2018年12月07日

Ken Oya Guitar への思い (前編)

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

今日は長文になりました
その為2部構成で書いてみます。

そして物凄く個人的な意見ばかりの
偏った内容になっているかと思いますが
どうぞご理解の上お付き合いくだされば
ありがたく思います。

DSC09619.JPG

私の手元にある大屋氏製作のギターについて
ことさら細かに書くことはなかったのです。

大屋さんのギターはオーダーを受けて
その人が望む音になるように作る完全受注生産の為
一般に楽器店に並ぶことがありません。

その為、名前は知っていても見たことも触ったこともない
という方が多いのではないでしょうか

どのギター(ファクトリーでもルシアーでも)を選び
気に入るかは人それぞれでどのギターが良くて
どのギターがどうだと言うことはありません。

しかし、人は欲しくても手に入り難い物に
特別な気持ちを持つこともあります。

ことさら、私が大屋さんのギターを持ってる!
と書くことが自慢気になるのがどうもしっくりこない
と、そう思っていました。

ギターはあくまで道具です
自分が望むような音で演奏できたら
それはどんなギターでもい良いと思うわけです。

今回の伊藤さんレッスン会でギタ友さんが数十年前に
数万円で購入したヤマキのギターがとてもバランスのいい
きらびやかで聞いていても気持ちのいい音を奏でていました。
弾き手、聞き手のみなさんがステキな音だと

その時に自分が良いと思うギターはどうして
大屋ギターなのだろうとふと考えることになったのです。

ソロギターというジャンルの弾き方でギターを
趣味として楽しむようになって10年近くが経ち
ファクトリーものからルシアーものまでいろいろ
弾かせてもらう機会がありました。

特にルシアーさんのギターはギターフェスなどで
弾かせてもらうことがあるわけですが
みなさんギター作りには一家言あり
ギター製作への思い入れが半端ないなと思うのです。

ただ、ギター製作を生業とすると当然売れないと
生活が成り立たないわけで趣味で作るのとは意味合いが違います。

売れるギターとなるには、プロへのエンドースもあるでしょう
有名楽器店での扱い、各種メディアへの露出などがあって
人気が出て売れて行くのかもしれません。

実際にそれらのギターが自分の望み通りの音を奏でてくれ
自分にとって弾きやすい物か?というと それはまた別で
憧れがあるギターを手にすることが出来たという満足感の方が
強かったように思うのです。

さて、大屋ギター、
これこそが、唯一無二のギターだと
そう思えるのは何故なのか?

次回その真相に迫ってみたいと思います。

続く・・

posted by アラフィフおやじ at 11:47| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササンさん、こんにちは❗

ゾクゾクする内容ですね(^o^)
続きが楽しみで〜す\(^^)/
Posted by ナニワの池ちゃん at 2018年12月07日 12:16
池ちゃん

なんだかね、大屋さんのギターのことを
こんなじじいが書いていいものかどうか(^-^;

でも。やっぱり何か違うと思うのは
ギター製作や音について専門的なことがわからなくても
感じる何かがあるんかなぁと

さて、続きはどうなりますやら^^

Posted by アラフィフおやじ at 2018年12月07日 13:26
えっ驚
わからないというのはほんとに困ったことです

ドレッドが好きなんですというKさんの笑顔が
ドレッドは弾けなかったわたしが弾いてみたら弾ける自分になってた
ここからやまちゃんのマジックが始まってます

ルシアーや年代や材、手入れによって変わる音というのは
分からないんですが、ギター好きな人が自分の価値観や感性で
自分の理想のギターと演奏を追い求めていくこと
そして仲間を大切に思えること

これがササンさんを中心とするオフ会の
素晴らしいところですね^^


続きを待ってます^^
Posted by ayoko at 2018年12月07日 13:45
ayokoさん

こんにちは!

やまちゃん ほんとキラキラサウンドで
とても軽やかそして心地いい響き
いいですよねぇ!お宝ギターでした(^O^)/

大きさも少し小ぶりのドレッド
ayokoさんにも大きすぎないサイズとおもいますヨ

ギターは本人がお気に入りならそれが一番です
他の人が好まなくても本人が気に入っていることが
何より大事なんだと思います^^

私の大屋ギターはどなたかの思い入れが音になった
特別な1本なのですが、その音の出方が自分には
ピッタリ来ていたってことなんでしょうね。

続き、また覗いてみて下さいネ
Posted by アラフィフおやじ at 2018年12月07日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ