2013年05月26日

弾き手による音の違い(駄文失礼します)

ギターの音 ということについて過去にいろいろ
好き勝手を書いてきたおやじである。

しかし、同じギターでも弾き手によって音が違う
などと、今頃になってそんなわかりきったことを書いてみようかと。

良くあるパターンは自分のギターを他の人が弾くと
何故だか随分良い音に聞こえたり・・・ なんてことありませんか。

もちろん、自分で弾くとサウンドホールからの音は聞こえないし、
他の人が弾くと前でその音を聞けるから
という至極当たり前な理由もあるのだけれど。

でも、やっぱり音の質が違う
それがプロの人に弾いてもらったりすると特になんて^^

多くのソロギ弾きさんで楽しみで弾いておられる方は
やはりお気に入りの曲があって、
その曲を演奏するアーティストさんのファンであったりしますよね。

だから、そのアーティストさんの使っているギターが欲しい
または機材を手に入れたいと思われる。

それは、そのプロと同じ音を求める気持ちからであるのは
間違いないでしょう。

そして、そのギターも機材も同じものを手に入れても
同じ音にならないってことないですか?(^O^)

ええ、そうです 良く言われるのが腕がちがうのだから・・

おやじは腕というよりも右手のピッキングの違い
それは弦と指(爪の長さや形状)との関係が大きいのだろうと思っています。

自分自身が右手を正しく使うことを教えてもらって
その形に馴染んでくると、明らかに以前とは違う音でギターが鳴る
なんてことを経験してきて思うのです。

上手くなったとか言っているのではなくて、
弦と指の関係が変わったと言うことなのだと。

どれがいいか、それは各個人の考え方や
好む音にもよるので正解は無いとおもいます。

自分が好む音を出せればそれでいい。
その好む音を自分の中に確立する
そのこととが結局大事なのだと思う今日この頃のおやじです。

さて、みなさんはどんな音が好みでしょうか?

最後に、プロでも音が違うという明確なものをみつけましたので
興味のある方はご参考までに^^

西 恵介さん作 Keystone MDです
おやじは古川さんの音が好みなんですけれどね^^
 









posted by アラフィフおやじ at 12:19| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

ソロギター4年を振り返って


ソロギを弾き始めてもうすぐ4年になる
その間、ご縁を頂いた方たもたくさんおられて
またその方々からたくさん刺激を受け続けてきた。

そうした人とのご縁には感謝ばかりである。

ギタ友さんも千差万別で中にはプロレベルで演奏をされる方
人前での演奏、ライブ、コンテストに出て腕を磨かれる人も
いらっしゃる一方一人個人として自宅だけでソロギを楽しむ方もおられる。

どんなスタイルでソロギを楽しむかは個人の考え方であって
どうしなければいけないということはない。
それが素人の良い所なのだと思う。

ただ、ギターを弾き始めるとやはり自分も上手く弾いてみたい
と思うようになることは万人の思いだろう。

そして、自分が出会う海外国内問わず
傾倒していくギタリストが出てきて刺激を受けて行く。

その人の楽曲を弾きこなしたいと思ったり
はたまた、そのプロが使っているギターを手に入れたくなったり。

そのどちらもなかなかかなわないので素人ギター弾きは
楽しいのかもしれない。

演奏については、やはり年齢や過去の経験というのは
大きいファクターではあるように思う。

若い人は覚えも早いし上手くなる曲線も急カーブだ
ところが年を重ねるとなかなかそのスピードには至らない。
そのジレンマもまた楽しいのだが

ただ、上手くなるにはそれ相応の時間が掛かるものである
やはり10年20年と弾いてきている人は継続力があるわけで
積んできた力があるものである。

1年や2年では思い通りに弾けないのは当たり前なのだろう。
もちろん毎日の練習量にもよるが社会人として働いている限りは
おのずと時間の制約はあるだろうから。

おやじも、それなりに弾けるようにはなってきた 
と自分勝手に思っている 思っているだけで申し訳ない^^

だけれども、以前から言うように縁側のギター弾きとして楽しめればいいし、
ギタ友さんと集まった時に楽しみとして弾ければ良いと思っている。


人前で弾くことの楽しさを知らないわけではないが
ライブ活動を活発に行ったりコンテストに出てと言うことはない。

ソロギに向かう気持ちは十人十色でいい
それぞれに自分の到達点を思い描ければそれで十分なのだと思うのである。

あくまで趣味の世界である、ギターで飯を食うのとは次元が違う

だから、そう、ここが今日の到達点なのだが
素人ギター弾きはギター本体にも興味がわくのだと思う。
男性は特にかもしれない。

プロのギタリストの方は自分が使うギターはある程度一定である
もちろん、個人的に持たれていることもあるが
だいたいこの人はこのギターを使っているというのがある。

素人はそれぞれのギタリストさんが使われるギターが気になるわけで
趣向が変わればそれだけ気になるギターも増えてしまう(笑

最初は手頃なギターから弾き始めるが、だんだんと上位機種のものに
触手が動くのもまたこれ必然なのかもしれない。

これもまた楽しいことの一つなのだと思う。

ある意味、演奏をプロ並みにして行きたいと思っても思い通りにならない一方
ハイエンドのギターも一般庶民は思い通りには買えないものである。

演奏の上達もハイエンドギター購入もある意味憧れなのだ
なかなか到達しないからこそ良いのである。

直ぐにプロ並みに弾けるようになったり
湯水のようにお金を使ってハイエンドギターを買ったりできたとして
それはやはり心に充実感は少ないのではないだろうかと思ったり。

ちょうど今、ギターの練習を横に置いてとある本を読みだした。
この間SNSでリア友のA・Tさんがチェックしていた本である。

椎野 秀聰 (著)
「僕らが作ったギターの名器」

hon.png

ギターを再開していなければ、読むことのなかった本かもしれない。
そして更なる深みにはまっていくのかも

ギター本体については上記の本の内容とは違うが
こんな記述を読んで深くうなずくのだ
以下転載(了承済みでないため不都合あれば削除いたします)

-----------------------------------------------------------------------------------

アーヴィン・ソモギなどは以前からトップルシアーとしての評価が高い作家であり、
フィンガーピッカーの羨望の的と言っても過言ではないと思うが、
こうしたハイエンド・ギターを手にしても新たに同クラスの楽器を
そう長い月日を経ずして求めてしまう人もいると言う。

以前より可処分所得の割合が増加してきた事も関係しているとは思うが、
ハイエンド系ギターの持つ魔力とも言える強烈な吸引力の効果がそうさせるのだろう。
この底無しの深淵を身を乗り出して覗き込んでしまうと後戻り出来なくなりそうに思える。

コンテンポラリーな高級車の乗り心地にも似たルシアーものの快適さ、
クラシックカー的味わいに溢れたヴィンテージものの蒼然たる姿や音色、
コスト面を含め日常の足に適したコンパクトカーの様なモデル等々、
店頭で実際に手にしてみるとそれぞれの魅力に心惹かれる。

もしかしたら楽器選びはこうして色々な個体の間を揺れ動いている時が
最も幸せなのかもしれない。

--------------------------------------------------------------------------------------


趣味の世界です、同朋のみなさん共に底なしの淵まで楽しみましょうぞ!



















posted by アラフィフおやじ at 12:15| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

雅なお昼ご飯

先日の日曜日、ギターの展示会に行く前に
東京の音楽友達さんとお会いしました。

この方は洋楽についての薀蓄はすごくて
レコード・CDだけでも専門店なみにお持ちでして
おやじがギター好きということでジャジーなギターものCDを
いくつもプレゼントしてくださった方なのです。

で、その方とお昼を食べたのですが
京都でちょっと雅な感じで京料理を食べるなんていうと
祇園界隈だと結構なお値段ですよね。

普段使いはいつも四条界隈からちょっと散策がてら歩いて
岡崎の「六盛」さんで
http://www.rokusei.co.jp/menu/lunch.html
手おけ弁当と天ぷらを頂きに行くのですが

roku.png

京都駅の地下のポルタにリーズナブルに京料理の雰囲気を味わえる
「萬重」さんと言う所を発見 そこにてお昼ご飯を頂きました。
値段はこんな感じですが土瓶蒸しも味わえてとっても美味しかったです!

15870061.jpg

京料理を手ごろな値段で京都駅すぐ近くですし
ちょっと時間的に祇園や木屋町あたりに出向けないなぁとか
京都駅まで帰ってきたけど京料理食べたかったなぁ とかだと
結構いいかもしれません、って萬重さんの回し者ではないけどネ^^



posted by アラフィフおやじ at 11:57| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ