2017年10月02日

MARTIN HD-28Vを探されている方に

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

いよいよ秋が深まり空気が乾燥してくると
ギターがいい具合に鳴ってくれる季節に(^O^)/

私はマーチン(マーティン)フリークではないのですが
それでもね、学生の時からアコギのバンドを組んでいて
今から37年前にすでにD-18を弾いていました。

相方はD-28とあの頃にしたらビックリするくらいの価格
それでもマーチンを持ちたいと思う気持ちには勝てなかったわけで
必至のパッチで買った時から考えて
マーチンとは長い付き合いであるのは間違いないかと^^

今でもOB会がある時には相方と演奏を楽しんだりしてますヨ
これね、右のギターがD-28 すでにビンテージ、激鳴です!
P1060245.JPG

このブログは基本自分が体験してきたことを
書いてますので人からの借り物でないのが唯一
後ろ指を指されないことかなと思ってます。

さて、本日のお題はMARTIN HD-28Vの本体のお話し。

今、我が家にこのHD-28Vがやってきておりまして
手元で28の音を実際に感じてみると確かに鳴は良いなぁと。

さすがにマーチンのベースになるギターD-28のビンテージバージョン
もちろん42や45のきらびやかさと比べると落ち着いているとはいえ
まさにマーチンの基準になる音。
ビンテージ仕様のブレーシングとロングサドルからのサウンドは
メリハリの利いた粒立ちのいい音と言って過言ではないでしょう。

マーチンが作るギターの完成度はあれだけの数を
作っているのに物凄く安定しているのはスゴイことですよね。

でも、例えば同じHD-28Vを作っても全てが同じ音ではないのは
これ皆さんもご存知の通りかと思います。

所謂、当たりハズレなんて言いますが鳴りの違いは
あるのだと思っています。

手元にあるこのHD-28Vはギタリストの伊藤賢一さんが
弾かれてもそのバランスの良さと鳴りについては
間違いなくスバラシイですとのことなので
私のような素人が書くことよりもプロの耳の方が
確かだというのは疑いないことかと思います。

そんなMARTIN HD-28Vを今USEDで探してるんだけれどなぁ
と言う方がおられたらこちらの個体もご一考下されば
と思っています、価格は24万でいかがかなと。

本体の状態は私の目からみてネックもTOP板も問題なし
ネックはストレートに調整されて
弦高は6弦12Fで2.8o 1弦側が2.2oと基本の調整通りです。

HD-28Vは探されている方はご存知の通りXブレーシングがD-28よりも
サウンドホールよりになっている分TOP板の振動は良いのですが
個体の管理の悪さがあるとお腹が出るなんていわれれことも。
でもこの個体はまったく問題なくフラットです。

ただ、ボディーの下部に「打痕」があります。
このことはちゃんと書いておかないといけませんからね。

DSC08761.JPG
「拡大」したらこんな感じ
DSC08762.JPG
です。

ギターの写真と伊藤さんの音源を付けておきますので
参考にしてくだされば幸いです。
なお、素人のデジカメ写真なので光の反射なども
写り込んでいるのでその点はご了解くださいね。

DSC08749.JPG

DSC08755.JPG

DSC08750.JPG

DSC08751.JPG

DSC08752.JPG

DSC08756.JPG

DSC08760.JPG

DSC08758.JPG

DSC08763.JPG

DSC08764.JPG

DSC08765.JPG

DSC08767.JPG

DSC08771.JPG

では、最後にこの「HD-28V」での伊藤さんの演奏をどうぞ(^O^)/







posted by アラフィフおやじ at 12:00| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オヤジさん、この度もお世話になります。
時々ご紹介頂いてるオルカギターことohta です。
このHD28Vはギタリストの伊藤賢一さんから譲り受けた楽器で、比較的新しい楽器ながら、数ある若いHD28V のなかでは「大当たり」だと思います。
当然ながら私のところに来た楽器は最善の調整をしますので、音色、音量は更に向上しています。
ドンと太く豊かに響く低音弦、それに負けないパワー の高音弦はノーマルD28とは違う美しさと豊か鳴り。主旋律も明瞭に表現します。そして大切な中音弦はバランスよく歌い低音弦や高音弦に埋もれる事もない。アルペジオ演奏の美しさは、一音一音程よく粒が立ち、そしてストロークのパワー感と和音の混ざり具合もとてもき気持ちよい。これぞMartinの真骨頂で、上位のD42にも追随するように思います。この楽器が時を経てビンテージレベルになれば、お宝ギター間違いなしかも。
正直なところお嫁に出したくありません😢
しかし私はソロギター派で、メインとなるソロ用ギターが二本あるので、このHD28V自体の価値が勿体無い。楽器は必要とされる方の元で引き倒されるのが本来の姿でしょう。
Posted by ohta@bigfoot at 2017年10月03日 11:06
オルカギター ohtaさん

このギター、我が家に連れて帰って弾かせてもらうと
その鳴りの特徴が改めてわかって驚いているところでした。

私もこのギターはバッキングもする方に是非使って欲しいと
思うギターでありました。

音の特徴はohtaさんが書いてくださったもので間違いなしかと思います。
このHD-28Vを探されている方にとってはともてスバラシイ個体だと思います。

ただ、マーチンにはD-28というまさにマーチン基準のギターがありますので
実際にD-28を弾かれてHD-28Vとの違いを感じてもらえればと思っております。
D-28とHD-28Vの弾き比べは楽器店でお願いしないといけないんですが^^
ともあれ、このHD-28Vを楽しみながら10年20年と弾くことで熟成される音に
思いをはせるてしまうのは間違いありませんよね(^O^)/
Posted by アラフィフおやじ at 2017年10月03日 11:30
おやじさん、こんにちは。

私がもしドレッドの Martin に興味があるのなら、これ、買ってたかもしれませんね。
だっておやじさんと伊藤賢一先生の両方が素晴らしいとおっしゃっているのだから。

それにしても伊藤先生、ドレッドのような大きなギターのときにもクラギのようなスタイルで弾くんですね〜。
ちょっと驚きました。
Posted by J minor at 2017年10月03日 16:28
J-minorさん

こんにちは!

もしJ-minorさんがDを探しておられたら
きっとおススメさせてもらったと思います(^O^)/

でも、ソロギ用にとなるとOMかOOOの方が音の跳ね返りの速さや
大きさ的にもいいかなと思うんですが、Dでも伊藤さんはソロギ
弾いておられるし^^

そうそう、Dサイズもクラギスタイルで弾かれてます
伊藤さん結構大柄な方だからかなぁ

ん?そういえば私もでかいけど・・・(^-^;
Posted by アラフィフおやじ at 2017年10月03日 16:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ