2019年03月05日

江坂巡礼の旅 その3

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は日差しが春ですね
ギターを弾くにはいい季節♪

さて、鉄弦の続きです
興味のある方は続いてお付き合いくださいませ。

まず最初に今回ブログに書かせてもらう
ルカ・カンテリとサンタクルーズFSの音を
UPしてみますので気になる方はお聞きください。

最初がルカさん後がサンタクルーズです
ルカさんの音の抜けとバランス、
サンタクルーズはトラゴッド在籍時に彼が完成させた
FSの音、特に巻弦を意識的に聞いてもらうと違いを感じてもらえるかも^^
演奏は池ちゃん、薬指の爪が割れて1弦の音が上手く出せない!と言ってるのに
無理やり弾いてもらいましたm(__)m




Luca Canteri Guitars : The Grand Concert

Luca Canteri.jpg

ルカ・カンテリ
私はこのルシアーさんのことを全く知りませんでした。
新しい海外のルシアーさんがどんどん日本でも活躍されるように
なってきているのを実感するおやじです、
いや、時代に乗り遅れてるだけかも(;^ω^)

ルカさんのことをググってみました
スペインのルシアーさんなのですね
アメリカのギターショーからの日本への導入ってことでしょうか

このギターは先般、ギタ友の池ちゃんがいるかさんで弾いて
おやじさん、むっちゃ良いギターありました!と興奮気味に勧めてくれた個体
調整のためにしばらく店頭になかったのですが、ちょうど戻ってきていて
弾くことができました!

おやじの感想として、お!これ今までないサウンドかも!と
アメリカンな鉄弦の音でもなく、ヨーロピアンな甘いサウンドでもなく
スペイン人の感情的というか陽気で明るいというか
そんな風をまとっているような響きに感じるのです。

そして各弦の抜けがよくてバランスもいい
割合と音が混ざることなく響きおやじには良い印象でした。


ただ、惜しむらくはナットの溝の切り方が1弦について
サイドにより過ぎのため、弦落ちが起こりやすい。
これを手にするなら、まずナットの調整をせねばなりますまい・・・
っておやじが買うわけではないんですが(;^ω^)

SANTA CRUZ FS

SANTA CRUZ  FS.jpg

ご存知の方も多い、サンタクルーズにジェフ・トラゴッドが在籍していた時に
フィンガースタイルに特化して作られたギター
トラゴットの原型だけあって現在のモデルRと似てる(当たり前か^^

そして、そのサウンドはまさにトラゴッド
バランス、出音、粒立ちどれをとっても一流品

特におやじの耳には巻弦の音なんかはトラゴットRの音かも
と錯覚するくらいの響きで思わず長い間弾いてしまいました。

ただ、TOPがシダーでスプルースではないんです
私個人としてシダーの音も良いなとおもうのですが
スプルースよりも若干音のにじみというか雑味とういうか
そんな感じを受けなくもないですが、それでもそんなことよりも
この音もう最高級コニャック?のような余韻が漂いますよね(o^―^o)

では、次回はいよいよナイロン弦へ突入です












posted by アラフィフおやじ at 13:25| Comment(2) | 楽器店巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アラフィフおやじさん
こんにちは。

イルカさんで録音とは凄い(°_°)

自分はサンタさんの方が好みの音でした。
ルカさんはまだ若い音って感じなので
まだまだ逆転のチャンスはあるかもって思いもしましたが、
トラゴットの名前に一票です。

Posted by しばしば at 2019年03月05日 19:22
しばしばさん

こんにちは!

いるかさんで録音(;^ω^)
何だかいつも勝手させてもらって
申し訳ないことだと(たまたまこの日は混雑してなかったので^^

しばしばさんはサンタの音がこの録音の音では
好みかなと思ってもらえたのですね!

ルカさんの音、やはり陽気で明るい音
少し渋さがあるのはサンタの方かもしれませんね!

サンタはノンスキャロップなので3年5年と経つと
どんどん音がよくなるかと思います。

いいなぁサンタクルーズFS♪

Posted by アラフィフおやじ at 2019年03月06日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ