2017年10月02日

MARTIN HD-28Vを探されている方に

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

いよいよ秋が深まり空気が乾燥してくると
ギターがいい具合に鳴ってくれる季節に(^O^)/

私はマーチン(マーティン)フリークではないのですが
それでもね、学生の時からアコギのバンドを組んでいて
今から37年前にすでにD-18を弾いていました。

相方はD-28とあの頃にしたらビックリするくらいの価格
それでもマーチンを持ちたいと思う気持ちには勝てなかったわけで
必至のパッチで買った時から考えて
マーチンとは長い付き合いであるのは間違いないかと^^

今でもOB会がある時には相方と演奏を楽しんだりしてますヨ
これね、右のギターがD-28 すでにビンテージ、激鳴です!
P1060245.JPG

このブログは基本自分が体験してきたことを
書いてますので人からの借り物でないのが唯一
後ろ指を指されないことかなと思ってます。

さて、本日のお題はMARTIN HD-28Vの本体のお話し。

今、我が家にこのHD-28Vがやってきておりまして
手元で28の音を実際に感じてみると確かに鳴は良いなぁと。

さすがにマーチンのベースになるギターD-28のビンテージバージョン
もちろん42や45のきらびやかさと比べると落ち着いているとはいえ
まさにマーチンの基準になる音。
ビンテージ仕様のブレーシングとロングサドルからのサウンドは
メリハリの利いた粒立ちのいい音と言って過言ではないでしょう。

マーチンが作るギターの完成度はあれだけの数を
作っているのに物凄く安定しているのはスゴイことですよね。

でも、例えば同じHD-28Vを作っても全てが同じ音ではないのは
これ皆さんもご存知の通りかと思います。

所謂、当たりハズレなんて言いますが鳴りの違いは
あるのだと思っています。

手元にあるこのHD-28Vはギタリストの伊藤賢一さんが
弾かれてもそのバランスの良さと鳴りについては
間違いなくスバラシイですとのことなので
私のような素人が書くことよりもプロの耳の方が
確かだというのは疑いないことかと思います。

そんなMARTIN HD-28Vを今USEDで探してるんだけれどなぁ
と言う方がおられたらこちらの個体もご一考下されば
と思っています、価格は24万でいかがかなと。

本体の状態は私の目からみてネックもTOP板も問題なし
ネックはストレートに調整されて
弦高は6弦12Fで2.8o 1弦側が2.2oと基本の調整通りです。

HD-28Vは探されている方はご存知の通りXブレーシングがD-28よりも
サウンドホールよりになっている分TOP板の振動は良いのですが
個体の管理の悪さがあるとお腹が出るなんていわれれことも。
でもこの個体はまったく問題なくフラットです。

ただ、ボディーの下部に「打痕」があります。
このことはちゃんと書いておかないといけませんからね。

DSC08761.JPG
「拡大」したらこんな感じ
DSC08762.JPG
です。

ギターの写真と伊藤さんの音源を付けておきますので
参考にしてくだされば幸いです。
なお、素人のデジカメ写真なので光の反射なども
写り込んでいるのでその点はご了解くださいね。

DSC08749.JPG

DSC08755.JPG

DSC08750.JPG

DSC08751.JPG

DSC08752.JPG

DSC08756.JPG

DSC08760.JPG

DSC08758.JPG

DSC08763.JPG

DSC08764.JPG

DSC08765.JPG

DSC08767.JPG

DSC08771.JPG

では、最後にこの「HD-28V」での伊藤さんの演奏をどうぞ(^O^)/







posted by アラフィフおやじ at 12:00| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

James Olson : SJ cutaway (Brazilian Rosewood)

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

出ましたねぇ オルソンのハカランダ
なかなか日本では出会えないんですよ。



詳細はお問合せをとのこと

ん〜プライスはTOP修理がある分をみても200くらいですかね??
でもすぐ売れちゃうんだろうなぁ・・・

posted by アラフィフおやじ at 15:44| Comment(6) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

SWITCH Guitar ファクトリーものだが・・・ 

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

今日はかわせみさんがGetされたドルフィンギターオリジナル
「SWITCH」を弾かせてもらってきました。

このギターについては、ギタ友のIちゃんから
マホでこの出音 いやもう驚きしかありません!
と聞いていたギター。

買うかどうか迷っているうちに
人気若手プロギタリストのGさんに持っていかれた!って

それからしばらく、Gさんがライブで使うように電装もされて
出番を待つばかりとなっていたもののカッタウェイでなかったことで
急遽このシリーズのカッタウェイ版に変更されたことでKさんの所に
やってきたというわけです。

Gさん今はルシアーK・Sさんの12Fジョイントのギターを新たな
メインギターとされているギタリストさんです。

このSWITCHはプロトタイプの作製ナンバー「1」の得別なもの
このシリーズ、今いるかさんではほとんど売切れ状態で
この00サイズは数本のみになっているようです。
でも、No1のサウンドは数あるSWITCH中でも特別だと思われます!

ソロギを弾くと一番気になるのが歌ってくれるかどうか
もちろんバランスや音の大きさなどいろいろ気になる部分はあるものの
歌わないギターは弾いていて物凄くストレスを感じるのです(おやじはですが)

このNo1のSWITCHはバランスの良さと共にストレスなく歌ってくれる
弾いていて、まったくのストレスフリー すばらしい!

では、そんなSWITCHを含めて3本のギターで聞き比べをしてみましょう。
音源の順番は以下の通り

1)COLLINGS

DSC08574.JPG

2)SWITCH

DSC08580.JPG

3)Ken Oya F

DSC08576.JPG
です
演奏はIちゃん!ありがとう!

それぞれのギターの6弦の音のバランス、そして主旋律の出音、音のふくらみなど
じっくり聞いてみてください、間違いなく3本のそれぞれの特徴を感じられると思います。

COLLINGSは言わずと知れたファクトリーの最高峰TOpアディロンの特別バージョン

Ken Oya Fはご存知の通りルシアーものの中でもソモジ氏の理論とOya氏のこだわりが
詰まった唯一無二のバランスのよさと出音の1本

それらと比べても決して霞むことなく個性を発揮していると思います。

ギターは高ければ良いと言う思い込みをしないようにと教えてくれる
1本だといっても過言ではないでしょう。

ではそのサウンドを効いてみましょう!どうぞ



そして、帰りの時にIちゃんと気になるギターの話で盛り上がり
出てきたネームが、Gさんが買われたとかと噂の「Niklas Rotemar」(二クラス・ロテマー)
そのサウンドの広がりが0サイズから想像できない出音

IMG_0186_zps2zuglvnj.jpg




そしてRotemarの元で修行された?との噂の
Lars Rasmussen(ラース・ラスムーセン)

item_20170423cbr_1.jpg




今年のサウンドメッセに出品されていてIちゃんが、これは!って思った1本だったそう
音もなるほどRotemarに似ているところもある!って思ったと。

確かに独自性の高いサウンドで、0サイズということはパーラーサイズですが
Rotemarギターは12Fジョイントと言うこともあり
音のふくらみもあるのでしょうか。

ともあれ、どのギターを選ぶにせよ手元にGETしたのなら
しっかり育てて行きたいですね。




posted by アラフィフおやじ at 20:58| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ