2018年01月29日

Joe Striebel

ソロギ好きの皆さん
こんにちは、おやじです。

空気が乾燥しているこの時期、ギターの管理が
気になりますが、鳴は良いですよね。
ギターの音色にとっぷりつかる夜を過ごしています。

先日のとあるご報告をお聞きして驚きました。
ギターつながりで仲良くしてくださっている方が
昨年末に購入された、ルシアーさんのギター(新品)が、
なんと購入から数日で突然ブリッジが剥がれたと(驚

買われるまでにいろいろ悩まれて最後にこれ!と決めて購入されたのに、
購入して数日後にギターケースを開けたらブリッジが完全に剥がれて宙ぶらりん!
経年劣化で数年、数十年経つとブリッジの浮きがでる可能性は聞きますが
数日で剥がれるなんてそんなこと・・・(ショック

--------------------------------------------------

ルシアーさんのギターってある意味憧れでもありますよね
ファクトリーものとは一線を画し、製作者の思い入れのあるギター。

個人的にアコギの音でもクラシックギターサウンドのように
角の立たない甘めの音が好きなんです。バランスの良さはもちろん
倍音が付いてサスティーンが長くそれでいて各弦の音の分離が明確なもの^^

まぁ、そんなことはさて置きまして
2012年にも書いていますがおやじヨーロピアンサウンドのギター
結構気に入っています。

その代表格と言えばANTONIUS MULLER [アントニウス・ミュラー]でしょうか。

DSC03413.jpg

そして、中堅どころのJoe Striebel「ジョー・ストリーベル」のサウンド好みなんです。
ご本人の顔からも想像できるかもしれませんよね(^O^)
startseite2.jpg
若手ながらマイスターの称号を持つだけあってその造りは細部にわたるまで
作り込みの精度は高いと思います。

shapeimage_4.JPG

ちなみにそのサウンドですが(参考までに)
ドルフィン 細川MASHさんの動画から



アメリカンサウンドとは違うヨーロピアンサウンド
機会がありましたら一度弾いてみていください。
















posted by アラフィフおやじ at 17:31| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやじさん、こんにちは。

> 昨年末に購入された、ルシアーさんのギター(新品)が、
> なんと購入から数日で突然ブリッジが剥がれたと(驚

まあいろいろありましたが、じつは「これでよかったのかも」と思っている部分もあったりして。次回の話を読んでみてください。

> 中堅どころのJoe Striebel「ジョー・ストリーベル」のサウンド好みなんです。

出ましたね。Joe Striebel。
実はきょう東京に行ったんですけれどね。別件で。
疲れちゃって、ドルフィンさんには寄らなかったです。

ヨーロッパっていうとフォルヒを思い出しちゃうんですけれど、フォルヒのネックが合わなかったこともあり、音色よりもネックを気にしちゃいます。
まあおやじさんが薦めてくれたギターはネック幅が 44mm だから、問題なさそうですけれどね。

去年の後半ずっとあこがれ続けた Lowden S-32J も今頃出てたりして。
https://www.j-guitar.com/product_id1214648.html
まあ新品だから高いけれどね〜。
指先が弱くなったこともあり、エレガットに対する憧れがいまだに抜け切れてません(それこそネックがネックだが・・・)。
Posted by J minor at 2018年01月29日 18:43
J-minorさん

やはり、鉄弦は指に負担が大きいでしょうか^^
次回のブログ楽しみにしております。

ストリーベルさんのギターサウンドは
ナイロン弦の柔らかさに通じるものがあると
以前から思っていたもので・・

でも指先が痛くなるので鉄弦であることがネック
あ、それよりもネックの太さがネック(しつこいですね^^

件のLowdenなんかは極太ネック(^O^)/
でも、科学的根拠はわかりませんがネックの太さと
響きの良さは何か関係があるのではないかと思うんです。

だからナイロン弦ギターも14Fジョイトで
ネック巾が狭目の握りやすいエレガットを探すと
クラギのような響きのギターは見つけにくいのかもしれませんね。

とか言いながら、次回のブログではこれぞのエレガットが見つかったとか(^O^)/





Posted by アラフィフおやじ at 2018年01月30日 11:14
わたくしも新品購入後約一年でブリッジが剥がれた経験者でした。
それでも最近はとても気に入っています。

加齢で難聴の私の耳にもうるさいぐらい良くなるようになりました。
それまで新品ゆえに指があまり強く弾けなかったからでしょうか。

修理後あまり気兼ねしなくなり音量も音色も際立って来るようになり
今では一番の仲良しになれました。

雨降って地固まるでブリッジ剥がれが親密さにかわりました。
Posted by Tommy at 2018年01月30日 12:01
Tommyさん

ありがとうございます!

Tommyさんの愛器 ブリッジが剥がれたのですか?
浮いてきちゃった感じなのかJさんのように完全に
剥がれてしまったのかで違いはあると思うんですが
1年の経年の中で浮きがでることはあるみたいですね。

新品の時はギターの音が開いていないので
Tommyさんの愛情で弾き込まれて鳴り出したのだと思います。

ギターが育つとなんだかわが子のように嬉しいですよね
きっとこれから更にいい音になると思います。

また、いつかTommyさんのギターの音色聞かせて下さいませ!
Posted by アラフィフおやじ at 2018年01月30日 12:37
> 件のLowdenなんかは極太ネック(^O^)/

あちゃ〜。極太ネックですかあ!それじゃ駄目ですね。
ナット幅=47.5mmだっていうから、エレガットとしては細目かと思ったけれども、幅じゃなくて、太さに問題があるのなら、フォルヒで懲りた私には駄目そうです。

> 響きの良さは何か関係があるのではないかと思うんです。

確かに Martin の Authentic も太いし、太さと響きの良さは何か関係があるのかもしれませんね。

> とか言いながら、次回のブログではこれぞのエレガットが見つかったとか(^O^)/

全然見つかってないです。
そもそもエレガットとアコギとと半々(四六?)の気分ですし・・・。

そういえばこれですが・・・。
https://www.dolphin-gt.co.jp/stock/7494eb/
耳の確かな人に音を聞いてもらったところ、「いい音だけれども、まだ1弦の音が出てない感じかな?」みたいな感想でした。まだあまり弾きこまれてないのでしょうかね。
私はそういうのが全く分かりませんが(苦笑)。
Posted by J minor at 2018年01月30日 18:28
はじめまして Jinと申します。
ヘタレのソロギター弾きです。
ネックの太さと音の響きの関係・・・・
以前OginoGuitarの荻野くんから聞いたことがありますが、
ソモギさん曰く、ネックが太さは音にすごく関係する、とのことでした。
最近、私はバーコヴィッツのSJを好んで弾いてますが、やはり音の響きが良いぶん
いくらかネックはしっかりと太めです。
Posted by Jin at 2018年02月08日 14:12
J-minorさん

音のことは好みもあるのでしょうが、やはり太い方が細いより
響きはよさそうに思うんですが、太いと握り難いというのは
避けて通れませんよね^^

細くて響きの良いギター ん〜あったらいいのになぁ

アコギとエレアコ そうですか ではアコギの選択肢も
あるかもですね(^O^)/ それはウレシイご報告でした!

で、くだんのストリーベル そうですねぇ・・
確かに音死んでますね(笑
一つは弦が終わってるのが問題かも・・
もひとつはタッチのこともあるかも^^

個人的にはストリーベルはメイプルがいいなとおもっておりますが
今はでてないですねぇ

ともあれ、良いギターに出会えることを願っておりますm(__)m



Posted by アラフィフおやじ at 2018年02月08日 15:56
Jinさん

コメントありがとうございます(^O^)/

荻野さんとお知り合いでいらっしゃるんですね

ソモジ氏のお話しで、そうですか やはりネックの太さ
音に関係するのですね! ちょっとウレシイ情報ありがとうございます。

そして、バーコイッツのSJを弾いてらっしゃるとのこと
三木楽器で弾かせてもらった時にそのサウンドが素敵だなぁと
思った記憶がございます。
特にサスティーンがよかったなぁと(^O^)/


Posted by アラフィフおやじ at 2018年02月08日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ