UA-175808163-1

2020年01月04日

輿入れ さてどうしよう・・・

明けましておめでとうございます

本年も場末のブログですが
どうぞよろしくお願いします。

新年早々ですが池ちゃんを誘って
行ってきました。

ええ、どうしよう・・
なんて書いていたあれです(笑

やはり気になるものは気になる
実際に弾いて自分が感じる音と
弾いてもらって聞く音は当然違いがある

今回は自分の所有するギターを持ち込んで
弾き比べながらああだこうだと大よそ
3時間ほど弾き倒してお連れすることになりました。

大分のルシアー 早瀬輪さんのギターです

dlmc1Rinhayase.jpg

20191017dlmc10s_S_3m.jpg

20191017dlmc10s_S_2m.jpg

20191017dlmc10s_S_7m.jpg

TOP:SOLID SPRUCE
SIDE&BACK:SOLID HONDURAS ROSEWOOD
NECK:MAHOGANY
FINGERBOARD:EBONY
BRIDGE:EBONY
Nut width:44.5mm
Scale:645mm

以前三木楽器の売り場でスマホで録音した音しかなかったので
今回はBOSSのレコーダーでちゃんと録音してみました。
録音したままの生音です(あ、録音した時点で生音とは言わない?^^
PS
I先生より演奏ご指導を受けましての音源切り替えをいたしましたm( __ __ )m
弾いている曲は竹内いちろさんの「Smile」です



まず音の基音がしっかりしていること、そしてバランス、分離、サスティーン、
整理された倍音、タッチの強弱に応じて音の出し入れができること

弾く程に自分が好む音だなと再確認できました。

今まで多分弾き込まれていない様子なので
これからじっくり育ってくれるのが楽しみです。

ちなみに、そうそう、大屋ギターに先日ダダリオのコーティング弦を
張ってみたのです。

この弦手触り弾いた感じは手に馴染む感じで良いなと思うのですが
録音して聞いてみると幾分音がスポイルされてノンコーティングの
ダダリオより抜け感んが弱い感じがします。




このあたりどこまで音に拘るかですが
弦の持ち、音の劣化などをしばらく様子みで
またレポートしてみたいと思います。





posted by アラフィフおやじ at 19:18| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

ルシアー早瀬 輪氏のR-cw どこかで見た?

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

今日で仕事納めの方も多いかな?と
いよいよ年末ですね

おやじも明日まで 仕事は掃除^^

さて、今日はギター本体のお話です

私はソロギを始めて大阪の三木楽器に足しげく訪れていた時に
U君から噂に聞いたことで憧れたギターがありました。

これです


01-01-DSC_6234.jpg

ご存じの方も多いかな
Kevin Ryan Nightingale Grand Soloist
そう、かのケビンラインのギターです

今ではギターつながりで仲良くして頂いている方もいらっしゃるのですが
ソロギを始めた当初、ルシアーのギターにとっぷりハマらせてもらったのが
og3という方のブログなんです
(この方千葉では音楽で有名な人らしい^^)

「og3の自由帳」


ブログを読むたびに益々ルシアーギターに傾倒してしまって(;^ω^)
だってね、この人の音の表現がまたツボにはまって^^

ブログの中に「ギター巡礼」のコーナーがあって
ここがまたマニアックなんですよ(^▽^)

「ギター巡礼」


で、Kevin Ryan Nightingale Grand Soloistの音が聞きたくて
youtubeを徘徊^^ 



あ、本題から随分遠回り すみません

今回、気になったなと思ったのが
大分のルシアーさんで早瀬 輪さんという方のギター

こちらです

rcw20190506_M_m.jpg

このギターを見た時に、あぁこれって・・・
とおもったのでした。

ええ、これですよ

836+NGS+KOA+ENG+01.jpg

もしかすると、早瀬さんという方ライアンをリスペクトされてる?
なんて勝手におもったりネ^^
三木楽器さんのWebでは鷲見さんの所で勉強されたとか


今、まさに梅田 三木楽器さんにあるんですよ
気になる時は弾いてみないと始まらない!

近々梅田に出る用事があるので弾いてみるかな

さて、どんな感じでしょう・・・



posted by アラフィフおやじ at 13:51| Comment(12) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

Stephan Marchione Guitar

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

先日来、いちろさんの「Smile]の和音への移行を
あれこれ悩んでおりましたが、ギタ友さんのアドバイスで
何とか弾ける道筋がたちそうです。

そのことは、近いうちに書いてみようと思います。

今回は、ギター本体のこと

世界中にはアコギのルシアーさんってたくさんおられて
まだまだ知らないスゴイ方がおられんでしょうね。

私が知らなかっただけですが、昨年のサウンドメッセで
紹介されてたのですね
昨年は出かけられていなかったので情報不足でした。

Stephan Marchione(スティーブン・マルキオーネ)
ステファンと読むのかと思うとスティーブンなんですか(;^ω^)

今、梅田 三木さんに出てますね

omcamzo20191104_M_m.jpg

向学のため高額だけど弾いてみたい(〃艸〃)ムフッ

今まで、海外のルシアーさんのギターも買ったり弾かせてもらったりと
触れる機会は少しはあったのですが、何かそのサウンドに海外の方独特の
雰囲気があるように感じていました。

今回、youtubeの音しか聞いてないのですが
個人的に好みの倍音が付きすぎていない音・バランス・独特な響きと
久しぶりにじっくり弾いてみたいなと思ったのです。

ちなみにyoutubeでは




ギターの音って本当に個人の好みの問題もあるでしょうから
どれが良いとかそうでないとはあくまで個人的なことですけれど(;^ω^)

ただ、これまたお値段が・・・ねぇ^^

弾いてみて、これ育ててみたいじっくり弾きたい
って思った所で小市民の貧乏じじいにはいかんともしがたい

え?ローン組んだらどうだ!
借金してでも買うのが良いぞ!

ん〜悩み多き いやいや悩んでもしかたない

どのみち、女房殿に即却下されるのは火を見るよりも明らか(;^ω^)


posted by アラフィフおやじ at 11:11| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ