UA-175808163-1

2021年04月08日

サウドメッセも中止に

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

ここ数日の大阪の変異種のコロナの広がり
エライことになってきました。
今こその緊急事態のような気がしますが・・

やはり影響は大きくサウンドメッセも
急遽中止となりました。

実は、先月緊急事態が解除されて
コロナが広がる前に弾いてみたいギターが
サウンドメッセに出品されるとのことで
出向いてみようかと思っていました。

そのギターはyoutubeにUPされていて
弾いている方と繋がりもあってね。

弾き手はjun1さんという方でギター以外に
山も登られて、いえ、山がメインかも?(^▽^)

私がソロギを始めたころソロギを弾いておられる方のyoutubeを
見て聞いてしていたころ、こんな風にいつか弾けたらなぁと
憧れて見ていた動画がこちらです。




そのjun1さんの動画にNewギターで弾かれている
動画がUPされていたのです

それがこちら



思わずGetされたのですか?とお聞きしたら
ルシアーさんからお借りしていると
jun1さんと丸山ももたろうさんとの関係もあるでしょうね。


それが今回のサウンドメッセに出品される
とのことだったので一度弾いてみたいなと。

2019年のサウンドメッセの感想にも書いてましたが
この方のギターとても好印象でした。
そのブログがこちら

【2019サウンドメッセに行ってきました その1】

それが平光ギター

平光ギターと言うとソロギを弾く人は
ご存じの方も多いと思うんです。

私が敬愛するギタリストの竹内いちろさんの
ブログにも平光さんのことを書かれてました。

【おっさんギター会、「良く」鳴るよりも「善く」鳴る楽器を。】


そんな平光ギター00サイズ
今回はサウンドメッセが中止になり
弾けなかったことが残念ですが
いつかまた弾けるチャンスがあると思います。

その時にはじっくり弾かせてもらいたいと
今から楽しみです。









posted by アラフィフおやじ at 11:51| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

そうだったのか!と今頃かい!

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

明日も雨、日曜にかならず雨
そしておやじ山に行けず・・・

コロナで引き籠りから抜け出すのに
山は最高なですけどね

さて、何がそうだったのかですが

最近ナイロン弦ばかり弾いてると
このブログでも書いてます通り
コルドバ君ばかりを持つ訳です。

これね

cordoba-c5-ce-acoustic-electric-classical-guitar.jpg

で、ナイロン弦ですから柔らかい甘い音
なわけですが、当然、鉄弦よりもサスティーンは
短くて倍音が整理されてる音なわけですヨ。

それでも、指弾きすると単音が明確になる分
音が重なりあうと弾いていて気持ちがいいわけです。
(演奏のレベルは置いておいて(;^ω^)

このブログには10年にわたるおやじの記録が
書かれているので、もう何を書いたか
ブログ主でさえ覚えていない訳でして(;^ω^)

大屋さんのギターのことは結構
書いてるんですがその中でアクセスの多い
所を開いてみた時に気が付いたのですよ

ここです
Ken Oya Guitar への思い (後編)

ここに音源を付けてるんですが



この音を自分で聞いた時に、これってナイロン弦の鳴り方が
鉄弦で表現されてるのではないのかい?

普通のと書くと語弊があるかもですが、
鉄弦のソロギ向きのギターは長いサスティーンと
倍音が混ざり合ってリバーブ感たっぷりな音が
気持ちよく聞こえる。

でも、大屋さんのこのギターは倍音が
纏わりついてこないじゃないか!と 
今更ですが(;^ω^)

だから、ある意味そっけない音なのだけれど
指弾きで音が重なりあうと、
ナイロン弦のようにひとつづつの音が明瞭になって
美しいハーモニーを奏でるのではないかしらん?

もちろん音のバランスの良さもあるんですがね。

先日録音してみたHomeと大屋さんの音を聞き比べると
音の出方が似ているように感じるぞと今更ながらに^^



そうか!私がアコギに求める音はクラギ(ナイロン弦)の音に
そのルーツがあるのかもしれないと今頃思うのでした。

これも、個人の好みの問題であって アコギには倍音豊かに
響くのが良いんじゃないか!倍音豊かでないアコギなんて
と言われるかたも多いと思います。

でも、大屋さんのギターの音が録音して聞くと
やはり美しいサウンドを奏でてくれるのを実感するのですよ

ギターって本当に奥が深いわぁ

今回も最後までお付き合いくださった方には感謝しかありません。

またお暇な方はこれに懲りずこれからもお付き合いくださいm(__)m






posted by アラフィフおやじ at 17:23| Comment(6) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

ALLMANって・・

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

日一日と春の足音が大きくなり
気持ちも少し明るくなりますね

徒歩通勤の途中には春の花を
たのしめるようになってきました。

IMG_20210317_094119.jpg

IMG_20210317_093434.jpg

IMG_20210317_093407.jpg

ソロギを始めた頃、ちょうどネットの世界が
普及してSNS mixiやgreeなど実際に会ったことのない
ネットだけでの繋がりが出来るようになり始めた
そんな時代でした。

ギターにつても、よくここで書きますが
関東のog3さんと言う方のギターブログに
物凄く影響を受け、ルシアーの世界に
足を踏み入れるきっかけとなったわけです

あの頃、とある所の動画で紹介されていた
ギターにとても興味津々の時がありました

徳永良太さんという神戸で一時期Mr.Smithとして
アコギユニットとして活躍されていたギタリストの
弾くALLMANのAJAと言うギターです

その影響で実際に塩崎さんのギターを
購入することになったのですが・・

その動画がこちらなんですがね



aja42f.jpg

このギターを買うか買うまいか
相当悩んだのを思い出しました。

当時、このギターが418千円
TOP ヨーロピアンスプルース S&B インドローズ

清水の舞台から飛び降りるか!と
ほんとに悩んだものでした

このALLMANという所
神戸でネットで当時の言葉でいう
オーダーギターの受注を受ける会社として
伊藤さんと言う方が1999年に立ち上げた所です

まさに自分がソロギを始めた頃なわけです。

そんな思い出よみがえるALLMANのAJA
ふと覗いたドルフィンさんのHPに出ている!

お〜なんと!かのAJAではないですか!
ノンカッタウェイだけどね

allman_aja25ns_8976_sp.jpg


動画もありました
そうか、こんなサウンドなのだな



この個体
TOP ジャーマン
S&B ハカランダ
で550千円

塗装にチェッキングがはいっているけれど
この材でこの値段 経年もあるけれど
いい具合に熟成されているのだろうなぁ

塩崎さんのマーチンへの思いが
感じられるサウンド、値打ちありかも!?

ALLMANのギターのことはメジャーじゃないけど
良いギターだなと回顧録的な気持ちでかいてみました。














posted by アラフィフおやじ at 12:00| Comment(10) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ