2019年11月05日

ドルフィンギターズのアコギ弦を張ってみた

ソロギすきのみなさん
こんにちはおやじです。

ここの所、山にばかり登って・・
ということもありませんヨ^^

毎日こまめに練習しております!
って偉そうに書くほどのことでもない(;^ω^)

先日何故か夜中に昔の曲が頭をグルグル
その曲は、かの小林亜星さん作曲の
サントリーオールドのCMの曲

おやじと同年代の方は懐かしいと
思われるのではないでしょうか?



ナイロン弦と曲調が相まってなんだかノスタルジック
良い曲はいつまでも良いですよね

さて、少し前にギタ友のIちゃんに分けてもらった
ドルフィン弦を張ってみました。

images2.JPG
IMG_9793.jpg



これまではずっとピラミッド弦を張ってましたが
今回何年かぶりに違う弦をはってみると
音の違いが新鮮でした!

centralmusicshop_zn3g480bai.jpg

ピラミッド弦は6弦が52と細かったのですが
ドルフィン弦は一般的なライトゲージなので
6弦が54になってます。

さすがに54だと低音がぐっと引き立ちますね。

フォスファーブロンズ弦なので張りたては
結構きらびやかすぎて・・
個人的には少し落ち着いたくらいの音が好みです。

落ち着いたら一度音源を録ってみたいと思います。





posted by アラフィフおやじ at 16:46| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササンさん
こんにちは^_^

オールドの曲、確かに今でもしっかりと思い出せます。
名曲なんですかねー。

自分も先週仕事帰りにイルカさんに行き、イルカ弦3セット購入してきました。
6弦をCにおとした時にもう少し張りがほしいなと思い、6弦が54のイルカ弦で試してみることに、、まだ張っていませんが。
確か西村さんもCの曲が多いので6弦が54のghsを使っているとか。
Posted by しばしば at 2019年11月06日 13:07
おやじさん、こんにちは。

「夜が来る」はいい曲ですよね。ちゃんと真似ようとすると、案外難しい気もしますね。

弦は良く分かりませんが、

> フォスファーブロンズ弦なので張りたては
> 結構きらびやかすぎて・・
> 個人的には少し落ち着いたくらいの音が好みです。

この気持ちはよく分かります。

エリクサーってこともあり、 SWITCH SCOM-1C A-VH の弦は7か月張りっぱなしですが、流石にまずいかな???
Posted by J minor at 2019年11月07日 10:40
しばしばさん
こんにちは!
オールドの曲(夜が来る)そうですか
しばしばさんも記憶にあるんですね!
お友達お友達♪

ドルフィン弦、そうなんです6弦54ですので
52よりもオープンにしたときには音が合いやすいですよね

西村さんのようにダウンチューニングだと54無いと
音にならないかもしれませんね^^

ghsかぁ 何か意図があるんでしょうね
Posted by アラフィフおやじ at 2019年11月07日 13:19
Jminorさん
こんにちは!
夜が来る、そうなんですよ 完全にコピーしようと思うと
なかなか手ごわくて、つい自分が弾きやすいように弾いてしまって(;^ω^)

そして、Jminorさんも張りたてより少し落ち着いた方が
良い感じに思われるんですね。
昔は張りたてのキラキラした音が良いと思ってたんですが
年と共に?落ち着いた音が良いなぁと

エリクサーは7か月でというより、巻弦が毛羽立ってきたら
替え時かもしれませんね^^


Posted by アラフィフおやじ at 2019年11月07日 13:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ