2019年10月19日

Cordoba Guitars は人気なのだろうか?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

今日はなんだか夏日とかで
湿度も高く暑いくらいです

もう10月も後半なのになぁ・・
(何を黄昏てるのやら^^

先日も書いてるんですが
Cordoba Guitars のページビューが
ここ数か月、毎日TOP5以内なんですよね(驚

cordoba_hauser_la.jpg

Cordobaのギターが人気なのか
C-5というモデルが人気なのか
未だに謎でございます(^▽^)

ともあれ廉価版のCordoba Guitars - C5-CE
私的にはクラギを弾くわけではないので
5万円を切る価格で楽しめるので十分なのですが
Cordoba を調べているとわずかながら本格的な
クラシックギターも作っているのを知るのです。

で、私はクラギのことはまったくド素人ですが
価格と音色とをじじいの耳で比べた時
あぁ、Cordoba Guitarって凄いのかもと
思ったりするのです。

そう思うのは下の動画を見て聞いた時でした

まずは、私でも名前を聞いたことくらいある
Hermann Hauser(1924年)



で、その次が
Cordoba Master Series Hauser Model



じじいの耳ではとっても素敵なクラギの音に聞こえるんですよね

実際、生の音を目の前で聞けば違うんでしょうか

でもね、これ、値段(下世話な話)が方や600くらいとびっくりですが
方や40くらいと10倍以上の違いがある。

もちろんネームバリューでHermann Hauserの方が
手にしたいと思われる方が多いんでしょうね。

クラギ全くの素人のじじいにはCordoba Master Series Hauser Model
十二分に思うんだけれどね

Cordobaは1997年に設立された新しいメーカーさん
スペイン製ギターを手ごろで十二分に楽しめる価格で
提供してくれ貧乏じじいにはこの上なくありがたい。

Cordobaと書くと思いのほか
興味を示してくれる人が多いのは
おやじと同じような感覚の人が多いから?

さて、真実はいかに(大げさ?^^

posted by アラフィフおやじ at 16:44| Comment(3) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

最近気になることが・・

ソロぎ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日Iちゃんと話しいて
おやじさん、まだタイトルアラフィフですねぇ
そろそろ、まごうことなくアラカンですし・・(^▽^)

はい、そろそろタイトル「アラカンおやじのアコーステックな日々」
にしないといけないかなぁと

あ、すみません、皆さんには関係ないお話でしたm(__)m

ところで、いつもこんな個人的な適当ギターブログを
訪ねて下さる方には感謝ばかりでありがたく思っております。

えっと、別段おやじアフリエイトには無関心なもので
同志の方に何か少しだけお役にたてることがあるなら
うれしいかなレベルで書いておる次第であります^^

cordoba-c5-ce-acoustic-electric-classical-guitar.jpg

そんなおやじの日々のことですが、ここしばらくの間
どんな内容に興味を示してもらっているのか調べてみると
こちらの
↓ ↓ ↓
「Cordoba C5-CE の音
を訪ねてくださる方がコンスタントに一定数おられるみたい。


何かナイロン弦のことで気になることがあるのかしら?
それともコルドバのギター本体に関係しているのかしら?
なんて思ったりしております。

このことを書いたブログに付けている
ギターの音源を聞きなおしてみると
まぁなんとひどい演奏だこと(大恥

4年前だと恥ずかしげもなくUPして(;^ω^)
もう一度録りなおしせねばいけませんね








posted by アラフィフおやじ at 12:05| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

本当に音が変わる!?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は連休最終日、ゆっくりされてる?
それともお出かけ?

いいですねぇ、貧乏おやじは仕事なんですよね
って、ボーっとしてるだけなんですが(;^ω^)

music_hikigatari_man.png

さて、皆さんはギターを弾くときに
気合を入れて弾きますか?それともリラックスして?

普段一人で弾くときはリラックスしてるけれど
録音したり録画したり、はたまた人前で弾くなんて時は
リラックスどころでない!ですか^^

私も緊張しいなんで、弾いているとすぐに
力が入ってしまうんです。

で、I先生のギターレッスンの時に教えてもらったことで
リラックスさせると音が変わるということ。

リラックスといっても、どこをリラックスさせるかですが
まず、二の腕、肩、背中 と場所を意識してリラックスさせる
とのことで、最近は構えて弾き始めるときに「肩」の力を抜く
を実践しているんです。

そして、グッと力を入れて音を出したい時は
弦に指を置いて(プランティングして)その時に
腕ではなくて指の付け根に力を込めるようにしています。

実際にどれだけ音に変化があるかわかりませんが
出したい音が出せるという点について
音をコントロールしやすいのかもしれません。

そうすることで、ただ漫然と曲を弾くというのではなくて
弾く曲に思いを馳せる、表現するというのを音を通じて
具現化しやすいのかもしれません。

そのためのリラックス 

なんて書いてますが、そう簡単じゃないですよねぇ
まず、弾くことに必死になってたりしてね(苦笑











posted by アラフィフおやじ at 11:39| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ