2020年08月11日

脱力 ふむむ

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

しかし暑い、そういっても涼しくは
ならないのだけれどつい口をついて・・
あちち〜とな^^

みなさんはお盆休みですかね?
私なんぞ、ええ、仕事です(;^ω^)

これを貧乏暇なしって言うのだなぁ

さて、脱力

Y6VVJCSg.jpeg

こりゃ無気力かも?(〃艸〃)ムフッ

「脱力」

よく耳にする言葉ですよね

みなさんは意識してます?

私はですね 
知ってますとも、はい、知ってます
言葉だけかもだけれど^^

今まであんまり脱力気にしてませんでした。

そうは言っても左手なんかは押弦の強さは別に
指が運指ではなれれば力は抜けるわけで

特段意識しなくてもいいかなってね

押弦の時に力が入り過ぎるってのは
あるかもしれませんが

そして最近気にしてるのが右手

p4.jpg

右手はまったく意識してませんでして

だからか曲を弾くと最後まで全力演奏
そりゃ弾いてる方も聞いてる方も疲れるわね

曲には緩急、強弱あってピアノではきちんと楽譜に
ピアノやフォルテやクレッシェンドやらデクレッシェンド
ってマークも記載されてる

そういえば、ソロギのTAB譜にそんなマークないかも??

でも、ソロギでもここは優しく、ここは大胆にと
弾き分けする方が良いかなとおもってみると
力を入れっぱなしだとダメですよね


で、まあ、この右手の脱力
どのタイミングでどう意識したら上手くいくのか・・


みなさんはどんな風に曲を弾いておれるのかしら?
え?そんなこと考えたことない!ってですか(;^ω^)

まぁこんなこと考えるの変態おやじくらいかも?









posted by アラフィフおやじ at 14:39| Comment(3) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

只今スランプです

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

しかし暑いです、猛暑です
ここまで暑いと体が動きません(;^ω^)

体が動かない、やる気がでない、
当然指も動かない・・・

HEBl36tA.png

ギターを弾いているとスランプは良くある?
かな^^

私の場合、今構えを変えているので余計です
所謂クラシックスタイルへ

H8SAjrMA.png

当然弦と指の関係がアコギスタイルとは
角度が変わってきますし、何より今の構えが
合っているのか合っていないのか
(構えた時の角度とかね)

ギターの構えってどうすれば?
などという超初心者的なことから始めてます。

ギターを始めたばかりの人の気持ちが
わかったりしてね^^

何かを大きく変えたりするときは
しばらく何もかもうまくいかないものです


スランプも上達の一コマと割り切って
悩んでみたい?なんて言ってられないけれど(;^ω^)

posted by アラフィフおやじ at 13:17| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

Andrew York

ソロギすきのみなさん
こんにちは!

関東も梅雨明けでいよいよ夏本番
熱中症には気をつけて

家の中でもギター練習でも
気をつけたいものです

さて、今日のお題は「Andrew York」

え?ご存じでしたか!

それはすごい!
って知らなかったのは私だけ?

詳しくはWikipediaでどうぞ

最近ギターの構えもクラシックスタイルに
ナイロン弦も良いなと思うこの頃です。

しかし、従来のクラシックギターといえば
「ソル」や「カルカッシ」と堅苦しく
教室も何か敷居が高いと感じてね
(いえ、別に対象に不義理をした訳ではないけれど^)

とことが、最近 Andrew Yorkという方の
演奏を聞いて なんと! と久しぶりに凄い!
と感じる曲に出会ったのでした。


それがAndrew York氏の「Home」
なんだか私Homeに弱いのかも

初めてこのギターのサウンド、演奏に弾き込まれたのも
竹内いちろさんの「Go Home」

何かHomeに関わるサウンドに望郷の念にかられのでしょうか

クラシックギターで奏でるこんなメロディアスな
現代風サウンドに一気に弾き込まれました。

ネオクラシックなんて書くと叱られるかもですが

最近では従来のクラシック界の方もAndrew York氏の
曲をカバーする方も増えてきているとか?








posted by アラフィフおやじ at 10:17| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ