2019年06月18日

定例オフ会at葉音

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

この時期になるとこの香りに幸せを感じる
何故でしょうねぇ 本当に瑞々しい甘い香り
こんないい香りなのに芳香剤はない
金木犀はあるのになぁ^^

4dd00a662c734365d8efd7bb590f30f0-480x320.jpg

さて、先日の日曜は定例オフ会でした。

今回は、父の日で皆さん忙しかったのかな?

といいながら、かのSumiギターをお持ちでリンテンさんを
練習してますというMさんが参加してくれました。

今回で2回目、新しい方が参加してくれると
オフ会も楽しみが増えますね。

右手の使い方なんかのお話をしながら
楽しい時間をすごせました。

また、ライブカフェなので一般の方もおられて
演奏を聞いてもらいながらのオフ会

こうして、人前で弾くことの回数が増えていくと
自然と緊張せずに弾けるようになるのかもしれません。

で、今回はそう000-42をオフ会の時に弾いてもらって
感想を教えて欲しいとのこともありました。

000-42 皆さん良い感じですねぇと 
Martinのようなファクトリーものはナット、サドルの調整で
出音の改善はあろうかと思うんです。
基本的な音色は変わらないけれど

あとは、先回も書きましたがしっかり弾き込んで
ギターが鳴る状態まで育てることが先決かもしれませんね。

最後に奏者 池ちゃんで生音つけてみます
店内の雑音お許しください


posted by アラフィフおやじ at 15:19| Comment(5) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

Martin 000-42 サウンドチェック

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

関西地方は梅雨入りが遅れてる
今年はエルニーニョ現象で雨が少ないとかとか

出来たら湿度が高くならないでほしいなぁ(夢物語

さて、お預かりしているMartin000-42ですが
音源を希望とのお声を頂いたので録音してみました。

MP3に圧縮しているので細かなニュアンスをお伝えできるかどうか???

それよりも、どんなギターを弾いても弾き手の音になってしまう(;^ω^)
ような気がするんですが・・・・

音が比べられるようにとMartin000-42とsuzukawaの音源を付けてみました。

こちらがMartin000-42です
(雑音お許しください女房がゴソゴソしてるの知らなかった^^)

IMG_6927.JPG

↓ ↓ ↓



耳の良い方なら3弦の少し曇った感じと1,2弦の発音が新しいギターなので
まだ出てきていないのを感じられるかもしれません。

Dサイズのような鈴鳴り感は少ないけれど、出音の方向性はまさに
マーチンサウンドですよね


こちらがsuzukawaです
↓ ↓ ↓

suzukawa_om03_9786_sp.jpg



8か月ほど弾き込んで1,2,3弦の発音が出るようになってきたので
1〜6弦の音の差異がなくなってきたように思います。

また、鈴川氏の音作りが1,2弦の高音が美しく澄んだ音になるのが特徴かもしれません。
指弾きには私的に良い感じのギターだなぁとおもうのでした。

posted by アラフィフおやじ at 11:15| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

Martin000-42

ソロギすきのみなさん
こんにちはおやじです。

私も学生時代、えっと40年ほど前ね
憧れのマーチンを手にしたのですが
D-18ね
あの頃マーチンと言えばブルーケース
かっこよかったですよねぇ

でも、水色だとマーチンとわかるから
狙われるってことで黒になったとかならないとか^^

やはり鉄弦のギターの王道はマーチンといって
決して過言ではないでしょう

さて、こんかいやってきたのは000-42
ええ、そうですクラプトンで有名になった42です

IMG_6927.JPG

あら、テイラーGSと比べても大きさあんまり変わらん?のかも?

何といっても000-42と言えばこの縦ロゴ

IMG_6929.JPG

そしてこのバインディングいいわぁ

IMG_6928.JPG

まだおNewですから、鳴るのはこれから
しっかり弾けば1年くらいで鳴ってくるかな

今はまだこじんまりした音だけれど、これからが楽しみ!

ってまるで自分のギターみたいな顔してるけれど
これはギタ友の春さんのギター

ちょっとの間お預かりすることになりました
毎日楽しませてもらいます〜(〃艸〃)ムフ


posted by アラフィフおやじ at 17:25| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ