UA-175808163-1

2021年04月04日

シエロのマスターさんに会ってきた件

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は雨が降ったので山に行けなかったことで
奈良の奥、五条のスパゲッティーハウス
「シエロ」さんに行くチャンスが巡ってきました!

A5D6A5EDA5B0C9BDBBE6.JPG

関西方面でソロギを弾く人ならご存じの方も
多いかとおもうのですが、岸部さんフリークで
ご自身のお店で岸部さんのライブを長年開催されて
こられた方です。

私も10年くらい前から存じ上げていました。
ギタ友のkさんがギターのこと電装のことなど
マスターから教えを請っていたことを聞いていたので^^

ただ、距離的に少し離れていて及び腰になってました
ここ最近は自動車道路が付いたおかげで距離が縮まったこと
そして、先日 池ちゃんが訪ねてきましたと報告を
くれていたので、こりゃ一度お伺いしないとと。

マスターさん、youtubeで毎週練習風景を
「シエロのスタジオ いつものギター練習」と題して
upされ続けてらっしゃる。



それと凄いのがこの動画で使われているギターは
マスターさんの自作のギターなのです!

今日お邪魔したときに弾かせてもらいました。
そしてもう一本
そうです、岸部さんと言えばウォーターロード
Top板 ジャーマン S&B ブラックウッド

wrg_dalte_4157_sp.jpg


IMG_9673.JPG

自作のギターはその鳴りも私好み
でも、マスターさんのお求める音に合わせて
弦高を6弦3oと高めの設定されてる

おやじ、基本根性無なので6弦は2.2oの設定にしてます
3o設定は私に根性出して弾けと言われたギターでした!

軟弱ものには辛い(^^;

ウォーターロードも低音ががっつり出て鳴りの深いギター
ちょっとドンシャリの方向かなと。

ともあれ、ソロギ繋がりが新しく頂けたことに感謝です。

ソロギターって本当にニッチなジャンルですし
それを弾く人も結構限られてます。

こうして新しい交流が生まれるとそこからまた
広がりがあることと思います。

今日雨が降らなかったら行けなかったので
ある意味雨に感謝でした^^








posted by アラフィフおやじ at 17:18| Comment(0) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

Andrew York (アンドリュー・ヨーク)"Home"を弾いてみると

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

大阪はコロナ599人
解除するとこうなるとわかっていても
どうしようもないんでしょうね...

ここ暫く、鉄弦は 岸部さんの「Dandelion 」を
練習してまして、ナイロン弦でもオープンにして
この曲を弾いてました^^

でも、そろそろレギュラーの曲も弾かないと
以前に覚えた曲を忘れてしまう。

Andrew-York.jpg

昨日からアンドリュー・ヨーク氏の「Home」を
弾いてみたのですが、やはりほったらかしにしてると
覚えたはずが忘れてまた譜面を見直して・・

とりあえず、思い出せたので録音して聞いてみると
ひぇーこんな風に弾いてるのか・・・
音符の長さもなにもあったもんじゃない
いらぬ音もあちこち弾いてるし・・
最後のハーモニクスくらいちゃんと弾けよ

それでも、ピッキングについては右手の構え方を
変えてから牛歩のレベルなれど上向きには
なってきているか?な?と

詳しくは次回にでも



せっかく最近ナイロン弦ばかり弾いてるのだから
もうちょっと楽譜通りにまずは弾けるように
なりたいと思う、思うだけか?

まずは、録音だと気負わずちゃんと
伸ばすところは伸ばす、切るところは
切るという基本的なことは守るようにしないと。

練習すれば何とかなる!か?為せば成るだ!
しかし最近認知?なんて思うことも(´;ω;`)ウゥゥ
その上関西人はイラチで、と言い訳する^^

その時がきたらまた動画でお会いしましょうm(__)m
と言っておこう!言うのはタダだし^^





posted by アラフィフおやじ at 10:00| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

オフ会で出会ったしまったギター

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

徒歩通勤、あ、この香りは・・・

おやじ金木犀やクチナシなど
香木と言われる木から漂う香りに
季節の移ろいを感じるのです。

この時期は沈丁花の香りに春の
到来を感じるこの頃。

jinn.jpg

さてさて、本日のお題

先日のオフ会で出会い
そして今日手元にやってきたのが
これなんですよ!

IMG_20210310_111256.jpg

皆さんはご存じです?よね

ハードケース!
いや、なんじゃそれ?って

ええ、この大きさからわかったあなた!
相当のマニアックな人ですね(^▽^)

ってそんな所で引っ張ることか?^^

この中には!
じつは!


T〇〇O〇〇

もうお分かりですよね!

は?そんなんでわかるわけない!
ってですか?


ええ、そうですヨ
Papooseです!


???


なんだそれ?
ってですか?


実は私も初めて見ましたヨ

かの押尾さんがこのギターでカノンを
弾いたってことで火が付いたあれです!


それも最上位機種のp6k


一世を風靡したこのPapoose

残念なことにアッと言う間に
その姿を消したというお話

塗装に随分難儀を抱えていたとのことで
塗装が白濁して剥がれてきたとか

当時販売代理店だった山野楽器が
その対応に苦慮したらしい。


そんな逸話の残るPapoose

その上、最上位機種でまったく
塗装に問題のない完品ではないですか!

ってオフ会の時に弾かせてもらったんですがね^^

IMG_20210310_111439.jpg

垂涎のTACOMA P6K

流動在庫があるかしら?と
調べてみても全くなくて
以前にこのオールコアのP6K中古で
20マソの値段がついていましたな

そんな逸品 もう私の手元に来たら
私の物かも?

え?そんなわけない?

ですよね、春さん(;^ω^)

しばしお借りしている間に
ご紹介したいと思います♪




posted by アラフィフおやじ at 12:01| Comment(2) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ