UA-175808163-1

2020年07月31日

江坂巡礼By池ちゃんシリーズ

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

何時もマニアックな内容にお付き合い頂いて
感謝感激雨あられでございますm(__)m

いよいよ関西以西は梅雨明け?
関東はちょっと遅れて週末か週明けでしょうか
例年よりだいぶんと遅いらしい
ラニーニャ現象の影響とか

さて、今回は久しぶりに江坂巡礼です
といってもおやじが行ってきたわけでなくて
池ちゃんのご報告

こないだね、イルカさんに行って弾いたの
なかなかよかったんですよ

それはね・・

池ちゃん、江坂にはだいたい2か月に
一度は覗きにいってるというフリークさ

おやじも見習わなければ(;^ω^)

そのお題のギターと言うのが「Merrill WOODBRIDGE」です。

Jim Merrillといえばマーティンのゴールデンエラ ビンテージの
音の再現を限りなく近づけてきたルシアーさんとして人気

一時期プロのブルーグラス奏者がメリルのギターに乗り換える人が
増えたとかとどこかで聞いたような気もしますが^^

で、江坂 いるかさんで弾いて お!これはとおもったのが
MERRILL Woodbridge Koa とのこと

merrill_woodbridge_koa_30609_1sp.jpg

merrill_woodbridge_koa_30609_4sb.jpg

merrill_woodbridge_koa_30609_8h.jpg



Woodbridge というとフィンガーピッキングにも向くタイプ

アディロンとコアの組み合わせで
サスティーンの長さと6弦〜1弦の出音のバランスがとても良い
音としては混ざり系だけれど各弦の主張がはっきりしていて好みだそう

ソロギをする人でメリルを選ぶ人はそう多くはないかもですが
かのトミー・エマニュエルも Woodbridge cutawayを持ってるとのことで
一度試してみるもの良いかもしれませんネ

ちなみにメリルのこのアディロンとコアの組み合わせの
ギター音源サンプルがなかったのです、おやじの好きな
Al Petteway氏が弾くMerrill Woodbridge Walnut/Redwoodの演奏で



posted by アラフィフおやじ at 11:11| Comment(2) | 楽器店巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササンさん
こんにちは(^^)

関東はもう少しジメジメが続きそうです。

WOODBRIDGEは弾いたことはないのですが、
Merrillは、C-18(アディロン&ホンジュラスマホガニー)とC-28(アディロン&ブラジリアンローズ)の二本を前に所有していました。
その時期は今と違いドレッドばかりでした。

Merrillはブラジリアンローズでも柔らかく耳に優しい音色で好感が持てました。
もしまたMerrillを所有できるなら次はOM サイズあたりがよいですねー(^^)
Posted by しばしば at 2020年07月31日 12:32
しばしばさん

こんにちは!

メリルのC-18とC-28をお持ちだったんですね
まさにメリルの得意とするビンテージマーチンの個体!

歌物をしておられたらメリルのドレッド活躍したでしょうね 
ソロギとなるとまた別でしょうか

WOODBRIDGEを作ったのは弾き手の事情に合わせたのかなぁ
ともあれ、わたしも一度現物を弾いてみたいと思います。

OMサイズだとソロギ用としては良い感じですよね
もし、しばしばさんがメリルを所有されることがございました是是非、ご報告お願いしたいです(^▽^)/
って自分で持つこと考えてなくてスミマセンm(__)m
Posted by アラフィフおやじ at 2020年07月31日 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ