UA-175808163-1

2020年06月16日

一万時間の法則は・・・

ソロギすきのみなさん
こんにちはおやじです。

itimanzikan-titleimage.png

皆さんも一万時間の法則というのを聞いたことが
あるかもしれません。

このブログにも何度か書いている

私がソロギターという分野に足を突っ込んだのが
2008年の12月 実際に楽譜を買って弾き始めたのが
2009年の1月からだから2020年の1月で12年になる

そのほとんどを独学でやってきた
実際には年二回の伊藤さんのレッスン会と
単発でのプロのレッスンは受けてきたが
ギターを弾く基礎から継続して誰かに師事して
教えてもらったことがない。

ソロギターは一人で弾けて楽しめる
どれだけ弾けるようになると満足するかは
人それぞれである程度弾けたら良いと思うか
もっとうまくなりたいと思うか

私の場合は自分が納得できる所まで
弾けたら良いと思ってきたが
いつまでたっても納得できないままだ。

ところでだ、ある時にギターを弾くことが
それなりのレベルになるのに「一万時間の法則」
とうのがあるのを知るのだ

そうか!何事も努力が必要だ
1万時間というのがポイントだな!
と早合点?してひたすらギターを触ることが
練習だと決めつけてひたすら時間を浪費した

私の場合はほぼソロギを弾き始めて
10年までに1万時間
ギターとの戯れる時間を過ごした

結果だがアマチュア初級レベルから
脱することができずに未だに苦戦している

つまり、はっきりと書くが素人が一人
独学で一万時間の練習をしても
たいしてうまくならないということだ

では、一万時間の法則が間違いか
というとそういうことではない


先日のオフ会でそんな話になった
一番大切なのはしっかりした指導者がいて
その人に師事して練習を積むことこそ
あるべき姿の「一万時間」という結論

実際にはアマチュアがそれなりに納得できる
レベルになるにはもっと少ない時間で良いのだろう

つまり独学でどれだけやってもダメなのである
ただ、努力し続けるというのは必要最低限ではある

どれだけ素晴らしい指導者のもとでレッスンを
受けても続けなければ結果はついてこない。

アンダース・エリクソンの研究でも
img_de50b9211eaf95bf1afeaa9a639c952381702.jpg

>・一般的に、何かが「許容できる」パフォーマンスレベルに達し、自然にできるようになってしまうと、
そこからさらに何年「練習」を続けても向上につながらないことが研究によって示されている。

つまりは独学でもある程度の演奏技術は身に着けられる
そして練習の結果、へたくそなりになんとなくの演奏ができるようにはなる
しかしなんとなく弾けるようになった曲をどれだけ練習しても技術的に
向上していかないのだと

まさに自分のことだ

ここに来て、更に次のステージに行くには
しっかりした指導者のもと練習するしかないのか

・一、目的のある練習には、はっきりと定義された具体的目標があること
   (一番大切なのは、長期的な目標を達成するために
   たくさんの小さなステップを積み重ねていくこと)

・二、目的のある練習は集中して行うこと

・三、目的のある練習にはフィードバックが不可欠

・四、目的のある練習には、居心地の良い領域(コンフォートゾーン)から
   飛び出すことが必要

とのことだ


しかし、ソロギターにはクラシックギターのように
体系的な指導方法が確立されていないように思うのだが・・

では、今からクラギを習うか?
じゃぁ
何をどこまで習えばいいのだろう

ひたすら基礎練習からやり直すのか

クラギの発表会にでることが目的ではなく
ソロギターをどこで弾いても恥ずかしくないレベルで
演奏できるようになりたいのが目標だ

12年経っても右手も左手もきちんと確立されたものがない
いつも明確な到達点がないため悩んでばかりだ

長年にわたって付いた癖を
1から修正しなおすのは至難の業かもしれんな・・

悩みは尽きないじじいのひとりごとでしたm(__)m
こんな駄文に最後までお付き合いありがとうございます。

ところであなた様はソロギをどなたかに師事して
練習してこられたのだろうか?

上手な人はどうして上手くなったんだろう?





posted by アラフィフおやじ at 14:44| Comment(6) | 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササンさん
お久しぶりです。

ササンさんはご自身が思っているよりずっとレベルは高いと思いますよ、
ササンさんがアマチュア初級レベルな訳ないじゃありませんか。
多分納得できるレベルが高すぎるのではないでしょうか?

確かに世界トップレベルになるには、並外れた才能と並外れた努力が必要だとは思います。
私の次女が小学1年から空手をやってましたが、中学から県で優勝し、県の強化選手になり県代表の全国大会やらインターハイに出ていましたが、同じ関東に世界チャンピオンがいて娘がいくら努力しても勝てる気はしなかったです。
やはり世界を征する人は天性の才能がズバ抜けているうえに努力もおこたらないんだなと感心しました。

おっと話がそれてしまいましたが、私もやはり楽しむだけじゃなくて上手くなりたいですが、まあほどほどにと思っています。

Posted by しばしば at 2020年06月16日 15:49
しばしばさん
こんにちは!

なんだか奇遇です
私こういうことが結構あるんですが、今日しばしばさん
元気にされてるだろうか?とFBも細かく覗いてないのですが
とても気になっていたんです^^

私の演奏はそうですか?いややはりなんだかイケてないと
思うんですが、そんなことないんでしょうか?

一番気になるのは左手の押弦にどれだけ練習しても
的確な形で押さえきれないことがあるもので・・(;^ω^)

しばしばさんのお嬢様 空手ですごく頑張られていたのですね
そんな世界で同じ年代に世界チャンピオンが・・
天性の才能があったのでしょうか 否 才能だけではなくて
環境かもしれませんよ
その方の親御さんが空手の師範とかでそれこそ物心つく前から
空手にそまった生活だったとか

その上に普段の努力が更に人よりも多く割けた それも環境で

しばしばさんのお嬢さんの努力も人一倍だったと思います
ただただ環境の違いだけのような気がするのです

え?まさかしばしばさんが空手の師範ならごめんなさいm(__)m

しばしばさんも楽しむだけでなくて上手になりたいと思われてる
同じ気持ちでおられるのに何か嬉しく思いました(^▽^)/

このほどほどっていうのがまた難しいですよね・・(;^ω^)

Posted by アラカンおやじ at 2020年06月16日 16:00
ササンさん
こんにちは。

とても納得、同調出来る内容でした。

アコギではなく、ゴルフですが昔は「トラック一杯分のボールを打たないとコースに出るな」と言われた事があります。
しかし、今はこれは大きな間違いです。
つまりヘタの上塗りとなる結果が見え見えです。
私は、早くにそれに気付き一時期プロのレッスンを受け基本的な動き方を学びました。
が、すぐに上手くなる訳ではないのですが、少なくとも悪癖が付くことなく上達への最短距離を歩むことが出来アマチュアの公式競技会に出れる様になりました。

ギターは、残念ながら基本を教わった事がなく、ましてとっかかりがエレキでしたので完全な我流に終始しています。
まあ良かったことと言えば、TAB譜は無かったので楽譜を読める様になったことぐらいでしょうか。
しかし、今の時代YouTubeは有難いですね。
これは立派な先生です。
まさにオンライン教室に通っている感があります。

しかし上達スピードが遅いのは、年齢のせいにしたく無いのですが、現実はそうなので甘んじて受け入れざる得ませんねσ(^_^;)
地道に練習するだけと思います。

イチロー選手の言葉で
「努力し続けることが出来るのも才能の一つ」
と言うのがあります。
この言葉を励みに頑張りたいと思います。

ササンさんは、初級レベルなんて言わないでくださいよ。
そうであれば一体オレは何なんだ?と思うじゃ無いですか。
上級レベルだと思いますよ(^○^)

しばしばさんお元気そうで何よりでした(^^)
Posted by ステマン at 2020年06月17日 11:18
ステマン様
こんにちは!

ゴルフも昔は「トラック一杯分のボールを打たないとコースに出るな」
と言われた時代があったのですね!
それにしてもステマン様スゴイ!アマと言えど公式競技に
出られるほど上達されたとのこと(ウラヤマシイ

私も若いころゴルフ沼にハマった時がありました
が、こちらも我流で練習したので結局90を切る切らないレベルでした
それから自分で仕事をするようになってからすっかりゴルフも遠のいて(;^ω^)

やはり我流よりもプロのレッスンを受けてキチンと基礎を
学ぶべきなのですね(納得

ギターもやはりプロの指導を受けて基礎からやるのが
結局は早道なのだと今頃おもうのでした^^

でもステマン様ギターも凄いなぁ
バンドでエレキを弾いてこられて楽譜を読めるように
なられたとのこと

私は未だにTAB譜がないとダメでして
ただオタマジャクシの長さだけはわかります(^▽^)/
え?それって誰でもわかるんですか(;^ω^)

そしてyoutubeは本当にすごいと思います
ネットの時代だからこそですよね


>イチロー選手の言葉で
「努力し続けることが出来るのも才能の一つ」
と言うのがあります。

本当にいい言葉だ 努力の方向を間違えないようにせねばです(;^ω^)

ステマン様 私が上級なんてとんでもないですm(__)m
もう、下手の横好き 悩みは尽きず
迷路に迷い込んで同じところをグルグル回りのままです(;^ω^)


Posted by アラカンおやじ at 2020年06月17日 11:39
https://note.com/bkeniciro/n/n2ccab5d3a171

どんな仕事でも趣味でも一万時間となれば、習熟度は文句ないはずですね。ところが「十代から始めての一万時間」が名を成すための条件みたいです。持って生まれた才能があって、本人の興味志向が一致して、尚且つそれを叶えられる環境が整っていること。そんな人が一万時間磨かれて輝くんでしょうから。ギターだったらロメロ家とか、日本なら村治沙織・奏一とか、そりゃあもう敵うわけないと感じますから。

こんなのもありました。
1.01×365=37.8  0.99×365=0.03
1.01 vs 0.99

Rule of 1.01
1.01 ^ 365 = 37.8
Everyday do a little bit more.

Rule of 0.99
0.99 ^ 365 = 0.03
Everyday do a little bit less.

The difference between 1.01 and 0.99 seems only 0.02.
The result would be a great difference.

イチローはこんなことも言ってましたね。「ちいさいことを重ねるのが とんでもないところへ行くただ一つの道」だと。
ホント、ギターが上手くなる薬があれば誰だって飲んじゃうでしょうけれどwww 
あ、その節はマスクお世話になりました。ようやく市場に出回ってますね。アベノマスクも届きました。
Posted by とむ at 2020年06月18日 02:00
とむさん
こんにちは!
コロナでライブ関係が難しいこともあり
大変な数か月でしたね
でも、これからもまだまだ難儀かもしれませんが
楽しみで音楽できることに感謝です。

さて、リンクの別所さんのブログ拝見しました
ん〜やっぱりそうですよね、これ何事も始める年齢
絶対あるとおもってました^^

才能、興味、環境3拍子そろってこそ超一流になるでしょうね
これは何事にも通じますね

このソロギターというジャンルはきっかけはとむさんですし^^
なんたってFPDに出場 CD発売でその演奏に圧倒されましたからね(^▽^)

でも、やはり50を前に初めてもまず才能がないし年齢的に問題あり^^
でもちょうど2005年がいちろさん2006年がゆうくんと時代がソロギに波が始まりだした頃
そしてネットが充実し始めたたいみんぐと環境的には良い時期だったんですがね

結果的には12年・1万時間以上弾いても演奏に魂がのるレベルには
残念ながらならない現状です
結局、ギターを弾くということの才能の無さに気が付くだけでした(;^ω^)

どこかにギターがうまくなる薬売ってたら飲んじゃいますね

PS
マスク ちょっとだけでしたが何かのお役に立てたらよかったですm(__)m


Posted by アラカンおやじ at 2020年06月18日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ