2018年03月08日

Fields 00-SC Flamed Maple

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日、ギターつながりの「とき」さんから
自宅で弾いて楽しむ00サイズのギターGetしました!と
ご報告を頂きました。

そのギターはFields 00-SC Flamed Maple
フィールズと言うとご存知の方も多い神戸の
ヒロ・コーポレーションさんの扱いのギターですよね。

私はヒロさんのお店に出向いたことはないのですが
楽器店で弾かせてもらえるチャンスがあったことや
ギタ友さんのかわせみさんがGetされたものを何度も弾かせてもらって
本当に弾き手に無理をさせないギター
まず本体がしっかり仕事をしてくれるギターだと思っていました。

今回ときさんがGetされたのは00サイズの
メイプルのカッタウェイタイプ。

ときさんの所から写真お借りしました。
一番左のギター(真ん中はライブで使われてる鈴川さんので右がローデンでしょうか)
28577290_1050159511788793_2273167368032304570_n.jpg

00サイズというはサイズ的に小ぶりなので音も小さいかというと
決してそんなことは無く、またちょっと弾く時に抱えやすいサイズです。

ただ、00サイズのカッタウェイなのでボディの容積がノンカッタウェイより
狭くなる分低音は少し控えめになるかなとおもっていたらドスンと
太い音を出すとのこと(スゴイ

また、メイプルという材から硬質なサウンドをイメージしがちですが
確かに材の特徴はあるもののギターの作りやTOP板の材との組み合わせで
決して硬い音という印象はありません。

多分、このギターだと思うんですがいるかさんの所に
森川さんの演奏動画がありました。


ギターは自分の演奏スタイルとの相性がピッタリなのをGetできたら
ますますギターライフが充実しますね。
















posted by アラフィフおやじ at 12:00| Comment(16) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いギターですなぁ。^^
Posted by よしだ at 2018年03月08日 17:45
おやじさん こんばんわ
性懲りもなくまた遊びにきました^^
00のギター、私もつい最近ハマってしまいました。
オリジナルインストを弾くときには気合入りますので
大抵バーコヴッツかOGINO guitarなんですが、ちょっとした
空き時間に弾くとか、夜静かに弾く、なんてときにはパッと抱えて
サッと弾けるこの手のギターを重宝してます。
私の00はMartinの00-18で1948年物で、なんとも言えない響きあります。
それで最近はJAZZ風にアレンジした楽譜をゲットして
テンションコードを弾いて自己満足に浸ってます(笑)
ちょうど関口さんというギタリストの方の教則本を手に入れて
ジャズコードと格闘していますが、その相棒に00は一番似合います。
Posted by JIN at 2018年03月08日 20:33
ラインナップが似てて、なんだかうれしいっス!
Posted by mifu at 2018年03月08日 20:37
よしださん

ご無沙汰でございますm(__)m

00サイズのフィールズええですよねぇ♪
Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月09日 10:13
JINさん

こんにちは!

いつもありがとうございます(^O^)/

JINさんも00サイズにはまっておられましたか^^
バーコイッツもOginoも垂涎のギターですが弾くとなると
やはり気合はいりますよね。

その点00サイズの小ぶりのは楽に弾いて楽しめる?
ん〜でもJINさんの48年のマーチン00-18は・・
私的には気合入ってしまうような(^-^;

そしてJINさんジャズも楽しまれてるんですね!
作曲される方はいろんなジャンルの音楽に精通されてる

私は相変わらずギターの音色に癒されたらいいかなぁレベルです^^
Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月09日 10:18
Mifuさん

ご無沙汰しておりますm(__)m

ときさんのラインナップ Mifuさんとニアリーなんですか!
手練れの方のギターラインナップは演奏と息抜きが混在してる
ギターたちってことでしょうか?

いや、そうでなくて フィールズ&ローデンあたりでしょうか?(^O^)

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月09日 10:21
JAZZは「楽しむ」というか、そんなレベルではなく
単に譜面のテンションコードを弾いて「おお!ええなぁ!」と自己満足している
レベルです(笑)

あ、それと闘病中で仕事も少し緩めていて時間が以前よりあるので
おやじさんのブログに励まされて自分もいろいろなんか書いてみようと
ブログ始めてみました^^
https://h-jin.hatenablog.com
よろしければたまに遊びに来てやってくださいね〜^^
Posted by JIN at 2018年03月09日 14:38
 ラインナップが似てるってのは、フィールズとローデンの事です。 
 (鈴川ギターは持ってません)
 フィールズのメイプルと、ローデン(特にシダー)は全く方向の異なった音なので、どちらも演奏するってのは少ないんだろうなあと思っていたもんですから。
Posted by mifu at 2018年03月09日 14:52
JINさん

ジャズをコードからでも楽しめる!良いですね(^O^)/
どうも、ジャズと聞くだけで抵抗感があるのがダメなんでしょうね(^-^;

JINさんもブログはじめられたのですか!

おじゃまします〜
Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月09日 16:07
Mifuさん

>フィールズのメイプルと、ローデン(特にシダー)
でしたか!

フィールズとローデンは音の方向が全く違うというか
フィールズはわからないですがローデンはまさにローデン
という唯一無二のサウンドですよね。

Oさんのベンスーザンモデルを弾いていて思っていました。
ときさん ライブは鈴川をつかっておられるので、家でまったりの時に
フィールズを弾かれてるのかなぁと思います。

ローデンは何時弾くんだろう??^^

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月09日 16:10
ご投稿ありがとうございます(^^/

ローデンですが材はシダーマホです。
音は柔らかく包まれ感があります。
その中にもキリッとした音が
欲しかったので、サドルを牛骨から象牙に
変更してます。
鈴川ですが、塗装がオールセラックなので
梅雨の時期から夏までは汗で塗装膜に影響が
でてしまいます。
そのために、2台体制をとっています。
Fieldsで3台となりましたが、
なるべく満遍なく弾いていけたらと思います^^
Posted by Toki at 2018年03月10日 10:36
Tokiさん

勝手にTokiさんのギターの話題を書かせて頂きましたm(__)m

ローデンはシダーマホなんですね
ということはMifuさんとラインナップが同じかも^^

鈴川さんのは、そうでしたね セラックなので
汗をかく夏場は塗装がきになりますよね。

フィールズ・鈴川・ローデンとまったく性格の違う
サウンドのギターが揃って、ワクワクがたまりませんね。

なんだか、私もまた性格の違うギターを探したくなりました♪

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月10日 10:49
ササンさん、Tokiさん

 私のローデンはシダー・ローズウッドでして、少しだけ違うのですが、ほぼ同じ系統の音でしょう
 Fieldsをしばらく弾いたあとにローデンを弾くと、音の違いに愕然とすることがあります(で、ローデンはアイリッシュとかヨーロッパを思わせる曲中心に使用)。

 Tokiさん、Facebookで友達申請させてください
Posted by mifu at 2018年03月10日 11:52
Mifuさん

ローデン シダーローズでしたか
でも、ローデンのあの独特の響き方はTOP板が同じなら
同じ方向の音なのでしょうね。
やはりローデンにはアイリッシュに会いますよね。

ギタ友さんの輪が広がるの素敵だなぁ

Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月10日 11:57
Mifuさん

コメントありがとうございます。
FBですがササンさんと繋がっています。
プロフィール写真はローデンを抱えていますので
お分かりになるかと思います。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m
Posted by Toki at 2018年03月10日 12:33
Tokiさん

ありがとうございます

mifuさん、分かり難かったらまたお尋ねくださいませm(__)m
Posted by アラフィフおやじ at 2018年03月10日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ