2018年07月23日

葉音でオフ会(Oyaギターのサウンドは感動の涙まで・・・)

ソロギ好きの皆さん
こんにちは、おやじです。

いやぁ毎日この暑さはどうしたものでしょう
暑さで何もやる気がおこらない!
あなたもそう思いますか?^^

さて、こんな暑い中ですが、昨日はオフ会でした。

ここ数年、親しかったギター仲間さんとの
別れがあったり病に苦しまれたりと
寂しい状況下にあったおやじが参加させてもらっている
オフ会でしたが、いつまでも悲しんでいてもダメだ

ソロギを楽しむ気持ちは大事にしたい
そう思って前を向いてオフ会を開催することに。

これからは、毎月定例開催とすることを決めました。

会ではギター(ソロギ)を始めてみたいなと思う人を
サポートさせてもらうことも決めまして
ソロギの楽しさを感じてもらいながらすそ野が広がればと思います。

昨日は、池ちゃんと2人の葉音さんでのオフ会
池ちゃんのOyaギターJモデルと私のOyaギターFモデルの
音を楽しむ会となりました。

池ちゃんの手にあるOyaギターはohtaさんから受け継いだものです。
大屋建さんがJ(ジャンボ)タイプのプロトタイプとして作られた1本

222635-1.jpg

写真の右のです

このギターはプロギタリスト伊藤賢一さんが「丘を越えて」のレコーディングで
使われたギターになります。

では、サウンドをどうぞ 音源の曲は「花」ですので
オープンチューニングのためレギュラーの響きとは
すこし違いがあるかもしれませんが^^

最初がJタイプ後がFタイプです
Jの方がふくよかに響きも深い
演奏は池ちゃん、いい感じで弾いてるなぁ・・

Fの方はサイズが小さい分跳ね返りが早い
おやじのはどうも今ひとつだわなぁ・・

ともあれ、その人のタッチがそのまま音になるので
それぞれのピッキングがこの音になってるってことでしょうか

さて、特徴がわかる音になっているでしょうか?




Oyaさんのギターは倍音が拡散してぼやけることなく
最後まで基音が届いてくるからこそ
見事に分離された和音を奏でるのだと思う。

まさに唯一無二のサウンドを奏でるギター

オフ会の会場である葉音さんのオーナーさんが
このOyaギターの演奏を聞いてその音に涙された。

恵も言われぬ音の一体感、まさにオーケストラのような
音の響きに感動されたとのこと。

今まで、いろんなギターサウンドを聞いてこられた
オーナーがここまで感動されたギターはOyaギター以外に
なかったことを思うと、そのポテンシャルに
今更ながら驚きと感動を禁じ得ない。

ohtaさん、このOyaギターまだまだ育っていくよ!



posted by アラフィフおやじ at 11:52| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
贅沢なオフ会でしたね。至福のひとときかと想像します。

毎月開催予定との事で、機会が合えば参加させてください。
Posted by mifu at 2018年07月23日 15:05
mifuさん

ご無沙汰しております

今回から開催のオフ会、ある意味なんと贅沢な
時間だったのかと思います。

これから毎月贅沢を味わえると思うと
ワクワクしている所です(^O^)/

基本、毎月日曜になるかと思いますが
また告知をさせて頂きますのでタイミングが合う時が
ありましたら是非よろしくお願いしますm(__)m

Posted by アラフィフおやじ at 2018年07月23日 15:24
ササンさん、こんにちは!
そして昨日はお世話になりました(^o^)

otaさんのOya Guitar 、大切に繋いでいきます(^_^ゞ
まだまだ、このGuitarの一番いいところを探り探りのピッキングですが、少しずつでも時間が解決してくれると信じて、奏でていこうかと(^_^ゞ

今後も、宜しくお願いしますm(_ _)m
Posted by ナニワの池ちゃん at 2018年07月23日 15:44
池ちゃん

お疲れ様でした!

いやぁ、ほんとかのOyaギター素晴らしいですねぇ
私のは少し明るめ、池ちゃんのは少しダーク目
あのダーク目のサウンドがグッとくるんでしょうね

暫く弾き込むと、いつの間にか池ちゃんの音に
なっていくんだろうなぁとワクワクさんです(^O^)/

Posted by アラフィフおやじ at 2018年07月23日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ