2019年02月22日

ギターの良い音って「好き」か「嫌い」で決まる!「よう知らんけど」(笑

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日、TVを見ていて大阪人は話の最後に
「知らんけど」を付けるっていう話をしてました。

ま、知らんのに言うなってご意見もわかりますが
「知らんけど」にそんな深い意味はないんですよね^^

さて、先日書いたJeff Traugott Model-R Cutaway
について、ギターつながりのある「しばしばさん」が
日記に書かれていて、音の好みが近しい方だと
うれしくもあり、安心もしたのでした。

しばしばさんのブログはこちらから
↓ ↓ ↓
「ゆっくりアコギでも」

そんなある日、またギターつながりの「zizi」さんが
ギターの聞き比べをUPさていて、
そのブログの内容もとても興味深いものでした。

ziziさんのブログ
↓ ↓ ↓

「ギターでハッピー」

>音の善し悪しを左右するのはギター自体よりも弾き手の技量である
という件には、そうなのよねぇと頷いてしまったり^^

だからそれなりのギターを持つのだったら
それ相応に技量をUPさせないとといけない
と思うものの、思うだけでじじいは一向に・・(;^ω^)


アコギの音はこんな感じが好きなんだよねというのは、
その人が経験してきたことに左右される?のかもと

若いころに聞きてきた音楽は結構年齢を重ねても
脳の奥深くに刻まれているのかもしれません。

ただ、私個人としては、以前にも書いているかもしれませんが、
何故かアメリカンサウンドよりもヨーロピアンサウンドの方が好みでして
倍音豊かなゴージャスサウンドよりも
基音が明確で各弦の音が明瞭にわかる音を好むのです。

だからでしょう、先日も書きました
Jeff Traugott Model-R Cutawayのサウンドは
何度聞いても良いなぁ〜と思うわけです。

traugott_r_cut_7928_sp.jpg



古川さんの演奏とも相まって、この演奏を聴くと
まさにギターってオーケストラだなぁ〜と。

これって好きな音はこれ!という好みの世界の話ですよね
私はこの音好みじゃないわと思われる方もおられるでしょう

あくまでも好みの音かそうでないかというだけで
このギターの音が良いか悪いかとは別の話ですもんね^^

ちなみに、辺境のじじいの勝手気ままなブログを
見て下さる方ならご存知とおもいますが
いるかさんのようつべのページでいろんなギターの
音色を聞くことができます。

是非、あなたの好みのギターのサウンドはこれだ!
っていうのを教えてくださいませ。

「Dolphin Guitars」
















posted by アラフィフおやじ at 14:37| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじさん、こんにちは。

流石に Jeff Traugott レベルになると間違っても触手が動かない価格なんで助かります(笑)。
先日紹介された FIELDS のギターは、ぎりぎり年金で手が届く価格だけに困りますね。

じつはドルフィン(大阪店)で S-32J が 648,000円で売っていることを知りました。
つまり FIELDS のギターと同価格です。

2つとも東京店に引いてもらう勇気など、ありません。
そんなことをすると、必ずどっちかは買わなければならない雰囲気になりそうだからです(爆)。

どちらも弾けるおやじさんがうらやましいですが、おやじさんは実際に FIELDS のギターを弾いたことがあるのですか?
おやじさんが弾いて弾きやすかったのなら、即買ってしまいそう(笑)。
Posted by J minor at 2019年02月23日 09:21
J-minorさん
こんにちは!
フィールズのギター 価格的に(^▽^)/かなと^^
でも、フィールズのナイロン弦は実は弾いたことがない
というか、基本鉄弦しか見たことがなかったというほうが
答えになるかもしれません。

鉄弦は製作者さんが今の方ではなくて、その前の人のを弾いて
これは!と思ったのでオフ会の時にそんな話をしておりますと
ギタ友さんのKさんがそれを買われてじっくりひかせてもらいました。

ですので、今のフィールズのことを自分の経験でお話できないのが
残念ですが、ナイロン弦はもっとわからなくてスミマセンm(__)m

そこで少しこのFieldsのナイロン弦についてしらべてみました。
そうすると吉田さんに向けたナイロン弦のギターについて、
Fieldsのヒロさんが書いているのに出会いました。
https://hirotopics.exblog.jp/14951989/

このことから、J-minorさんが求めている方向とは少し違うかな?と
そうすると鳴りの良さを求めたナイロン弦ならJ-minorさんに合うのは
LOWDEN : S-32J になるのかなぁと思います(^▽^)/

LOWDEN : S-32Jは生音でとても魅力的、以前にナイロン弦のカッタウェイ
を考えていた時にローデンが一番いいかなとおもっておりました^^

Posted by アラフィフおやじ at 2019年02月23日 11:08
そうでしたか。ナイロン弦は弾いたことがないのですね。
ちょっと残念です。
もしそっちのいるかさんに遊びにいくようなことがあったら是非試奏してみてください♪

で、S-32J の生音はとても魅力的ですか。ううむ。
あとはネックですね。
それにしてもいるかさんのだけ43,200円も安いのが不思議です。
Posted by J minor at 2019年02月23日 11:52
J-minorさん

すみません、ナイロン弦弾いたことないのに
おすすめしてしまって。
ただ、Fieldsのコンセプトとして弾きやすく
音にもこだわりのあるメーカーさんだけに
めったと出ないナイロン弦もいいのでは?と思った次第です。

いるかさんに出向くことがあれば、Fieldsのナイロン弦弾いてみます
でも、お持ちのクラギ以上に音の良さを求めるとヒロさんが書かれているように
違うのかもしれませんね^^
Posted by アラフィフおやじ at 2019年02月23日 12:41
アラフィフおやじさん
こんにちは^_^

ギターの音は難しいのですが
良いギターの中で好き嫌いがあるのが普通かなと思っています。

自分はずっと弾語りだったので、マーチンメインで
マーチンこそ最高だと信じ切っていたのですが、
あるショップでそのギターのことを知り衝撃を受けてから
ギターの見方が変わってしまいました。
マーチンのコピーみたいなそれも同じ材なら
マーチンの倍以上の価格のギターを初めて弾いた時に
アコギってこんなに凄いものだったのだと
アコギへの基準がすっかり変わってしまったのです。
それがコリングスやメリルだったのです。

今は名前の知らない人が作ってるギターの購入は無いですね。
マーチンのカスタムショップ製でさえ誰が作ってるか名前さえ分からないのですからね。

かなり脱線してしまいましたが
イルカさんの動画を見たら
やっぱりコリングスや杉田さんのギターに惹かれてしまいます。
あとはサンタクルーズや数名のルシアーさんですかね。

自分が委託にだしたギターも4本、イルカさんのYouTubeに載せてもらっていますが
プロに弾いてもらえ懐かしく聴いています。

ちょっとご相談があり、メールいただけたら幸いです。
Posted by しばしば at 2019年02月24日 10:43
しばしばさん
こんにちは!
そうでした、しばしばさんは弾き語りからギターに
入られたのですよね!
このことは、私と同じでその中でもマーチンに強い
思い入れをお持ちだったことも同じだなと。
私が学生の頃でしたので、あの頃はマーチン以外だと
ギブソンとギルドあたりでした。
コリングスもメリルも素晴らしいく今ではマーチンより・・
と思うんですが、二つとも私の学生時代にはまだ誕生していなくて(;^ω^)
いまでは、マーチンを買うならたぶんですがオーセンティックくらいかと^^

そして、杉田さんのギター 私もあのサウンドはルシアーさんの中でも
一つの世界観を作り上げられたギターだなとおもっております!

ギターサウンドの好みがしばしばさんと同じ方向なのだなと
なにかうれしく思っております。

これからもよろしくお願いします(^▽^)/
Posted by アラフィフおやじ at 2019年02月25日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ