UA-175808163-1

2012年10月21日

安定した演奏のために

今日は夏日手前の気温の古都です。

昨日一昨日は寒かったのですね
北海道では初雪とか

今日は久しぶりの初心者さん応援内容です
ギターレッスンも数か月を過ぎ基礎練習を徹底的に
やってみて自分が気が付いたことです。

基礎練習、おやじは今毎日15分はしております。
って胸を張るほどのことも無い^^

クラッシックをされてる人などは一日中でも基礎練習するらしいですね。
こないだK先生と話をしていてクラッシックを弾かれる方のテクニックは超絶の域まで
高めて行かれるそうです、その演奏を支えているのが基礎練習とのこと。

15分なんて鼻くそ程度です^^;

そんなおやじの日記 信ぴょう性はあるかどうか^^

ただ、おやじが体験で感じてきたことなので借り物でないのだけは事実です(^O^)/

と言うことで、今日は左手です

初心者さんはまだまだ指が自由に動かないことが
あるかと思います。
プロの演奏に感動してその人の曲を弾きたくなった時
楽譜を見ながら弾いてみてもどうしても同じよう弾けない。
そんな経験もあるかもしれません。

おやじも岸部さんの「Winter」という曲を弾きたくて
練習しましたが、なかなか曲にならないままでした。

で、基礎練習をしていてどこが良くなって来たかというと
小指の押弦がしっかり安定してきたことです。

いつぞや書いたと思いますが、
人の手のなかで一番力が入らないのが「小指」です。

そして、演奏の中ではこの「小指」でのハンマリングやプリングオフが出てきます。
じつはこのちょっとした音の出方で演奏の完成度が随分変わってきます。

そのことを、必ず感じる時が来ると思いますので
初心者さんのうちにしっかり基礎として練習してしまうのが
いい結果につながると今では思うのです。

今日はその中でおやじが基礎練習でしている
ハンマリングの練習を書いてみようと思います。

やり方は、右手は「人差し指」1本でかまいません。(弦をはじく方ね)
で、左手で使うのが「薬指」と「小指」です。

そして使う弦は2弦です。

まず、2弦の1Fに薬指を置いてください。
右手「人差し指」で2弦をはじき、2弦2Fを「小指」でハンマリング

ハンマリング わかりますでしょうか?
上からとんかちでクギをたたくがごとく打ち下ろして音を出すです。

どうです? 音でないことはないですか?
でてます? お〜それは素晴らしい〜(^O^)/

かすかにハンマリングでの音が出ているではなくて、
しっかり音が出せているか十分確認しながら進んでみてくださいね。

リズムは タン・タ(四分音符・八分音符)です
名称未設定 1.jpg

で、次が同じ2弦2Fに「薬指」を移動させて3Fを「小指」でハンマリングです

これをひたすら上に上に上がっていきます。
つまり、その次が2弦3Fを「薬指」で押さえて4Fを「小指」でハンマリングです。
これを「薬指」11F「小指」12Fハンマリングまで続けます。

さて、ハイポジションに行くほど思い通りに音がでなくなってくること
ありませんですか?

本来はこの一連の動作を「人差し指」と「中指」 「中指」と「薬指」
そして「薬指」と「小指」と言う風に連続で行います。

その中で「薬指・小指」の動作が一番難しいと思います。

基礎練習にはいくつもパターンがあるので、
もちろんこれだけということはありません。

これ以上に難しいのが「プリングオフ」ですが
ここでいくつも書いても・・・と思いますので
まずは「ハンマリング」だけでも。

この基礎練習も毎日欠かさず続けると必ずやお役に立つと思います。

では同士のみなさん共に練習しましょう〜(^O^)/





posted by アラフィフおやじ at 11:07| Comment(12) | 初心者(初級者)さん必須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

基礎編 「ギターの構え方とピッキングとの関係の一考察」

ピッキングを練習していて結構、これ役立つんでは?なんておやじが思ったこと
そんなことを今日は書いてみようと思います。

みなさんは、ギターを抱える時に何か工夫をしてますでしょうか?
いえ、なにも考えずに脚にのせます ですか?

人によって構えかたやギターの位置が微妙に違いますね。
どれが良いとか悪いとかでは無くて
体の大きさや手の長さなどみんな違いますし
自分が弾きやすいと言うのが一番だと思います。

だたし初心者さんは気をつけてください
楽な格好が構えとして正しくなっているかは別だと思いますので。

おやじの場合、結構斜めに構えるクセがありました。

簡単に言うと、ネックの方が体より前にでて遠くにある
ネックが左前方に突き出た感じと書けば分かりやすいですかね

以前にどこかでハイポジションの所がネックを前に出した方が
手が詰まらなくていいと言うのを間違えていつもそのスタイルで
弾くと理解いしてたのかもしれません。

で、なぜそのこととピッキングのことがつながるかと言いますと。
人間の関節の構造上弦に対して指の当たる角度が
ギター本体の構えた位置関係で変わるということなのです。
(考えると至極当然のことなんですけどね^^)

ちょうど、K先生の運指を上からのぞき込んでいる時に気が付いたのですが
自分と構え方なんか違う?と
そして、おやじが基礎練習の運指をしている時に、
悪いと言うのではなく少しこする音がすると言われて、
いろいろ研究してみました。

で、構える角度やネックの位置などを変えたりして
弾いてみると、あら不思議、音が変わるではないですか!

しっかりピッキングする前に、しっかり構えると言うか
自分に一番の構え方を会得する必要があるな!と今更ながらに
構え方から見直すのでした^^

ギター弾かれる時に試にでもやってみてくださいな

ボディのお尻を手前側(体側に)に引き寄せたり向こう側に押しやったりして
それぞれの位置でいつもと同じ構えで弾いてみる
そすると、微妙に音がちがったり指の動きがスムースな所と
弾きにくい所とがあったりするのが解るかもしれません。

またネックの状態を水平にしたりヘッドが上を向く(クラギタイプの構え方)
にしてみたり。
(伊藤さんはクラギの構えですね)

10.JPG

さてみなさんはどうでしょう?

おやじは、先日から構え方を変えました。
どちらかと言うとクラッシックとまではいかなくても
少しお尻を向こう側にやってTOPを少し手前側に倒して
そしてネックを少し立てて
目線の真下がボディの左肩のところに
俗にいう岸部さんスタイル?かな
ネックがもうすぐ目の前です。

12.JPG

今までずいぶん向こうにあったので変な感じ^^
ベンスーザンほどは近くないけどね(笑

11.JPG

左手が今までより少し窮屈な感じがしますがピッキングの音は随分変わりました。
しっかりピッキングできている感じですかね。

師匠の動画を久しぶりに拝見すると、まさに理想の構え方でした
上手い人は自然とそう構えられるのでしょうねぇ

Book1111.pdf.jpg



posted by アラフィフおやじ at 16:28| Comment(6) | 初心者(初級者)さん必須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

アルペジオ

初心者さん向けです。

独学でやってきたこと教室で学んでいること
含めて初心者さんが悩んだり出来なかったりするところを
ひとつでも解決できたらと思います。

今日は「アルペジオ」です

アルペジオと言っても本当に一番最初に覚えるテンポのゆっくりしたものから
高速で連続に指が動くものまで幅広いと思います。

今回はいろんな人が演奏のクオリティを上げるのに
よく使われるタラララ〜ンと(和音を各弦独立して速く弾く)弾くものを身につけたい
と思っている初心者さんにはうってつけかもしれません?

ただ、まだ指が自由に動かんのだ!という人にとっては
難易度が高いかもしれませんが、頑張ってみてくださいね。
かの西村さんもこのアルペジオを取り込むと良い感じに弾けますね
と以前言っておられましたヨ

まず、基本のアルペジオです。
(チューニングはDADGADのカポなし)

<解説>
右手は
(ベース)6弦(主旋律)(3弦2弦1弦)5弦(3弦2弦1弦)4弦(3弦2弦1弦)5弦(3弦2弦1弦)
と動きます。
スピードはゆっくりでかまいません。
ただ、ベース音と主旋律音の音の差がないように弾きます。
ベース音は親指なので大きく出がち、
逆に主旋律音はしっかり弾かないと音が小さくなります。

左手は3弦5Fから6,7,8と順番に上がっていきます。



動画後半にあるのが3弦2弦1弦を速いアルペジオ
左手で弦を押さえずに開放で弾いてます

右手が上手く動かせるようになるのにしばらく練習がいりますね。

この速いアルペジオを曲の中に取り込んだ例がこの下の動画
今ちょうど「花鳥風月」が練習曲になっているので
とりあえず、そこの出だしを弾いてみました。参考になるでしょうか。

TAB譜、弾いてみようかと思われる方は参考にしてください。
(最後弾き間違いあり^^ 一番最後がアルペジオでなくて一つ前ですm(__)m
なにやってんだか^^; )

Book11.pdf.jpg


初心者さんには6弦ベースを押さえたまま2弦、1弦と主旋律を弾くのは
ちょっと難易度が高いかもしれませんが・・・






posted by アラフィフおやじ at 05:00| Comment(2) | 初心者(初級者)さん必須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ