2020年04月03日

最近やっと

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

コロナ禍は収まる所を知らず感染拡大を続け
不安ばかりが増大するこの頃、皆様はいかが
お過ごしでしょうか?

そうはいっても自然界は春爛漫
桜もそうですが水仙もきれいに咲き誇り
春を謳歌しております

IMG_20200323_093856.jpg


私なんぞはもう半分開き直って
仕事もせず日々店の奥に籠りっぱなし
収入は激減で今日のご飯代にも窮する始末(苦笑
あ、泣き言ってもはじまりませんネ、自己責任^^


さて、ギターの方ですが毎日コンスタントに
練習がてら弾いておりますヨ。

今はカーペンターズの「青春の輝き」を
思い出したように弾いてます。

カレンが一番お気に入りだったと言われる曲
私も大好きです

カバーだけどこの方たちの歌もいいなぁ



ちょっと昔の動画だけれど・・
今もあんまり代わり映えしないんですけど
年相応にゆっくり丁寧に弾くことを覚えました(;^ω^)




えっと、半年くらいにはなりますか
今まで難儀しておりました左手人差し指が
やっと普段でも立つようになりついでに小指も
で、ソロギを弾く時に随分と楽になりました。

そんなわけで、弦高の高いナイロン弦、クラギを弾いても
苦戦することが少なくなりました。

結局、一度ついた癖を直して正しい形を手に入れるのに
年単位の時間がかかるということを実感したにすぎません(;^ω^)

また、スケールの練習もしながら今さらながらにドレミを
体にしみこませていますが、こちらも年単位の時間が
かかりそうです^^

振り返ってみますと、ソロギを弾き始めて
10年以上になるわけですが、今でも飽きずに楽しめている

熱しやすく冷めやすい私の性格でもソロギターは止めず
続けてきたのは、それだけ魅力があるということでしょうか

4月新しいスタートの時期でもあります
新しい曲にもそろそろチャレンジしようかなぁ

定年の年になっても楽しめるギターは
やはり素晴らしい趣味ですね






posted by アラフィフおやじ at 13:17| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

Martin・D-35の修理完了

ゾロギすきのみなさん
こんにちは,おやじです

1585466600279.jpg

先日、満身創痍のMartinD-35を京丹波の彼に修理に
出していたものが完了しましたと連絡があったので
M君と共にもらいの行ってきました!

途中うまい蕎麦屋があるのを知って
ちょっと寄り道、お店は上野もとしろさん

これがなかなかの10割蕎麦で人気店?
到着の時には満席で何人も待っている

150x150_square_58354416.jpg

IMG_20200328_123550.jpg

ご馳走様でした、ほんとうまい蕎麦
でももう少し量があったらなぁ なんて(^^;


閑話休題

以前にこのD-35を弾いた時にネックのことが
気になってはいたものの特段に問題があるか
とはその時思わなかったのですが調べるとえらいことに

ブレーシングはあちこち外れているしブリッジまで浮いてる
ネックは元起き捻じれとこれぞ満身創痍でした。

約ひと月の入院の末、無事修理が完成
それはそれは、見事なくらい復活したD-35

もともとD-35といえばD-28のように低音ズドーン、
高音パリ!って感じではなくて1〜6弦のバランスの良さ
そして歌ものにはピッタリのマーチンサウンドで
昔から人気のモデルですよね

今回修理が完成して、しばし彼の工房で弾かせてもらって
あぁ、マーチンこのD-35なら歌ものもそうだけれど
ソロギでも使えるんじゃないかと。

マーチンのDサイズでソロギなんて思わないけど
このD-35は十二分に指弾きでもつかえそうでした。

ん〜、これなら欲しいかも!なんてね。

もともとM君がTOP板の詰まったスプルースが気に入り
弾いた瞬間にそのサウンドに惚れた1本

今見てもやはりTOP板はなかなかお目にかかれない
目の詰まったスプルース、そしてなによりそのサウンドは
唯一無二のマーチンサウンドでした。

ここまで仕上げてくれたN君に感謝です。







posted by アラフィフおやじ at 16:47| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

定例オフ会

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

コロナの影響をもろに受けて
おやじも四苦八苦の毎日です(;^ω^)

さて、コロナの蔓延で閉鎖場所に人が集まる
クラスターが起きるなんてことで危ぶまれた
オフ会ですが、場所には問題がないだろうと
開催することになりました。

今回は総勢7名の参加

今回のメインはメンバーの春さんが
NewギターをGetされたとのことでお披露目会!

headway_hc30th_md_19511_sp.jpg

ヘッドウェイ30周年記念モデル!マダガスカルローズ仕様のHC-30th Madagascar
Top ジャーマンスプルース
S&B マダガスカルローズ

ヘッドウェイのギターは私も持っているのですが
ルシアーラインのはどんな音だろうと

実際に弾かせてもらうと、これがなかなか
音のバランスがとてもいい、そうか、ヘッドウェイも
ルシアーラインになるとこんな音作りになるんだなと

マーチンでも使われるフォワード・シフトXブレーシングで
音の広がりもあってルシアーモデルとは違う安心感がありました。

惜しむらくは、弦高をかなり低くセットされていて
ナットの溝の深さの関係か一部1弦でビリつく所があり
弾く時にピッキングにナーバスになる所があったくらいか

これは調整でなんとでもなるので、そのことを含めて
指弾きでもストロークでも使える良い感じのギターです

それから、今回は飛び入りで中学2年の男の子が参加してくれました。
学校でギターの授業があってドレミを教えてもらったとのこと
最近は学校でギターを教えるんですかね^^

やはり難しいらしく、授業でCとGのコードフォームだけ
教えてもらったそう、でも上手く弾けない

そりゃそうです、ギターって簡単そうで難しい

そして今回は、池ちゃんの息子さん
CallSllowというバンドで(ライブ活動中)の
彼もオフ会に参加してくれました。

彼の指導でドラえもんの中で使われている曲の
イントロ部分Dフォームで弾けるのを教えてもらい
中2の彼はそれから数時間ひたすらDで練習していました。

若さってその情熱と行動力は凄い!
これを機会にギターを始めたら高校に行く頃には
すっかりギターが弾けるようになり楽しめるのかなと

さて、この会は本来ソロギターのオフ会ですが、
歌物で盛り上がることになりました。

最後には彼のミニライブも聞くことができて
満足の定例オフ会

次回からは少し本来のソロギターをもう少し
みんなで楽しめる内容にできればと思います。

毎月、奈良 葉音さんで開催しています
興味のある方はお声を掛けてくださいね




posted by アラフィフおやじ at 10:47| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ