2020年01月11日

サドルの底面を調整してみる

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日も暖かいですねぇ
外で日光を浴びるともう春かしら?
と思うくらい暖かい^^

さて、ギターの音でポイントとなるのに
サドルがあるのは皆さんご存じの通りかと

早瀬さんのギターを弾いて1週間ほどになります
その間、ご本人とあれこれ質問をさせてもらい
TOPをこのギターは薄くそして塗装も薄くしている
とのことを聞きました。

ご存じの通りTOP板が薄いと厚いものより
鳴り始めが早いのですが、巻き弦の音に3.4弦が
まだ開けていないと書いていた通り少し気になっていました。

これから開いていけばとおもったのですが
ちょっと気になってサドルを確認してみました。

7.jpg

このサドル、購入したショップで弦高を下げてもらう
加工をしてもらったのですが、サドルの底面をみると
???フラットが出てない?のでは?と

鉄の定規の上に乗せて光を透かすと洩れがある
ん〜これではなぁと素人おやじ底面のフラット出しをする(^▽^)/

紙やすりは400番から4000番まで揃えているので
早速手持ちの鉄やすりを治具にして底面出しをしてみた。

若干両端に隙間がありそうなので、キチンと揃うように

力の入れ具合で斜めになるのを気を付ける

弦高調整6.jpg

こうなると元も子もない

一応素人目になんとかフラットになった?(と思う)ので
セッティングして音を鳴らしてみた。

お!音拾ってる?かも?
そうなんです、巻き弦の出音が変わったのは確か

ちょっとしたことで音の損失があるのがサドルかもしれません。

また、録音して音の出方比べてみます。


posted by アラフィフおやじ at 15:14| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじさん、こんにちは。
ショップの調整で音が悪くなっていたとは悲しいですねえ。

しかしこのギターを購入したのは某有名店では?
あんな有名店でもこんないい加減な削り方をするとは、ちょっと驚きですねえ・・・。
Posted by J minor at 2020年01月11日 17:01
J-minorさん

こんにちは!

底面のフラット出しは結構難しいのかもしれませんねぇ
大手の楽器店でもはたまたルシアーさんでも出てないことありまして(;^ω^)

そのあたりは結構以前からオフ会でも話題になってたりして^^

普通、そんな重箱のすみをつつくようなことする人少ないと思います^^

Posted by アラフィフおやじ at 2020年01月11日 17:27
底面調整に金盤を使っています。研磨する台ですけどね。
金盤の上にサンドペーパーを置いて底面密着させて滑らすだけです。
Posted by よしだ at 2020年01月11日 17:55
よしださん

こんばんは

底面調整のための「金盤」を使っておられるのですね!
私も今度金盤を用意しておこうと思います。

やはりこのあたり治具の品ぞろえはプロ級のよしださんだ!(^▽^)/

これからいろいろ勉強させてもらいたいと思います。
Posted by アラフィフおやじ at 2020年01月11日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ