2019年12月30日

三木楽器巡礼 Gelrald Sheppard&Stephan Marchione

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は雨ですねぇ
そして今年もあと2日

も〜いくつ寝るとお正月♪
という年でもないですが^^

さて、
今日のお題はGelrald Sheppard(ジェラルド・シェファード)

Marchione Guitars OMC (スティーブン・マルキオーネ)

の2本です

海外のルシアーさん好きの方はご存じのシェファードギター

おやじがソロギにハマりだした10年くらい前でもすでに
ベテランのルシアーさんだったのでどこかのブログで
名前くらい聞いたことがある方だったような・・・

当時、もし弾いたとしても凄いなとしか思わなかったかもしれません
しかし、今だからわかるとも言えません(^^;、

あくまで自分が好きな音があるそれだけなんですけどね

さて、そのGelrald Sheppard(ジェラルド・シェファード)
TOP スプルース
S&B ハカランダ

Gelrald Sheppard.jpg

スロボットの後で渡されたので、そのキャラクターの違いに
弾いた瞬間、あら、これだけ違いがあるのね〜と思わず声にでる^^


ひとつずつの音が美しい、リバーブ感も透き通る湧き水のよう
確かに指で弾くとバランスは良いな、音色も嫌味がない

でも、それが自分の好みかというと、どうしてだろう
海外のルシアーさんのギターを弾いたときに感じる
海外の香りというか異文化の雰囲気が島国のおやじには
眩しすぎて一歩引いてしまうのかもしれない。

近しい音は





さて、次にいよいよ気になっていたStephan Marchione

omcamzo20191104_M_m.jpg


なんと言っても200マソ!
って下世話なことでスミマセン

稀代の天才といわれ25年のルシアー人生の集大成って
謳われているギターですからね

U君がチューニングをしている音を聞いて
ん〜なんだろう、何か今まで感じたことのない
そんな感じを受ける

そして、いよいよStephan Marchioneが手渡された
まずは、隅々までなめるように愛でる

確かに噂に違わぬ美しいギターだ
そしてなによりヘッドのクワガタのような独特なフォルム
バックのマダガスカルの模様はこれだけで一晩中眺めていられるかも^^

などと思いながら、いざ、指で弾いてみたら!
お〜なんだこれ!今まで聞いたことない音だ

どう言ったらいい?わからない、ともあれ特別だ
なんだかアコギで弾いたことのない音だからだ

何かダイヤモンドのような硬質なというか
鉄の音かもしれない、ある意味冷たささえ感じる

背中がぞくっとするぞ
まったく新しい道を切り開いたサウンドのギターだ

おやじの好きな音とは違えど
これだけ個性的ならハマる人はこの魔力から
抗うことができないかもしれない。

ある意味恐ろしいギターだ
試奏された方がおられたら感想を聞いてみたい(^▽^)


で、ここまで書いておいて、いったいどんな音だ!
って怒られそうなので、サンプル程度にですみません^^;

え〜下手くそな動画あげるな!とう苦情は受け付けません

それでも、三木楽器の4Fで動画を撮ったという
暴挙に見逃してくれると信じて(笑











posted by アラフィフおやじ at 11:31| Comment(0) | 楽器店巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ