2020年02月22日

全くの初心者がギターを弾けるようになるまで その2

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は天気が荒れるとのこと
コロナも収束する兆しもなく
このまま天変地異が起こらないように
と願ううばかりです

さて、練習日当日、
とりあえずギターがないと始まらない
かといって最初から初心者セットで19800円!
と勧める気もなく私の手持ちのヘッドウェイを
貸し付けすることにした。

HCF.jpg

ヘッドウェイのユニバースモデルだけれどちゃんとプロの調整を
してもらったもので初心者でも弾きやすく音もしっかりしている

最初は弾きやすさが何より大事だと思う

弾き難い無調整の初心者モデルのギターを買って
その弾き難さに(語弊があればスミマセン)
特にバレーコードなどで躓く可能性大のことを考えると
やはり弾きやすいギターで練習して欲しいと思った

まず基本の基からで弦の名前(6弦5弦と言うこと)や
フレットという名前などを覚えてもらう。

最低限の単語の意味が分からないと
話している内容が理解できなくて困るだろう

その後に調弦を覚えてもらい体験してもらう。

何がなくてもまず調弦(レギュラーチューニング)
が一番大事と教えた

昔は音叉で440hzを5弦のハーモニクスでってことだったが
今はチューナーという便利なものがあるので
まったくの初心者でもきちんと調弦ができるのがうらやましい。

71SM-E23g2L._AC_SY550_.jpg

そして、ギターの構え方 

zz.jpg


ギターをどう構えるかはとても大事で
何故そう構えるかを知っているのと知らないのでは
後々随分違ってくるからだ。

構えを教わっても、最初のうちはコードフォームを
押さえる段階で崩れてしまうのは仕方ない

指の配置を目で見て確認しないと
最初のうちは押さえられないからだ

最後に基本コードフォームの「C」を指の配置を
確認しながら押さえてもらうものの
指先が寝てしまい弦を上から押さえることが難しく
あちこちミュートした形になり苦戦する

女性の場合は爪を延ばしている人が多く押弦すると
爪が邪魔になりきちんと押さえられない

爪は命って女性多いから仕方がないか
そんなことを話ていると次の練習までに爪切ってきますと

なんと、ひろ本気でギターを弾きたいのかもしれない
その時に思った。

続く

posted by アラフィフおやじ at 11:46| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォークギターは新品状態では弾きにくいですからねぇ。
ブルーグラス用途ってのもあって、ナットは比較的高めに調整されてることが多いんですよね。初めから低いと直ぐにビビってきたりしてクレームが入りますしね。
Posted by よしだ at 2020年02月22日 14:44
おやじさん、こんにちは。

おお!いつの間にか新シリーズが!

美人にギターを教えているおやじさんもうらやましいけれども、ひろさんもおやじさんに教えてもらえるなんて、うらやましい環境ですよねえ。

私もそちらに住んでいるのなら弟子入りしたい。
え?じじいに教えるのはいやだって?

じゃ、あきらめます(笑)。
Posted by J minor at 2020年02月22日 18:03
よしださん

こんにちは!

市中にある所謂初心者用〇〇セットと言われる
フォークギターが弾きにくい状態だというのは
ある意味仕方ないことかもしれませんよね

また、販売する楽器店も引き渡すときに
調整するということはしないですし(手間掛けたくない)
そもそも調整できる人もいないでしょうから^^

ブルーグラスはかなりのピッキング入力があるでしょうから
低い弦高ではビビりますね(^^;


Posted by アラカンおやじ at 2020年02月23日 08:27
J-minorさん

こんんちは!

最近ソロギターだけに絞った内容だとネタが尽きてしまって(^^;

そんなわけで、初心者バージョンの新企画ということで^^

前々からギターのすそ野が広がるように新しくギターを弾きたい
という人を募るアナウンスをしていたんですが
なかなか広がらなくて、その中でひろが参加してくれました。

J-minorさんが近くなら是非教える側で参加してもらえればなぁ
と思います♪
弟子入りなんてとんでもないです、私 困ってしまう(滝汗
Posted by アラカンおやじ at 2020年02月23日 08:31
ササンさん
こんにちは。

返す返すも、ひろさんは超ラッキーでしたね。

「弾きやすいギター」で始められるのは、これに勝るものは無いですね。
初心者用と言わず、ショップの吊るしはスタンダードとは言え、お世辞にも弾きやすい状態では無いですよね。
挫折の第一歩はこれだと思います。

私がギターを再開して驚いたのは、チューナーの存在でした。
昔はプロしか使うことが出来ないほど高額でしたが、それが1000円くらいからありますからね。
エレキを手にした頃は、音叉か笛でしたからね。
どの様に合わすのかが分から無かったのですが、音楽の先生に音の合わせ方を教えて貰えたのは私にはラッキーでした。

コーチ、環境で上達のスピードが変わりますね。
Posted by ステマン at 2020年02月23日 11:23
昔ギターを買ったところは調整できたんですが、今リペア用員が居る楽器店の方が珍しいでしょうねぇ。
Posted by よしだ at 2020年02月24日 15:30
よしださん

はい、もう最近の楽器店さんでギター調整できる人は
ほぼ居ないように思われます。

専門職を置く余裕がないのか、社員さんは調整のことは
知らなくて良いという考えか、ともかくあくまで販売員さんですね
Posted by アラカンおやじ at 2020年02月24日 16:22
ステマン様

お返事遅くなりましたm(__)m

初心者=ギターのことは分からない人
と買う方も売る方も安価なものに走りがち

安価=理由がある ですよね

はたまた売る方も最初から高額なものも買わないだろうし
適当に対応して初心者セットでも売っておけみたいな(語弊ありますかね^^

本当は初心者こそ弾きやすいギターを持つべきだと
私も思うんです

そしてチューナー これ 昔は音叉(ステマン様笛もあったのですか!)
でAの音をたよりに調弦しましたよね
音が合わずに苦労したの思い出します(;^ω^)

今はチューナーがあってだれでもきちんと合わせられる

私はあくまでアマチュアのギター好きだけですので
ギターを教えるメソッドを持ち合わせているわけではないのですが
つまずくポイントは経験上わかっているのを良いことに
若いおねえちゃんに熱心になってるだけかもしません(;^ω^)
Posted by アラカンおやじ at 2020年02月25日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ