2018年04月28日

昔憧れた音に近づきたい

ソロギ好きのみなさん
こんにちは!おやじです。

世間はGW突入、長い人で9連休
ウラヤマシイ限り

さて、今日はほとんど愚痴にちかいかも(^-^;

お暇な方がおられたらお付き合いください。

o0411041313880735219.jpg

ソロギを弾き始めた頃、どうしもて出せない音があった
知識も経験もないのだから仕方ない。

どう弾けばどんな音が出せるのか、知らないと当然その音は出せない。
その仕組みがわかってもそのように弾ける経験値がないと弾けない。

〇 弦に対してどの位置からどの角度で指が入ればいいのか
〇 指先が弦に対して深くかかった場合と浅くかかった場合の対処の仕方
〇 指をどの関節を支点に動かすか
〇 同一弦でも出したい音で弾く指を替える弾き方

書き出すとキリがないし、いちいちそんなことを気にしても弾けない
体がそう弾くことを察知して勝手にしてくれるまでには時間がかかる。

鉄弦のソロギ教室自体少ないのだけれど、
そこに通えたとして弾きたい曲の弾き方は教えてくれても
ピッキングの肝の部分を教えてくれる所は少ない。

だって基礎の部分ってつまらないし面倒くさい

そんなことより、この曲を弾きたいんだ!って
そう思って教室に通うんだろうし・・・


駄菓子菓子、本当は右手のピッキングと左手の押弦の基礎は
何より大事だと今頃思う(情けない

一方、音の加工というのも鉄弦のソロギでは結構大事だったりする。

実際に録音した音をあれこれと触ると、思いのほか良いじゃん!という音に
なったりするものである^^

しかし加工するといってもそれなりに加工の知識がないとできない。
ギターを弾くのと同じで独学だと結構時間がかかるだろう。

加工については当然、機材が必要になるわけで
どの機材がどうだと言うのを知らないと
何を買ってどう使えばいいかもわからない。

そんなこんなで、結局 録音したままの音で出したい音が
出せているかを試行錯誤するここ1,2年だった(今更・・・

以前は良いと評価されるギター本体を持つことで出したい音がだせるかも
と次から次とギターを買ていたが、結局、自分が思う音は出せなかった。

ギター本体のポテンシャルは確かにとても大事なのだけれど
それを弾きこなせる力こそ一番大事なのだ。

さて、訳の分からないことを書いてみたが
私がソロギを弾き始めた憧れた音がある。
Aさんと言う人が弾いたわたなべゆうさんアレンジの
「青春の輝き」だった。

この方のブログはすでに閉鎖になっているので聞くことができないので
言葉では分からないかと触りだけ・・




低音から高音までの音の太さ、粒のそろった音、主旋律の歌うような出音
今なら原音に加工を施されていることで音圧もありリバーブ感も
個人的に良いなと思える音になっているのもわかる。

ただ原音が力足らずならどれだけ加工してもこの音にはならないのだが。

ゆうさんご本人の演奏はこちら


憧れの音に到達するのは、どれだけ懸命に練習しても、
その練習が間違えていたら努力は実を結ばない。

正しく弦をピッキングするとはどういうことなのかを知って
その上で練習と経験を積むことが何より大事になる。

その為にはプロの指導を受けるのが一番近道なのだけれど
ギターを鳴らす基礎はクラギの教室になるのかもしれない。

自分自身を振り返ってもクラギ教室に通う気にもなれなかったし
もし教室で習った基礎練習をひたすらするなんて出来ないだろうなぁ
自堕落なおやじには(^-^;

だから、自分が思っている音を出せるまで長い時間がかかってしまった
でも、まぁ 個人で楽しむソロギならそれでも良いのかもしれないのだが^^
と適当な理由を付けて誤魔化すのである^^

憧れの音に近づきたいとおもって日々練習されている方は
ぜひ、正しいピッキングと押弦を早めに手に入れることをお薦めしたい。

自分の基礎力をUPすることが上達の一番の近道だと思う。
そんなことを書きながら、これ、学生の時の勉強パターンと同じかもと
ふと何十年も前の学生時代を思い出す。

基礎をおろそかにしたおやじは結局、勉強でも難儀したのである(^-^;

あぁ、暇に任せて支離滅裂な文章を羅列してしまいました。
でも、どなたかが、そうか基礎が大事なんだと感じられて右手を
鍛えて行かれたなら憧れの音を自身の右手が奏でる日が近づくかもしれません。

ま、素人おやじのたわごとですが(^-^;








posted by アラフィフおやじ at 13:39| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

弾き手のタッチは千差万別でそれが個性
になってるのかな〜と思います。
僕も自己流派ですが、弾く時はいつも
どうすれば好い音が出るのか試行錯誤
してます、中々上手くいきませんが。。
青春の輝き
ステキなこの曲を暗譜しようと決めた時は
いつになったら弾ける様になるのかと
思ってましたが、反復練習してるうちに
何となく弾けるようになりました笑
原曲に忠実な わたなべゆう さんの
アレンジですが、採譜された よっさん@アコギさん
には今もって感謝してます♪
Posted by Toki at 2018年04月28日 14:16
Tokiさん

こんにちは!

タッチは、はい、まさに千差万別でその人だけの弾き方
ありますよね。

指の長さも爪の形も硬さもそれぞれに違うので
同じ弾き方がだれにでも合うかというとそうでもない。

でも、おっしゃるようにどうすればいい音がでるのか
試行錯誤して初めて到達できるところがあると思うのですが
あまりに個性的すぎるピッキングだと??と思う演奏も^^

私もソロギへの入り口からすっかりお世話になった
よっさんには感謝ばかりです。

よっさんの採譜がなければ今弾いている曲の
半分は弾けなかったわけですから。

わたなべゆうさんがおられたからこその出会い
踊り子の唄は今でも一番大事な曲です!

U-Tabのお陰ですね(^O^)/




Posted by アラフィフおやじ at 2018年04月28日 14:54
お早うございます。

自分の音色を響かせることが出来ると最高な気分になれるでしょうね。
退職して五年、月1回のレッスンに通ってきましたが未だに一曲も
まともに弾けずに苦しんでいます。

その間おやじさんに何回となく励まされてきましたが実に情けない。
昨日も新講師に親指矯正の相談でアンドーヴァー方法を試してみては
といわれました。しかし、高齢の身には長期間の挑戦には少々厳しい
ものですね。

そこで出た話は来月から別な矯正法を取り入れて見ようということに
なりました。ギター初心者は相変わらず入口でウロウロしています。

おやじさんのように曲の話が出来る日は訪れるのか、残り時間と相談
しながら妥協を重ねざるを得ないですね。

それでもクラギの音色に惚れこんでいつかを夢見て継続中です。
Posted by Tommy at 2018年04月29日 07:06
Tommyさん

こんにちは、昨日は私花をみつけに金剛山という山に
でかけておりました。ニリンソウの群生がすばらしかったです!

私個人の思いなので申し訳ないのですがTommyさんには
一度お好きな曲をできる出来ないにかかわらずチャレンジ
してみてはいかがでしょうか。
確かにトレモロ曲は難しいかもしれませんがその前に1曲
練習曲よりも好きな曲を1つでも弾けるというのは楽しいと思うんですが・・

完璧をめざすより7割方の演奏を楽しむというのも趣味の世界なら
許されるように思うのは私だけでしょうか^^
Posted by アラフィフおやじ at 2018年04月30日 16:21
基礎も大切ですが、応用も大切ですね^^
人間には「個体差」ってあるので、指の形も千差万別、基礎というか「コツ」を会得したら
あとは自分流にすればいいと思います。
それと近々私もブログの題材にしようかと思ってますが「部屋で弾かずに、広い反響音のない空間や外で弾く」と、上達への道+ギターの鳴りも増す、という暴論を持ってます(笑)
もし記事を見つけたら読んでやってくださいね^^
Posted by JIN at 2018年05月01日 10:26
JINさん

こんにちは!

基礎、そうですねぇ コツと言った方がいいかも
基本的なと言う方がいい?^^

押弦の時の指の使い形とか、肘の返しでの指の開き方とか
右手の指先の弾弦のタッチの仕方などの基本的なこと
それを上手く使えるようになるコツみたいなのを会得すると
後はその人の弾きやすいように応用すればいいかと思います。

基礎、基本的なことを知らずに応用は難しいかなぁと^^

外で弾く そういえば屋外で弾いたの随分前になります
JINさんの記事楽しみにしております(^O^)/
Posted by アラフィフおやじ at 2018年05月01日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ