2018年10月19日

個人的な雑談

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

今日は個人的な雑談ですみません。
興味のない方はすっ飛ばしてください(^-^;

おやじ、年齢的なこともある?
いやただ単に弾けない乗れないだけで
若者に人気の叩き系、所謂タッピング奏法
なんてことをやってみたいと思わないのです。

何故、人気だし食わず嫌いせず
試してみて楽しむのもいいんではないの?と
思わなくもないのですがどちらかと言うと
しっとり系のコンサバな曲の方に向いてしまう。

話は学生の頃、邦楽、洋楽を問わず聞く機会が
皆さんもあって好みの音楽を聞いておられた
と思うのですが、どんなジャンルがお好み?
だったでしょうか?

ハードロック・ヘヴィメタルを好んだ方も
多くおられるかもしれませんね。

ツェッペリンやクリーム?
え?ディープパープルでしょう!
なんて言われそうかも^^

ちなみに私は邦楽では浜田省吾、村下孝蔵
洋楽ではイーグルスやジャクソンブラウンを
好んで聞いておりました。

イーグルスの「デスペラード」なんかは
今でもソロギターで弾くことがあるのは
思い入れがあったからかもしれません。

考えてみると、ウエストコースト系に
興味があったということかと。

暇に任せて、なけなしのバイト代をはたき
コンサート(今で言うライブ)に出かけて
生の演奏にえらく感動したものでした。

浜省も孝蔵さんもジャクソンブラウンも
ライブを見に出かけました。

特にジャクソンブラウンの大阪公演は
あの頃繰り返し聞いていた「Late For The Sky 」が
生で聞けると胸躍らせたのを今でも覚えております。



出だしのデヴィッド・リンドレーのギターの音色と
フレーズに思わず涙が出そうになったりして^^

まぁ、ウエストコースト系サウンドなんて
なんて軟弱なと思われるかもしれませんが
若い頃に染みついた感覚は年をとっても
やはりそこから抜けることはないのかもしれないと。

そんなこんなで、叩き系の曲を
好まないのかもしれません。

と、まぁ本当に個人的な雑談でしたm(__)m

皆さんは今弾かれてるソロギの曲は
ご自身の経験してきた音楽の歴史に影響されているのでしょうか?



posted by アラフィフおやじ at 13:11| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押尾さん好きですよ。自分で演ろうとはあんまり思いませんが・・・。^^;
叩いて出した音ってあんまり綺麗でないのがやらない理由でもありますけどね。
Posted by よしだ at 2018年10月19日 17:51
アラフィフおやじさん
おはようございます。

叩き系・・・
自分は興味無く弾こうと思いません。
自分は何故か叩き系ってアコギの生音が感じられないのです!

おやじさんは若い時からいろんな曲を聴いてきたのですね。
自分は伊勢正三、天野滋(NSP)、市川善光(とんぼ)などが大好きでした。

ソロギをやり始めたのが3年ほど前なのですが
少しして偶然見たyoutubeで、小松原さんのくじらに出逢い凄く感動しました。
こんなギターの弾き方をし、こんな音を出す人がいたんだと。。。
そして小松原さんのことを調べたところ、大好きだった天野滋さんに繋がったのです。
天野さんがNSP解散後、レコード会社をおこしたばかりの時は、
社長が天野さん、社員が小松原さんだったんだって知りました。
そしてあの大好きな【くじら】が入ったCDは天野さんプロデュースだったことも知り、なんとも言えない気持ちになりました。
そして小松原さんの最新のCD白秋、その中の【白秋の人】って曲は天野さんのことだったってことも・・
天野さんが亡くなって10年以上たっても小松原さんの中で天野さんはしっかり生きているんだなと思うと嬉しいやら悲しいやら複雑な気持ちになります。

おっと、アラフィフおやじさんのブログなのに、コメントじゃなくて自分のブログネタみたいになってしまい失礼しました。
でもそんな気持ちを思い起こさせてくれる、おやじさんのブログ素敵です^_^




Posted by しばしば at 2018年10月20日 07:12
よしださん

こんにちは!

押尾さんの曲は「風の詩」だけ練習しました^^
はい、叩き系でない曲なので(笑

叩き系の音楽はエンターテイメントとして
楽しむ分にはいいなぁと思うんですが
よしださんとおなじく自分で弾こうとは思わなくて。

確かに叩いた音は美しい音というよりも
インパクトのある音かなと思います。

これ、まぁ人それぞれですものね
好き嫌いは^^
Posted by アラフィフおやじ at 2018年10月20日 10:10
しばしばさん

こんにちは!

しばしばさんも叩き系ではない方向なんですね!

私も中学時代、正やん、NSP、とんぼ聞きました(^O^)/
みんな懐かしいです!

しばしばさんのソロギの出会いがコマンチさんの
くじらでしたか!
くじらに影響される方結構おられますね
こちらのオフ会参加者さんもくじらに影響されて
ながらく練習されている方おられます。

なんとも雄大で海の中を悠々と泳ぐ様が
曲から伝わってきて、すこしもの悲しさもかんじる
素敵な曲ですよね。

コマンチさん、NSPの天野さんの事務所に
おられたこと私も最近何かで読んで
そんなつながりがあったのだなぁと
お持っていたところなんです(奇遇

NSPと言えば私は「弥生つめたい雨」が
思いで深くて今でも口ずさめます^^
Posted by アラフィフおやじ at 2018年10月20日 10:19
オヤジ様

"若者に人気の叩き系、所謂タッピング奏法"とは何のことかと思うほど
高齢者には程遠い世界のようです。

小学生の頃歌うことにダメ出しを受けた後は独りで聴くことだけを楽し
んできました。そんな中で出会ったクラシックギターは自分でも好きな音色を出すことの出来る手段と知りました。

亡くなってから知ったテレサテンの歌声、オヤジさんに紹介された村下
孝蔵と叩き系でない曲?を聴いています。

クラシックギターも同様な感傷をそそる楽器で今はその音色を毎日聴い
て愉しんでいる古い人間になっています。
Posted by at 2018年10月21日 09:22
Tommyさん?かな

こんには!

クラギにはタッピングもウエスタングリップも
無い世界なのでわかりにくいワードで申し訳ありません(^^;

ギターは本当に歌ってくれますよね
自分の代わりに歌ってくれる素敵な楽器だと思います。

私もTommyさんより若いのですが
それでも結構昭和の世界で歌モノを聞いてきた世代
昔の歌謡曲の方がしっくりきたりします^^

ギターの音は心を癒してくれる
自分の好きな音のギターだと最高ですものね。

Tommyさんの演奏を聞かせてもらう日が来るのを
楽しみにしております。
Posted by アラフィフおやじ at 2018年10月21日 22:56
さすがアラフィフさん、Tommyさんって、わかったのはすごい。
いつもお世話になっております^^
はい、長年「くじら」にとりついて
振り落とされないように アップアップ頑張っております^^

ギターに限らないんでしょうけど、自分の歴史というか来し方での進路や傾向がありますよね〜。新しい好みに気が付いたと思ったら実は30年前40年前に感銘を受けたものと自覚なかったものの呼び起こされただったり。


今回のオフではそういうことを気付かせていただきました
確かに歩みは遅い。でも、自分がここにある。それが幸せです
Posted by ayoko at 2018年10月22日 11:46
ayokoさん

こんにちは!

ayokoさんと言えばくじらの印象あります
大切に弾いてこられた曲 思い入れもひとしおでしょう

音楽の中の好みはやはり若かりし感性の豊かな頃に
聞いたり体験したことがバックボーンになるのは
間違いないような気がします。

オフ会 いつも気づきがあって楽しいですよね!

Posted by アラフィフおやじ at 2018年10月22日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ