2017年08月13日

暗譜についての独り言

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

本日より私もお盆休み
みなさんお盆は忙しいんでしょうね^^

おやじは今日は久しぶりに一人家でギター三昧(^ー^)ノ

今日は、暗譜を始めてちょうど1週間

初心者のみなさんも暗譜をして弾いてみたい
と思われる方もおられると思いますので
ちょうど自分が覚えてこのタイミングでいくつか
自分なりのポイントを書いておきますので
何かのお役にたてれば幸いです。

ソロギターにはご存知の通りチューニングが
レギュラーとオープンがありますよね。

オープンの場合はちょっとややこしいので
今回はレギュラーの場合ということで書きますので
ご勘弁ください。

まず、弾きたい曲を何度も聞きます

これはソロギを暗譜する方法なんかでググっても
多くの人がそのように書いておられるので
ひとつの方法として間違いではないのでしょう。

私の場合、その中で曲の主旋律を覚えます。

主旋律を追っていると、大体曲のパターンんが見えてきますよね
これはA-A´-A"-B-B´-エンディングみたいな感じで。

これが分かればAとBパターンが弾けたら大体弾けるようになるってことです(^▽^)/

歌モノも大体歌詞は違っても1番2番って曲は同じみたいな感じでしょうか。

俗に言うタッピングのような伴奏スタイルの曲は
主旋律がどうなっているか自分が弾かないので分からないです(スミマセン)

主旋律を覚えたらそれを単音で弾いてみます。
ローポジションから単音を探すと難しいけれどハイポジションの
スケールから探してみるとわりと見つけやすいかもしれません。
ローポジでは5弦3Fが「ド」ですよね 
ハイポジションは6弦8Fが同じ「ド」になります。

当てはまるコードを探せたら
コードをジャラ〜んと弾きながら鼻歌で主旋律を歌ってみる。

基本、分散和音としてコードを弾くとソロギになったりしますから
歌モノの伴奏をして歌うという感じでしょうか。

次に、譜面上の音(TAB譜所の位置)を楽譜どおりにまず押さえて
順番にその音を弾いて見るわけですが、この時に問題になるのが
指定された音を何指で押さえるか、
そしてその音を右手のどの指で弾くかを考えて行きます。

運指は決めやすいかもしれませんが、右手の弾く指を間違えると
音が続かないってことにもなってきます。

最初のうちは全く分からないかもしれません。
そんな時は適当でいいんです(^▽^)/

え?そんなエエ加減なことかくな!ってですか^^

私も最初は大体適当です(笑

一度ざくっと決めた運指も弾いてみると弾きにくかったり
音が切れたりなんてことが多々あるので、後で弾き易いように
修正はしていきます。

弾きたい曲の動画があればそれを見て あぁこの指で押さえてるのね
ってことを目で見て確認できるのですが、音源だけだと探り探り
決めていくって感じでしょうか。

これを、1小節づつ積み重ねて進むわけですが
ササッと弾ける部分と何度もそのフレーズを弾いて
指が覚えないと弾けないってフレーズもあります。

だから私の場合、弾けない所は親の敵ほどの勢いで
何度も何度も繰り返して練習します。

そんなわけで家族にはとても嫌がられるんですが(汗
ま、広い家にお住まいの方はギター部屋ってのをお持ちかもしませんね(ウラヤマシイ

こんな感じで地道に覚えるのですが、慣れてくると完全に覚えなくても
楽譜を見ながらあぁそうそうここ押さえるんだったなって感じで弾けるようになる
それってどれくらいの経験でそうなるか?ってですか?

どでしょう、私の場合はボンクラなもので人より覚えるのが遅いですから
何年も掛かってます^^でも早い人は1,2年で簡単な曲なら見ながら
弾けるようになるかもしれません、個人差ありでしょうが^^

そんなこんなで、一応おやじも1週間で音をなんとか追いかけられるくらいまで
進みましたが曲として弾けるようになるには、完全に指が覚えてしまうまで
弾き込まないとダメですね。

本当に暗譜するって長い道のりで面倒くさいことかもしれませんが
覚えてしまうとギターさえあればどこでも弾けるので便利だし
感情も込めやすいですしね!

どうぞ頑張ってください
おやじも頑張ります^^

こんな分かりにくい文字ばかりの内容に最後までお付き合いくださり
感謝感謝です。せっかく最後まで読んでくださった方のために
自分の確認用に録音した音源つけておきます。

ブログにはおぼえたって書いてるけどほんまかいな?
覚えたって書くだけならだれでも書けるからね!って^^

あくまで確認用ですから演奏として聞かないようにお願いします。
では、聞きたいって奇特な方はこちらから
https://soundcloud.com/sasun/inner-medium





























posted by アラフィフおやじ at 14:36| Comment(0) | 暗譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

暗譜 今更!?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

暗譜すること
みなさんは得意ですか?
それともいやぁなかなか覚えられなくて
でしょうか^^

曲を弾くという行為の時に
暗譜しなくても楽譜を見て弾けるなら
それでもいいと思う派のおやじです。

でも、わたしゃぁ暗譜しないと
とても楽譜を見てなんか弾けない
ってことならちょっとでも
早く覚えられたら良いかもですね。

さて、ギタ友の池ちゃんの持ち曲の中に
岸部さんのこの曲があります。

リズム感も昭和のおやじにはいい感じだし
その上、何といってもレギュラーチューニング!
岸部さんと言えばオープンがメインだから
ちょっと意外だったり嬉しかったり



ちょうど覚えてみようと思ったタイミングなので
この曲を例に暗譜する自分を客観的に見てみようと。

それが、少しでも何かの役にたつなら
ん?そんなん役に立たん!ですか(^-^;

まぁまぁ そういわずに^^

そういえば、池ちゃんが言ってたけれど
この曲弾きたい!と思い入れが無い曲は
いつまでたっても覚えられないと。

つまり聞いた時に、何かビビっと来ないと
取り組めないのが人の世の常^^

では、おやじの暗譜パターンですが

1)まず曲を覚える
(ビビッと来たら何となく頭に残る)

2)弾くために楽譜(TAB譜)を見る

3)運指確認

4)1小節覚えたら次の小節へ
 (この時に最初に覚えた所も一緒に弾く)
5)あとはひたすら繰り返す

なのだけれど
一番のポイントは運指をどうするか。

おやじはTAB譜使用だから
1〜6弦の押さえる位置(フレット位置)を
数字で示されているのでそこを押さえるわけだけれど
何指でどのように押さえるかは書いていないことが多い。

一番いいのは動画で確認することなのだが
そうでない時おやじ的に意識しているのが
☆ 最初に押さえた指を離さない
なのだ。
TAB譜は押さえる位置を書いてあるので
そこを押さえに行くけれど、弾いた後
次の押さえる位置が気になって指を
離してしまうことはないだろうか。

特にレギュラーの曲はコード(分散和音)で
弾くことが往々にしてある。

だから1つの音だけでなくその後先に
ひとつのコードを押さえたら一度に
暗譜が進むことが多いように思う。

だから押さえた指を離さずに
次の押さえる位置に指が置けないかを
探ってみる。

慣れない初心者さんは
最初の音を押さえる時に多分だが
何となく押さえ易い効き指で押さえる
となっていないだろうか。

1388903060-3326326189_l.jpg

昭和ロマンスの最初は2,4弦の4Fに向けて
スライドをするところから始まるが
この時に
4弦人差し指2弦中指なのか
4弦中指 2弦薬指なのか

次の1弦3Fを押さえる時
1弦2Fを押さえていた指をスライドさせて
押さえに行くわけでその後、単発の指で押さえに行くと
指の数が足らないことに気が付く。

つまりはバレーで押さえないとダメだなと気が付く。

そのバレーを人差し指で押さえるのだけれど
その準備をするのに前の1弦3Fは何指で
押さえて置くのが演奏上楽かを考えると、
ご本人の演奏もそうなっている所を見ると
中指・薬指で押さえるのがつながりが良いのだろう。

暗譜の肝はやはり運指を決めることに
大きなポイントがあって、間違いなければ
暗譜は思いのほかスピーディだと思う。

初心者さんのうちは、そんな運指を
自分で決められないと思われるだろう。

そんな時にこそ動画が役に立つのだと。
曲を覚える時に動画から指の運びを見ながら
覚えると運指が楽になること請け合い。

その辺りを意識しながらいろんな曲を
暗譜していくうちにコツがつかめる。

そうすると、本当に複雑で指の長さが
短いと届かないなんて運指でないかぎり
暗譜は1週間もあればおつりがくると思う。

簡単で短い曲なら1,2日で覚えられる。

長年ソロギを弾いている人の中には
暗譜した曲が50曲とか100曲とかと言われる
方が結構おられる。

初心者のうちは、なんてすごいんだろう
と思うかもしれないが、コツをつかめば
暗譜だけならできるものだ。

ただ覚えた曲をいつでもスラスラと
演奏できるかというとそれは別だとおもう^^

暗譜不得手の方、頑張ってくださいませm(__)m

あぁ今回もながくなっちゃった(^-^;







posted by アラフィフおやじ at 14:08| Comment(10) | 暗譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

暗譜(海流)

時が流れるのは早いですねぇ

先日伊藤さんの「海流」を弾き始めた
と書いてましたが、すでに10日ほど経ちました。

今までだとすでに暗譜は済んで、
通し練習を始めている頃ですが
今回はまだ半分程度です(^-^;

一番強力だったのが女房の一言
最近そこばっかり弾いてるね
覚えられないん?と(滝汗

ええ、覚えられません
やはり情熱がもえたぎってないと
高速暗譜メガネも効力を発揮しないようです(笑

ま、急ぎではないので女房の呆れ顔を
横目に同じフレーズ弾きながら牛歩で行きたいと思います。

いつになったら録音できることやら・・・

と、今回のブログは文字だけでした(手抜き^^
posted by アラフィフおやじ at 13:04| Comment(4) | 暗譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ