさんのバラニックはまさに完璧だと思うのです。

スバラシイギターはたくさんあります
もちろん、おやじの古谷ギターも好きです
(でも、内緒ですが吉田さんの古谷NO41の方が良かったなぁ)
しかし、低音から高音まで、その音の伸びと色気のある音が
最高のバランスで調和されているセッティング

藤井さんもバラニックにはぞっこんの様子でした!
プロもうなるサウンド マイク・バラニックギター
いつかこんなギター持てるのが夢と言えるものでした。


そして、ルシアー藤井さんにいろいろお話を聞けたこと。

実は藤井さんのギターを三木で買うはずだったのがご縁ができなくて
とても残念だった話をしておりました。

そして、藤井さんつながりで、今おやじがオーダーしているルシアーさんの
ことに話が及びまさかの発言
藤井さんその方のことよく知っておられました。
弟子ではないですがTaku Sakasita氏のもとでギター作製を学んだこと
カリフォルニアにお住いのこと、そして年齢やら作製歴やらご存じとのことでした。

世の中すごいですねぇ。
あ、それから、藤井さん 今年3月に独立されてご自身でルシアーの道を
本格的に歩みだされたとのことです。

今回は仕事の関係で、オフ会最後までいられなかったのが残念ですが
素敵なご縁を頂けて、とてもありがたかったです.

次回またみなさんにお会いでくきるチャンスがありそうなので
それを楽しみにしたいと思います。。。

みなさんこれからもよろしくお願いしますm(__)m
そして今日はありがとうございました!


posted by アラフィフおやじ at 17:22| Comment(28) | 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

体験してみることも

暑くなりました古都です

いつも暑さも寒さも急にやってきますネ

随分前から、一度ギター教室で習ってみるのも良いかも
そう思っていました。

今まで独学でやってきて、それはそれでよかったのですが
教えてもらうとはどんなことか知らないと言うのも
少しさみしい気がしていました。

もちろん、プロとしてギターを弾いている人の中にも
独学でのみやってきている人もおられます。

ここで初心者さんに向けて書いていることも
習うことで伝えられる幅もひろがるやもしれません。

ということで、今月末ちかくに一度体験レッスンというのを
受けることになりました。

そこで、習ってみようとなればレッスンスタートです。

先生はみなさんもご存じのFPD優勝者さんです。

ギタ友さんのたれみみさんも習われてますね。
古都での教室は初めてとのことです。

さて、どうなりますやら(^O^)

--------------------------------------------------
Cubase はまってます(爆
昨日、録音機材でZOOmh2と言うのを以前に買っていまして
それを荷物整理していて見つけました。

そこで、H2のマイクで録音 H4nの方でラインの音を録って
Cubaseでがっちゃんこしてみました。

本当はロジック的に数字を設定したりして音を作らないと
いけないとのことなのですが、アナログ適当おやじは
耳だけでこんなもんかいあなぁとmixiしてみました。

さとしさんも音を作ってくれて、それを聞くとなるほど広がりとかは
格段の差があるなぁと感じるのですが、とりあえず始めたばかりですので
こんな感じで。それでもそれなり?でもないか^^

演奏はミスも録り直しせずでそのまますので
そこはご了承くださいませm(__)m


posted by アラフィフおやじ at 16:35| Comment(16) | 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

怒涛の週末が終わりました

急に暑くなりましたねぇ

古都も夏日との予報

寒いのも嫌いだが暑いのも辛い
汗かきのおやじには・・

さて、先週週末はギター漬けでした
予定通り、土曜日はバンドの練習。

えっと、合わせてというのは30年ぶりくらいかも
そうです、大学卒業以来ってことです。

でも、さとしくんが作ってくれたベースになる
音があるのでなんとか曲に聞こえる感じに。

なにせ、一番大事なリズムをベースの音が
刻んでくれるので助かります。

ちなみに、ギターだけで一度やってみましたが
音楽にならないのを思い知らされました(^^ゞ

しかし、先回はコード進行と尺の長さを確認しての
音合わせだけした感じです。


歌の中にはハモもあればイントロ、間奏、エンディングでの
ソロギターパートもあるのでこれは次回の練習会まで
各自しっかりやっておくということです。

しかし、3時間、歌うだけで声がかすれました^^
いかに歌ってないかってことですね。

ちなみに、今回、相方のおじさんは所有ギターを2本
持ってきてくれてました。

マーチンのD-28とD-35(バック3ピースのやつね)です。

D35.bmp

彼ももうほとんどギターを弾くことがないとのことで
何年も弦も交換してないといっていた通りサビサビ(笑
とうぜんチューニングも合いません。

その上、35の方のネックは元起きがある上に、順反りになっているので
えらいことになってました。

28の方はトラスロッドが入っていないビンテージタイプなので
ネックはネックアイロンで調整しないといけません。
これはさすがにギタ友のohtaギター工房さんにも無いのであきらめると。

35の方はロッドが入っているので、ギターを預かってきました。
ネックには水分というかオイル分が抜けきっているので補水をして
ロッドを少し回して調整しました。

が、元起きはネックのリセットを含めてプロの調整をしてもらわないといけません。
それと、どうしても6弦側と1弦側の反りの仕方が違うのでしかたがない。
6弦側をストレートに1弦側をわずかですが順反り状態で仕上げました。

さて、弦を張ってみて様子を見てみましょうかね。


そして、翌日曜はソロギターを弾こう@奈良(U-TAB奈良)の
オフ会がありました。

参加者さんみなさんお疲れさまでした!

off.bmp

あいにくの雨、オフ会で雨だったのは初めてかも

いつものように、プレオフを朝10時からスタート
今回も遠くから参加してくださる人がいて
みなさんの熱心さが伝わってきました。

会場を今回はじめての所でやったのですが
ステージがあってちょっと人前で弾いてない方には
緊張してしまう感じになりましたかね。

そして、当日はアースディが奈良公園で行われていて
そのゲストに来られていた川畑トモアキさんが
よっさん@アコギさんのお陰でオフ会に参加してもらえました。

kawa.bmp

ライブなどと違ってオフ会では和やかにそして
普段聞けないことなどを楽しく話してくれたりして
参加メンバーさんはとても素晴らしい時間になったと思います。

おやじも2次会の時に個人的にもいろいろお聞きして
川畑さんとトレモロの話になり、ご自身の前で「海の見える街」を
弾かせてもらいました。

川畑さんいわく、しっかり弾いてこられてますね 難し曲ですからと
おやじのトレモロもどき後のアレンジ版も聞いてもらっているとのことで
あれはあれで悪くはないのでは?・・・と言われたのですが
やはりトレモロでの演奏をぜひ出来るようになりたいと直訴(笑

夏過ぎにはちょっと嬉しいこともあるかも?
と期待しております(まだ内緒)

そろそろ新曲もはじめないと(^O^)



posted by アラフィフおやじ at 10:49| Comment(10) | 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ