UA-175808163-1

2010年12月17日

ソロギターを弾けるようになったポイントその2

その、大事なポイントとは人との出会いであると思う。

ソロギ、その練習はとても孤独な作業であるがゆえに
最初の弾きたいと言うモチベーションを保てるかどうかだ。

ソロギも、どのレベルまで弾きたいのか、どれくらい続けたいのか
人によってさまざまだろう。

少しだけかじる程度でよいのなら簡単かもしれない。

しかし、できれば続けて行きたいと思っていたり、
自分の演奏を向上させていきたいと考えると一人ではなかなか難しい。

たとえば、弾きたい曲を見つけても一人で練習するかぎり
それが弾けるようになるかどうかの保証は何もない。

途中で諦めてしまうかもしれない。

よもや、弾けるようになったとして
これでよかったのか?これからどうしたらいいんだ?とその時点で考えてしまうかもしれない。

ギターだって今持っているものがあるなら、それ以上どうこう考えないかもしれない。
もちろん気に入っていて自分にぴったりなら問題はない。

しかしもし自分が弾き難いと思っていても、こんな物だろうと思ってしまうと
本当に弾き易いギターとはめぐり合えない。

そういう意味では、ギター教室に通うのも良い方法だと思う。

技術以外に他の人のギターも見たり聞いたりできるのはいろんな意味で
視野が広がるからだ。

たとえば、「ソロ・ギターのしらべ」については
もし、三木楽器の南澤大介さんのソロギターのクラスに入れば
共にギターを弾く仲間と出会い、南澤さんという素晴らしい先生に出会い
モチベーションは維持しつづけることができるだろう。
みなみ.jpg

また、押尾さんの曲が弾きたいのならドルフィンギターの教室に
その専門のクラスがあるので通うのがきっと近道だろう。
OISO.jpg

しかし、通うのに適した所に住まいがあるか
また、通うだけの時間があるか気力がるか
いろんな理由で簡単には通えない人もたくさんおられるだろう。
かく言う私もそのひとりである。

ただ、物凄い熱意のある人は片道何時間もかけて教室に
通っておられるかたもおられるので、そこはそれぞれの考え方なのだろうが。


私の場合は、何度も書いているがわたなべゆうさんの
「踊り子の唄」を弾きたい
その一心がソロギの本格的なスタートだった。

しかし、残念ながらわたなべゆうさんの曲の楽譜は発売されていないのである。

弾きたいが楽譜がないと弾けない
もんもんとして色々な所を探しまくっている時に
偶然、出合ったのがU-TABプロジェクトさんと言う所だった。

  「U-TABさんのHPはこちら」
       ↓
  (現在閉鎖中になっています)
  http://u-tab.spaces.live.com/

ゆうさんの楽曲ほとんどを、耳コピして無料配布しているグループだ。
もちろん、ゆうさん自身の許可を得ている。

このU-TABを運営しているYさんは遠くの地に住む人だったのだが
偶然にも実家が私の住む所とごく近所だったことがわかり
GWに帰省された時にお会いすることとなった。

今から約1年半前

そのころ、私はまだ1曲も弾くことができない(花だけかろうじて何となく覚えていたが)
ソロギ超初心者で踊り子の楽譜を頂いて練習を開始しだしたころ。

お会いした時、私の前で十数曲の演奏を披露してもらった。

その時の驚きと感動は今でも忘れない。

まず、ソロギを実際弾いているのを間近で見たことがなかったこと。
人に聞かせる演奏ができるのはプロしかいないと思っていたこと。

目の前で繰り広げられる演奏は初めて子供が憧れの
ディズニーランドでミッキーに会ったようなもの。

この人との出会いが全てを決めたと言って過言ではない。

このYさんもう何十年もソロギを一人で弾いてこられていた。
年も私と同じくらいである、当然過ごしてきた時代が同じなので
話もあう、ギターのことで盛り上がれる、楽しい時間だった。

その中で、やはり孤独との戦いは長かったとおっしゃっていた。
回りにはソロギを弾く人などおらず、
ソロギを弾くこと自体、なんとなく恥ずかしいことと思っていたと。

今でもソロギはマイナーなジャンルであることに違いはない。

押尾コータローさんがデビューしたことで
大きくソロギの存在を世に知らしめた功績は大きいものの
まだまだ広く浸透するところまではいっていない。

モーリスのFPDも多くのフィンガーピッカーを輩出しているが
まだまだごく一部の人のものでしかない。
FPD2010_10th_logo.jpg

「フィンガーピッキングデイのHPはこちら」
         ↓
http://www.fingerpicking.jp/contents.html


しかし、まさに花開く時代になってきたのかもしれないとも思っている。

それは、
今40後半〜60代の人は青春をギター音楽とともに過ごしてきているはずである。
その多くはギターを弾くことに憧れた世代だ。

子供たちがいてもぼちぼ手が離れる年となり
自分の時間をそろそろ持てる年齢になっている。

昔憧れたマーチンやギブソンのギターも買える財布の余裕も出てくる年齢でもあろう。

ギターのことを思い、昔を懐かしんで弾いてみたいと思う人が
潜在的にはたくさんおられるはずである。

だが、直ぐに人を集めてバンドを作って「かぐや姫」を弾こう
なんてことにはならないだろう。
かぐや.jpg

まず、自分ひとりでとりあえずギターを弾いてみようか
そう思った時、一番はじめやすいのがソロギかもしれない。

昔と決定的にちがうのは
ネットの世界がひろがったことだろう。

以前なら絶対出会えなかった人と繋がれるツールである。

まず、自分が弾きたい曲をみつけることができたら
次は同じようにそのアーティストさんの曲を弾いている人を
探すことがお勧めである。

岸部さんや押尾さんを弾いておられる方がたくさんいるということは
ソロギを弾く人の中では周知の事実である。

先ほども書いているが、
この2年ソロギの関係で多くの人に出会ってまさに実感である
このソロギの世界は本当に狭いのである。

だから、自分の好きな曲で繋がるとかなり広範囲に
その友達の友達のと辿ればいろんなソロギ弾きさんと繋がっていけるはずである。

そうすることで、かならず自分にピッタリ合う人、自分に合うグループと
それも自分の結構近くで知り合えることとになるだろう。

同じ趣味を持つもの同士、やり取りしながらギターの練習をすれば
間違いなくモチベーションを保ちつづけられるだろう。

次に会う時には、少し弾けるようになろうと思う気持ちをもてれば
演奏の向上のスピードは一人で練習している時と比べて格段にUPするだろう。

さて、ここまでできればお膳立ては完了したも同然である。
まずは勇気をもってネットの世界で同じ思いを持つ人を探そう。

身近なところでは、たとえばmixiのようなSNSで
アコギのくくりを検索してみるとたくさんの同年輩の人がギターを弾いていることがわかるだろう。

また、今話題のスティッカムで探してみると、多くの人がソロギのライブを
やっていたりする。

ギター弾きさんは、みなさん心優しい人が多い!と思っている。
ギターを手にしたらぜひ一歩踏み出してもらいたい。

もし、私でよければいつでも声をかけて頂いてもかまわない。
私でダメならピッタリの人をご紹介できるかもしれない。

さて 
ここからは、ソロギをはじめて弾く上で私が感じた
必要になってくるであろう最低限の技術のことについて触れてみたい。

最初に間違えて覚えてクセにしてしまうと、後々直すのに苦労する
私が苦労したこと目からうろこだったことを中心に書いてみようと思う。

ただ、何処かのギター教室に通うことを決めた人には
これからのことは不必要なことなのでご了承いただきたい。

さて、その技術とは・・・・

次回から3回にわけて書いてみたい。

第1回) ギターをどう構えたらいいのか? 
     イスに座って弾く時と、あぐらをかいて弾く時は構えかたが違う
     (簡単そうで一番最初に悩んだこと)

第二回) 左手の使い方には3つのポイントがあった
     (押弦、手首、肘 なかなか気づきにくいが解ると劇的に演奏が変化した)

第三回) 右手の使い方は慎重にしないと後の訂正が大変
     (自分流にするのは後からでも、まずこのことが大事だった)


それから、ソロギの演奏方法を大別して

1)オーソドックスな奏法

2)押尾さんのようなタッピング奏法

と分けるなら、オーソドックスな奏法についてしかわからない。

タッピング奏法については、私は今現在その方法を体得できていないので
書けることは何もないことをご理解頂きたい。
しかし、基本の部分は共通していると思う。

なお、これ以前のたとえば、ギターの弦はどうやって張るのか?や調弦はどうするのか?
など本当にギターのことがまだ何も解らないのだが、とおっしゃる人は
ネット上でその手の情報はたくさんあることと思うので各自調べて頂きたい。

※オーソドックスと書いたので、なにがオーソドックスだ?と言われそうなので
その代表曲と自分が思っている竹内いちろさんの「Go Home」を弾いてみた。



この曲は2005年モーリスFPDの最優秀賞を取られた時に弾かれた曲である。
アメリカに旅行された時に日本を思って作られた曲だそうだ。

まさにオーソドックス!竹内さんは学生時代も正統派ギター倶楽部に属されていたとのこと。
クラッシック奏法のお手本のような演奏を鉄弦でされている。
posted by アラフィフおやじ at 10:07| Comment(0) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

ソロギターを弾けるようになったポイントその1

まず、じゃぁこのおやじ2年でどれだけ弾けるようになってるんだ?
と思われるかもしれない。

ましてや、サンプル音源でUPしているのを聞いても
たいした演奏でもないのだから。

私は、決してプロ(セミプロ)をめざしているわけでもなく
あくまで、自分が楽しめる演奏ができたらいいと思っている。

ただし、その曲の持つメッセージ性を表現できるようになってという
レベルで弾けるようになりたいと思っている。

人前で弾くのも、専門のライブハウスで上手な人たちと腕を競うというのではなく、
生ギターの響きを多くの人に楽しんでもらえればという思いで弾いてきたし、
将来、縁側で孫ができればポロンとギターを弾いて聞かせてやりたいと思っている程度である。

ギターを長年弾いてこられた方やクラッシックギターを習われてきた方は
楽譜を読める方がおおかろうと思う。
しかし、私はまったく楽譜は読めないのである。

つまりTAB譜がないとギターが弾けないのだ。
ましてや耳コピなど夢のまた夢の話。

そう、曲を弾こうと思うと全て暗譜しないといけない。
つまり指が覚えてしまうまでは弾けないわけだ。
だから、楽譜を見て弾けるひとに憧れるのである。

今まで曲を覚える時は最後まで弾けるようになることを
目標にやってきた。

最初始めたころは1曲覚えるのに半年、
そしてその後3ヶ月くらいで覚えられるようになり
1年をまわるころは、1ヶ月ほどで暗譜ができるようになった。

2年目近くになってくると自分なりになんとなくコツみたいなものを掴んだのか
大体1週間ほどで覚えられるようになった。

暗譜してきた曲は以下の通りである。

「わたなべゆうさん」
ゆう.jpg

○ 踊り子の唄
○ レイアロハ
○ ガーベラ
○ 赤いスィートピー
○ お昼寝ハンモック
○ YKO
○ Greensleeves

「岸部眞明さん」
岸部.jpg
○ Smoker
○ Winter
○ 花
○ November
○ 雨降る窓辺で
○ ふるさと

「新岡大さんバージョン」
新岡.jpg
○ Water Is Wide

「小松原 俊さん」
小松原.jpg
○ You Raise Me Up

「中川イサトさん」
いさと.jpg
○ Opus1310

「西村歩さん」
西村.jpg
○ 夕暮れハート

「竹内いちろさん」
いちろ.jpg
○ Go Home

「住出勝則さん」
住出.jpg
○ When You Smile

「川畑トモアキさん」
川畑.jpg
○ ジブリ 海の見える街

川畑さんの動画はあまり見られないかもしれないので興味のある方はどうぞ
(この曲も私にとって難易度の高い曲、トレモロの技術がないので弾くのに苦労した)


一度、完全に覚えても半年も弾かないと
まったく弾けなくなってしまうが
今直ぐに弾けと言われると全曲は無理でも半分以上は
最後まで弾けるレベルではある。

ここに書いた曲数が多いか少ないかはわからない。
そのうえ浮気性である(笑

好きなアーティストさん一本という方も結構いらっしゃるなか
まるでつまみ食い状態である(笑

素敵な曲がいっぱいあるんだからしかたない(笑

上記全ての曲の中で人前でも弾けるようになった最初の曲は
わたなべゆうさんの「踊り子の唄」なのだ。

この曲を暗譜するまで半年、完全に弾けるようになるまで
おおかた1年近くかかっている。

弾けるようになるためには、
いくつかの避けて通れない技術的なことはある。

それが練習の中で解ってきて、技術面でも修正しながら弾けるようになるのに
私のような独学おやじは1年の月日が掛かってしまった。

何処かの教室で教えてもらっていたら、もっと早くにできていたかもしれない。
この技術の部分は、数回にわけて詳しく書いてみたいと思っている。

つまり「踊り子の唄」以外の曲は、この1年くらいで覚えたということになる。
ただ、人前で弾けるレベルになるにはやはり数ヶ月の練習が必要なのだが。

ソロギを弾けるようになる一つの大きなポイントは、
ズバリ
どうしても弾きたい!と思える曲と出会えたことにあったと思う。

ソロギを初めてみようと思われる方も、
最初は何がしかの楽譜を買ってきて始めることが多いのかもしれない。

私も、最初は「ソロ・ギターのしらべ」を買って
初心者に適当とされる曲を練習してみたが
結局、しらべの中のどの曲も弾けずにほったらかしになった。

それ以外に教本と言われるものを買ってみたが
2年経って本棚に並んでいるだけである。

つまり、弾きたい!と思える曲に出会うこと
その曲が今すぐ弾けるかどうかは関係ない話である。

まず弾いてみたいと思えるかどうかだ。
今はyoutubeでたくさんのソロギの曲を視聴できるのだから
いろいろ聞きながら探してみるのも楽しいと思う。

とにかくそんな曲と出会えたなら心強い
自分のことを考えたり、またギター仲間の話を聞いても
やはり弾きたい曲ができるということがポイントだったと言う人が多い。

ただ、しかし弾きたい曲が見つかったからと言って
簡単に弾けるようになることはないのは想像して頂けると思う。

たまたま選んだ曲がかなり難易度の高い曲ならば
習得まで時間がかかることもあろう。

しかし、逆に考えると弾けないと断言はできない
つまり弾けるようになる可能性が十分あると言うことだ。
それは弾いてみたいという思いがあればこそ。
まさに私自身がその証明みたいなものかもしれない。

ちなみに「踊り子の唄」わたなべゆうさんご本人の動画を見て頂こう。


みなさんには簡単に映るだるろうか?

やっぱり私にはエベレスト級の難しい曲だ
でも何回聞いてもやっぱり弾きたいと思わせる曲でもある。

私のブログを読んで頂けている方がいらっしゃるとするなら
あなたもこの曲に挑戦と言うのはいかがだろうか?(^-^ )
いっけん易しそうに聞こえるのは、ゆうさんの技術力だと思う
実際に弾いてみると、そこかしこにちりばめられた高難度の部分を
きっと感じて頂けるかと。

さて、では私にとってかなり難易度の高かった「踊り子の唄」を弾きこなすのに
大事なポイントとなったこととは・・・
posted by アラフィフおやじ at 10:01| Comment(0) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

ソロギのスタートの時のこと

ソロギに目覚めたのにはひとつ訳があった。
その訳を書くその前に、ソロギを始めた時の状態を書いておこう。

学生時代は確かにフォークソングのクラブに属していた。
そう書くと、もうある程度ギター弾けたのだと思われるかもしれない。

しかし、30年前をご存知の方はわかると思うが
学生運動を高らかに歌うものから、フォークソングの変化がみられた70年代
もっとも影響を受けたかぐや姫、風、拓郎はみなさんご存知のように
俗にいう四畳半フォークといわれ
ローコードの代表的なものを覚えるとほとんどは弾けたのである。

鬼門はFのバレーコードだけと言っても過言ではないだろう。

そんなわけで、ストロークのみの演奏
しかしそのストロークもリズムが悪いと相方から文句を言われ(笑

そう、ストロークも手首を反すことが出来ていなかった(今思えば

そんな状態から卒業後30年のブランク
まったく1からのソロギスタートだと解ってもらえるかと思う。

昔、中学や高校の時に家でフォークギターを弾いていて
人生のなかで少し自分の時間が持て、またギターを弾いてみようか
そんな風に思って始められる同年輩の方々と私は同じ位置からスタートした
とご理解いただければ幸いである。

ただただ、自分にはマーチンD-18を持っているという
その気持ち、必要ないプライドだけはあったのだけれど(= ^ ^ ゞ

とある日、突然のメールが手元に届く。
ソロギターのCDをリリースしましたと・・

宛名を見ると昔同じクラブでアコギを弾いていた仲間から。
えらい、遅咲きのデビューだなぁとは思ったが。

彼は、学生時代からフィンガーピッキングの曲を弾いていたし、
当時、もう30年も前だがすでにオープンチューニングの
曲を弾いたりしていた。

あの頃、日本のフィンガーピッキングの草分けといえば
中川イサトさん、レコードを彼にはじめて聞かせてもらった時
すごいなぁ〜と思ったが自分が弾きたいとは思わなかった。

もともと3フィンガーも適当だったため指弾きなどは
無理なものとしか思わなったのだろう。

そんな難しい曲を彼は弾いていたのだから、CDをリリースしたと聞いても
ビックリはしなかったが。

しかし、どんな経緯でと思って聞いてみると
モーリスの主催で日本のアマチュアソロギ弾きさんが集る
フィンガーピッキングデイという大会なるものがあるらしい。

その大会で決勝に進んだそうで、そのことで声がかかったらしい。
彼は地方都市でライブ活動をし音楽の世界で飯をくっていた。
所謂、セミプロではあったのだ、今は活動を休止しているのだが。
(モーリスFPDの決勝の時の映像)


人生いろんな道があって、音楽の道をあきらめないやつもいるんだなぁと。
ふとブレッド&バターの「あのころのまま」を思い出したり(笑

それが、たしか2年前の夏だっただろうか
その後、忙しくてCDもちゃんと聞かずにいたが
年末近くにそのCDを聞いて、久しぶりに自分もギターを
弾いてみたくなったのである。

手元にあったのは、30年近く前バイトに明け暮れて買った
汗と涙の結晶、マーチンのD-18
しかし、このギター当然弦高は高く、ソロギを弾くようにはなっていない。

そこで、前にギター本体の日記で書いたようにクリスマスプレゼントとして
自分にヘッドウェイのユニバースを買ったのである。

時同じくして、パソコンでソロギ動画を検索してみると
あらまぁ随分世の中変化したものだなぁ、動画サイトがいっぱい
アマチュアの人のソロギの演奏がいっぱいUPされているのを発見。

その時いく人かの人の演奏を見たり聞いたりしてみて
お〜なんかすごいなぁと思ったのが東京のTさんという方の演奏だった。

この時、この人の弾くギターもスゴイ!なんて思ったり
当然、その時はなんと言うギターなんだろう?と必死で考えても
それがグレーベンと解ることはなく(笑

この時は、今は閉鎖になったサイトにUPされていたと思うが
現在はyoutubeでその演奏が。


歌のない曲を聞いて、その場面のイメージができるものなのだと。
そんな所に驚いたものである。

当然、その曲がなんと言う曲なのかもしらず、調べていくうちに
岸部眞明さんという人の「スモーカー」という曲なのだと言う事がわかった。

そこで、さっそく岸部さんについていろいろ調べてみると
イサトさんのお弟子さんだったんですね、
その時まったく知りませんでした。

あ、そういえばその昔イサトさん大阪でギター教室されていたとのこと。

70年代当時、大阪はイサトさん 名古屋は塩見さん、東京はリンテンさん
それぞれの教室の生徒が集った合歓の里合宿もあったそうな。

そのお弟子さんの岸部さんの曲でソロギスタート
不思議なめぐりあわせのような気がしました。

で、そのCDと楽譜を岸部さんのサイトから注文
楽譜にはサインをしてくださるのですね(笑
MK-1_1.jpg

さっそく昔のことを思い出しながら弾いてみたが、
学生の時はローコードの伴奏弾きしかなかった人間にソロギは別物と
認識するまでにそんなに時間はかからなかった。

はい、もう茫然自失です、そりゃひどいものでした(笑
3フィンがもできないやつに、ソロギがいきなり弾けるわけないですわね。

それでも悪戦苦闘がんばってみるものの、スライドなんかは素人の指では痛くてあえなく断念。
結局、途中であきらめてリスナーに(笑

そしてふと気がついた、初めて聞いたTさんのものと、ご本人のCDと演奏が違うことに。

Tさんという人は原曲よりかっこよく弾かれるのだと思ったものだ(笑
それからだいぶんしてアコギマガジンバージョンがあると知る

そして、迎えた新年、正月休はソロギ漬けに。
スモーカーは弾けなかったけれど、何かはじめたばかりの私でも弾けるもはないか?と
探してこれならと思ったのが岸部さんの「花」だった。

正月休みはどこにも出かけず、ひたすら「花」の練習をした。

ところが、楽譜(TAB譜)には何処を押さえるかは書いていても
何指で押さえるかは書いていない。

まったくソロギ初心者の私にはさっぱりわからない
しかし、せっかく弾きはじめたことだしスモーカーも挫折している。

途中まででもと思って頑張って、思いつくがままに指を当てて
それらしい音がでるようになるまで練習をしてみた。
でも、曲には聞こえる演奏にはなっていなかったと思う。

家族は初詣も行かず家にこもってギターを弾いている私に呆れ顔。

今から思うと、運指はまったくいい加減
次の音のつながりを考えて指を決めるなんて、まったく考えてもいなかったな。


最近2年ぶりに理由があって「花」を弾くことになって
結局1から全部覚えなおすことに(笑

こうして、私のソロギ人生はスタートを切ったのである。

さて、50の手習いではじめたソロギまったく独学で練習と言っていい、
本当はギター教室に通うことを考えて近所の楽器店などをあたったのだが
鉄弦のソロギを教えてくれるところはどこもなかったのである。

大阪の三木楽器やドルフィンギターまで出向くと
教室はあるのだが、そこまでしてと思ってもいた。

そんな私が2年やそこらで人前も含めてギターを弾けるようになったのか
その経過と練習パターを綴ってみたいと思う。

もしかしたら、これからソロギをはじめてみようと思っておられる同年輩の方がおられたら
何か参考になる所があるやもしれないと思いながら。


posted by アラフィフおやじ at 10:29| Comment(0) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ