2018年03月09日

Cordoba C5とKenOya F

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

こないだ、主旋律云々と書いて音の違いをとブログを書いてみましたが、
鉄弦の特に高音弦の音については年齢的に聞こえにくくなる周波数もあり
違いがよくわからない・・とコメントを頂きました。

音源がMP3っていうのもあるけど、それよりおやじの演奏に問題ありかも(^-^;

そこで、ナイロン弦と鉄弦なら違いがわかるかもということで
ちょっと録音してみました。この音なら違いがわかるでしょうか?

「TheWaterIsWide」を前半 ナイロン弦で後半 鉄弦で弾いてみました。
ナイロン弦はコルドバC5のエレガットとスパニッシュ系の廉価版

tbedcbzbc23v0cakavmt.jpg

本当はドイツ系のクラシックギターで弾けばいいんでしょうが
とてもおやじが買える価格でもないですし(^-^;
買ったとしても豚に真珠、猫に小判ですが^^

鉄弦は大屋さんのFメイプル
こちらは間違いなく鉄弦の一級品

DSC070802028229.JPG

明らかに音の違いがわかってもらえるかも?

Bossの録音機で録ったまま加工していない音なので
デジタルの音ですが生音に近いとおもうのですが・・

鼻息が気になりますが、そこは目をつぶってもらって(^-^;




MP3ではどうもと思ったのでサウンドクラウドにUPしてみました。
ん〜やっぱり音が違うよねぇ〜
    ↓ ↓ ↓ ↓
https://soundcloud.com/sasun/oya


posted by アラフィフおやじ at 11:23| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじさん、こんにちは。

おやじさんが弾くとコルドバも大屋ギターも、どっちもいい音に聞こえてしまったりしてね♪

やっぱギターよりも腕の差が一番大事だなあ・・・と、あらためて思ってしまった。

それなのにこっちは高額ギターの話を書いていたりして。
反省。

ちなみに指先が弱いからと、Martin のシルク&スティール弦 M130 をつけているのですが、やっぱ物足りない感じもありますね。ふにゃふにゃしてて。

やっぱおやじさんが以前おっしゃっていたように、ライト弦にして半音下げチューニングあたりでやるのが一番いいかも・・・ですね。
Posted by J minor at 2018年03月09日 19:40
J-minorさん

>おやじさんが弾くとコルドバも大屋ギターも、どっちもいい音に聞こえてしまったりしてね

いやいや、それはきっと思い込みかと(^^;

私は昔から言ってるみたいにJ-minorさんのタッチ好きです(^▽^)/

で、テンションがきつめの時ですが、半音下げるのは
ひとつの手としていいと思うんですが、最近思うのは
正しく構えて正しく押弦すると思いのほか力を入れなくても
楽に弾けるのだなぁと思っております^^

ということで、最近半音下げはしてないんですヨ
Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月09日 22:23
おはようございます。

鉄弦をナイロン弦に変えて弾いていただいたとのことですが、
残念なことに私の耳では5回ほど繰り返し聴いたにも関わらず
その違いが全く分かりませんでした。

やはり高齢難聴の耳には補聴器をつけても聴き分けは難しい
のが現実のようです。

しかし、いずれも耳に心地よい演奏でした。
ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2018年03月10日 08:00
おはようございます^^

やはり鉄弦の方が私にはしっくりきますね
大屋ギター、私も弾いてみたくなりました!
Posted by JIN at 2018年03月10日 08:19
Tommyさん

こんにちは!

>残念なことに私の耳では5回ほど繰り返し聴いたにも関わらず
その違いが全く分かりませんでした。

お〜 そうでしたか・・・

文中の最後 ▶マークの付いてるところを押して
再生してもらったかとおもうのですが、
一番下にURLを記している所をクリックしてもらうとサウンドクラウド
というwebページに行きます。
ここで「コルドバ&Oya」という所の音源を再生してもらうと
もしかしたらもう少しわかりやすいかもしれません。

ブログ中にアップロードされているのは元音源を圧縮したもので
高音と低音の部分をカットされてしまいます。

サウンドクラウドの音源は圧縮する前の元音源なので
音の輪郭もメリハリがついて聞きやすいかと思います。

で、できましたらパソコンのスピーカーでなくてヘッドフォンで
聞いて頂けたらと思います。

お手数おかけしますが一度ためしてくださいませ。
Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月10日 10:17
JINさん

コルドバC5は廉価版のエレアコのため
そのサウンドは単音弾きには物足りない所があります^^

ドイツのハウザーやスペインのトーレスのような名器なら
クラギの良きサウンドが聞けるのかもしれませんが・・(^-^;

JINさんは鉄弦派ですね(^O^)/
大屋さんのギターも荻野さんやバーコイッツ氏と同じように
その人独特のサウンドを奏でるので好みに合えば引かれますよね。

私のはメイプルですがローズウッド材のサウンドもグッときます。

なかなか出会いのないギターかもしれませんが
チャンスがあれば是非弾いてみてください♪

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月10日 10:25
 3/25にフィンガーピッキング祭りというマニアックなライブに出る予定なんですが、今回は演奏する曲にあわせて Cordobaのガットギターを使う予定です(前回は、Fyldeを用いて、すべてアイリッシュチューン、しかも日本ではあまり有名でない曲ばっか・・)。

 で、最近、ガットばっかり弾いてますが、Irishには鉄弦の方がしっくり来ますね
Posted by mifu at 2018年03月21日 08:28
Mifuさん

こんにちは!

25日にフィンガーピッキング祭りというらいぶがあって
演奏されるのですね!Mifuさん熟練の演奏聞かせてくださるから
きっと当日も素敵な演奏されるんだろうなぁ(^O^)

アイリッシュの曲はやはりクラシックの影響を受けていなですものね
どちらかと言うと郷土ダンス音楽?なのかしらと
そうするとナイロン弦よりも鉄弦のほうがしっくりくるんでしょうね。

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月21日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ