UA-175808163-1

2014年12月27日

ソロギターを上手く弾く(極意その2/2)

今日は極意の2/2です

宜しくお願いしますm(__)m

その前に、昨日の補足ですが
初心者の方で親指を6弦に乗せて
他の指でグー・パーしてみられたでしょうか。

自然な動きで上手く行きましたでしょうか?

実は、この簡単なことをマスターすると
たくさんのことが一度に手に入るのです。

1)正しい右手の構えができる

2)鉄弦の理想的なピッキングの角度がわかる

3)弦にたいして直角に指が当たる

3番については基本1弦薬指が直角に当たればいい
岸部さんのお言葉をお借りして直角としました。

実際はクラギのナイロン弦の時は強めに
引っ張っても弦の特性上上手く鳴らせますが
鉄弦は基本こするという弾き方になろうかと思います。

親指を6弦に乗せてグー・パーすると
人差し指・中指。薬指は指先の肉の部分
親指側右半分から爪に向かって指が弦に対して
動いて行くのが分かると思います。

これを「こする」という表現にしていますが
「撫ぜる」という弾き方ではありません。
指先で弦に触れていることを確認して
しっかりピッキングします。

これで右手の使い方の木で言う幹の部分を
理解できるようになると思うのです。

さて、それでは今日の本題2/2です。

それは、左手です。

ギターは右手と左手の動きから音がでますよね。

右手はピッキング、左手は押弦です。

その左手の押弦の極意ですが
「指をたたむ」です。

こちらも、え〜?なんだそれ?ですか(笑

ところがこれが意外と知らないというか
もちろんそんなこと知らなくても出来てる人も
中にはいらっしゃるのですが多くの初心者さんは
出来ていないと思うのです。

ソロギを弾く時にそれぞれ1音ずつ綺麗に
響かせる為に指を立てて押弦するわけです。

実は指先で弦の真上から押すことを考えると
難しくてなかなか出来なかったりします。

もちろん初心者さんはギター指になっていないので
押弦したりスライドしたりすると指が痛くなるでしょう
だからつい指を寝かせてしまう傾向にあるかと。

痛いからと指を寝かせてしまうと
結果的に先々指の自由度は制限されることに
気が付く時が来ると思うのです。

先に進んだ時にあれ?と思うよりも
最初から指をたたむ形を意識して弾く練習をすると
結果的に指が立って押弦できるようになる(おやじの経験談

これをコードを押さえるという
ギター入門ステップ1みたいなことでも
練習出来るので試してみても損は無いかなと思います。

ではCコードを押さえた写真で
「指が寝る」

「指をたたむ」
を確認してみましょう。

指が寝て押さえたCコードの手
人差し指の第一関節が伸びてるのが分かる図

DSCF5602.JPG

指をたたんで押さえたCコードの手
人差し指がたためていて立った状態

DSCF5603.JPG

このたたむの感覚はそれぞれの指先を
指の付け根にむかって曲げこんだ感じです。

もちろんコードの時にだけでなく
単音の押弦の時にこの「たたむ」を意識することで
指先で垂直に押弦できるようになりソロギの演奏を
間違いなく下支えしてくれることと思います。

2回にわたった右手と左手の極意
手に入れてしまえば後はあなたの練習量と
比例して上達曲線に乗れるということ!かな?(笑


信じるも信じないもあなた次第です(^O^)/




posted by アラフィフおやじ at 11:35| Comment(8) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

ソロギターを上手く弾く(極意その1/2)

ソロギを上手く弾く(極意そのT)って
なんてスゴイ題なんでしょう(笑

どうしてこんな題にしたかと言うと
このブログに
「ソロギを上手く弾くために必要と思ったこと」
というものがありまして、ここには毎日予想外に
たくさんの訪問者さんがおられるようなのです。

それだけ、ソロギをうまく弾きたいと
思っていらっしゃる方が多いということでしょうか。

2014年ももうすぐ終わります
きっと年末年始のお休みに
ソロギターを練習しようと思っている
初心者さんもおられるでしょう。

ちょっと弾き始めてみたけど
なかなか難しくて思うように弾けない

でもこの曲は休み中に少しでも
弾けるようになりたい!と。

おやじがソロギに初めてチャレンジしたのも
数年前の年末年始(ブログのどこかに書いてる?

岸部さんの楽譜を買って
なんとか「花」を弾けるようになりたい。

そう思って初詣にも行かずに家にこもって
練習に没頭したことを思い出します。

ええ、結果はご想像通り 
弾き方(運指)もわからないし
指も動かないしもう散々でした^^
そして何より指先が痛くてね。

最後まで弾けることもなく
正月休みは終わってしまった^^;

きっと初心者の人は同じことを
経験されるかもしれないと思う訳です。

さて、大上段に構えたブログタイトル
ブログ主のおやじはどんな上手いんだ!
ってことについては、はっきり申しておきます
「まったく上手いわけではありません」(`・ω・´)ゝ

まぁそれでも、何年かでもだらだら弾いてきたので
自分がこんな感じで弾きたいかなぁ
と思うくらいでは弾けているかもしれません。
(あくまで自己満足ですが)

おやじレベルでソロギを弾く人は
五万といらっしゃいますからね。

ただ、今から書くポイントをことさら大事だ!
と書いているブログは少ないかもしれません。

でもね、これが多分ソロギを弾くための
肝の部分だとおやじは思っているんです。

あ、あくまで思ってるだけですから
これが絶対と言うわけではありません。

もしギター教室に通われてらっしゃるなら
指導して頂いている先生のおっしゃる通りに
練習を積んでください。

間違ってもおやじがそう言ってるんです!
なんて言わないでくださいヨ(爆


では極意その1

○ 右手は自然に動かす

なんじゃそれ?ってですか(笑い

ソロギ(ギター)を弾くと言うのは
普段生活で使っている手の動きと違うと
思う人が多いのではないでしょうか。

でもね、人間の関節や筋肉の動きは
ソロギを弾くからって特殊な動きが
できるようにならないと弾けないわけではないのです。

まずは右手から
右手を前に出して(手の甲を上に)
「親指を伸ばしたまま」
これ大事ですからその状態で
人差し指から小指までグー・パー
ってしてみてください。

え?できない?ってことないですよね(笑

普段は物を握る時には親指も握りますが
ギターを弾く時は親指を握りません。

これだけです。

ソロギターを弾くって言うのは
ただそんな自然な動きができるか
と言うだけなのです。

親指を伸ばしたままというのが
少し違和感があるかもしれませんが
この動きのままで弦をはじけばいいわけです。

さて、大事なポイント書きますから
これだけ気を付けて練習してみてください。

親指の第一関節外側を6弦の上に
弦と平行に指を置くこと。


実際に弾いていく時にはいろんな角度で
弾いたりするのですがこの基本が大事なんですよね。

写真参照

DSCF5600.JPG

DSCF5601.JPG

これで弾くわけですが、指の動きは
先ほど練習したグーパーの動きです。

自然な動きにまかせてくださいね。

では、6弦に親指をのせたまま
人差し指から中指を(小指は使わないけど動かして)
自然にグー・パーして弦をはじいてみてください。

力入れなくていいですから
指先でさらりと弦と触れればOKです

どうですか?できました?
これができたら先は明るい(^O^)/

人差し指が3弦
中指が2弦
薬指が1弦となればベストです

これが極意その1です

その2は左手
明日の日記にて。














posted by アラフィフおやじ at 13:27| Comment(8) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

上達曲線

台風が過ぎて後、暑さと湿度の高さがこの上なく不快な古都です

さて、ここ何回か個人的なことばかりでしたので
ここらあたりでまたオタクなギターの話に戻って見ましょう。

初めてギターを弾き始めて1年くらい経った時でしょうか
おやじは何とも自分の上達の遅さに何度も嫌気がさしていました。

もちろん今もって素人のお遊びですからプロのように弾けるわけもなく
ただ自分がこんな音がでたらなと思う音が少し出せるようになった
というレベルでのお話として聞いてください。

毎日目標を持って練習すれど左手も右手も納得できる動きにならない
どこか違和感があって弾いていても詰まったり止まったり。

とりあえず1年目で最後まで弾ける曲は1、2曲くらい
いざ、その曲を録音しようと機械の前で弾き始めた途端
緊張してさらにひどいことになったり(涙

この時、一つだけ人様に頑張ったと言えるなら
間違えた練習方法かもしれないけれど
毎日6時間はギターを弾いていたこと。

朝 早起きして1時間 お昼休みに1時間 夜に4時間
恥ずかしながら、がむしゃらに頑張っていたと思います。

でも、なかなか思うように指が動いてくれないわけです。

ここで、これを知っていると少し気分的にブルーにならなくて
よかったかもと思うのがギターの上達曲線
img_20120714-194835.JPG

練習している身になれば、上達は練習量と正比例するとおもっておりましたが
そんなことはなさそうでした。

ソロギはたとえばちゃんと構えられたから弾けるかというと
そんな簡単ものでもなく左手の押弦がちゃんと指を立てられるようになったから
弾けるかというと右手もものすごく大事だったりと
総合的に力が付いて行かないと思い通りに音が鳴ってくれないようです。

若い人や子供の頃からギターを触っている人は上記の限りではないと思いますが
おじさん世代で1から始めたひとは上昇曲線にのるまで時間が掛かると言うことです。

ただ、ある時点で上達し始めるとあっという間に伸びていくようなので
それまで辛抱して基礎練習やら上手くならないという気持ちと折り合いをつければ
2〜3年後にはかなり思い通りに弾けるようになってきているかと思います。

同朋のみなさん、急がず焦らず上昇曲線に乗れるまであと少しです
頑張りましょう〜!



posted by アラフィフおやじ at 10:57| Comment(10) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ