2018年03月10日

良い音だなぁと思うギターって?

ソロギ好きの皆さん
こんにちは、おやじです。

ソロギを弾く用にギターを調達しよう!と
思い立って楽器店でWEBで物色している時って楽しいですよね!

最後に買うと決断する時に、では何で選ぶかは
自分がギターに求めるもので変わってくるのでしょうね。

その中で、ギターの音色でという人もおられると思います。

ギターの音色については、それぞれのギターの音
と言うのがあるわけですが、こればかりは実際に弾いてみて
自分の耳で感じて覚えていかないと言葉で表すのは難しいですよね。

良い音というのは人それぞれの感じ方があるので
これが良い音です!というのが難しい・・・

勢い、高額なギターやプロの方が使っているギターが
良い音のギターかもしれないと思う人もおられる?かも

おやじの演奏で申し訳ないのですがちょっと聞いてみてください。



特段悪い音って言う訳でもないかと思います。
逆にそれなりに聞こえる?

ちなみに、表題通りこのギターはテイラーのGSminiです
ええ、ミニギターです^^レギュラーサイズではありません
そして録画はiponeで撮ったままですから加工された音でもありません。

個人的には和音の響きも主旋律の音もそれなりに主張してるし
ソロギを弾いても過不足ない良い音の様に思うんですよ。

で、このGSmini、USEDで大体5万くらいでしょうか。
5万でこの音なら ネ (^O^)/

ただ、このGSminiのネック巾は43oですから
ソロギ用にはちと狭いかもしれませんが^^

で、今日のお話は良い音のギターっていろいろあって
決して値段だけでもないのかもしれないということでした。

ルシアーものだからファクトリーものだからとか
高価なギターだからとかあのプロが使っているから
という先入観念をもたずギター耳を育てるのをお薦めしたいと。

心臓がドキドキするほどの好みの音のギターにであえたら
それはそれは天にも昇る思いになるでしょうから。
posted by アラフィフおやじ at 14:54| Comment(6) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじさん、こんにちは。

> このギターはテイラーのGSminiです

いやもう、十分いい音に感じられますよ♪

> 良い音というのは人それぞれの感じ方があるので
> これが良い音です!というのが難しい・・・

本当にそう思います。
また、私にとってのいい音が何なのか、まだ正確には分からないでいます。

> ルシアーものだからファクトリーものだからとか
> 高価なギターだからとかあのプロが使っているから
> という先入観念をもたずギター耳を育てるのをお薦めしたいと。

これがまた難しいんですよねえ。
とにかく沢山弾いて、耳を鍛えるしかないんでしょうね。
Posted by J minor at 2018年03月10日 19:24
ギター音色は他のいかなる楽器より素敵な音色に聞こえる私です。

それがベースになっているせいかギターを弾けるようになりたい
その一心で定年退職後高齢で始めた万年初心者です。

先日のナイロン弦と鉄弦の違いの記事ではBOSEのスピーカで聴いた
のですが、やはり高齢難聴の耳には補聴器をつけても聴き分けは難しい
のが現実でした。

そこで今日は補聴器をクリーニングしてもらい、音源もおやじさん
お勧めの「コルドバ&Oya」で聴いてみました。

前回との違いがクリアになりました。犬の見栄えに例えればトリミング
した犬とトリミング前の違いのようですね。どちらが好きかは好みに
なりそうです。

しかし、もう一つのタスク、鉄源アコギとナイロン弦クラギの違いは
まだ残っています。

最近もてはやされているアナログ録音のレコードかそれともデジタル
録音のCDか、はては鉄源アコギかナイロン弦クラギかそれが出来るの
はおやじさんだけでは・・・・
Posted by Tommy at 2018年03月10日 21:52
J-minorさん

GSminiも十分に良い音とのコメントに
ですよね〜と私も思っております(^▽^)/

でも、普段に弾こうとはおもわないですが^^
43mmは狭くて指が上手く押さえられなくて

良い音については、その音が好きか嫌いかなのかもしれませんね。
ある人には良い音でもある人にはしっくりこないってことが
結構あるみたに感じております。

急ぎ買ってしまったギターについては、自分ごとですが
結局売却してしまっておりました。

本当に好きな音をみつけるには時間がかかるかもしれないですね・・

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月11日 00:11
Tommyさん

補聴器までクリーニングして頂いて聞いてもらったのですね!
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。

でも、なんとなく違いが分かっていただけたのなら
嬉しく思います。

音というのは微妙なものなのでしょうね

ナイロン弦と鉄弦 この二つを見事に使い分けておらるのは
伊藤賢一さんではないでしょうか。

私は伊藤さんの一番新しいアルバムを聞くにつけ
本当にスゴイなぁとおもっております。

機会があれば是非きいてみてくださいませ。
http://kenichi-ito.com/

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月11日 00:16
先日は、ありがとうございました。
久しぶりに高揚いたしました 笑

いい音だなぁ〜  ですね^^
私感ですが、まずは、いい音がでるように
弾いてあげないといけないなと思います。
それは、右手の弦の弾き方にはじまり
構え方がちゃんとしてないと
ギター本来の音が出てこないと思います。
それが出来るようになると、ギターの出音の傾向や
ポテンシャルが分かるようになっていくと思います。
後は自分の好みに合ったギターを選ぶ事でしょうか。
あ、弾き易さは絶対条件で・・

僕はまだまだ修行の身ですが、、
そのギターの持っているポテンシャルを
見抜く力はつけておきたいですよね^^




Posted by Toki at 2018年03月11日 10:47
Tokiさん

>先日は、ありがとうございました

こちらこそありがとうございました!
すばらしいギターGetのご報告にワクワクしました(^▽^)/

>右手の弦の弾き方にはじまり構え方がちゃんとしてないと
>ギター本来の音が出てこない

はい、まさにその通りだと思います!

>それが出来るようになると、ギターの出音の傾向や
>ポテンシャルが分かるようになっていくと思います

きちんとギターを鳴らせてはじめてそれぞれのギターの
もつ音の方向性がわかるようになりますよね。

どれだけすばらしいギターを手にしても、そのギターのもつ
力を引き出せないとまた次のギターを探してしまう。


結局自分の演奏力を高めないと何ともならないことを
私も知りつつある状態です(^^;


もちろんコレクターの方はその限りでない人もおられるとは思いますが。


Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月11日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ