2017年08月15日

SWITCH Guitar ファクトリーものだが・・・ 

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

今日はかわせみさんがGetされたドルフィンギターオリジナル
「SWITCH」を弾かせてもらってきました。

このギターについては、ギタ友のIちゃんから
マホでこの出音 いやもう驚きしかありません!
と聞いていたギター。

買うかどうか迷っているうちに
人気若手プロギタリストのGさんに持っていかれた!って

それからしばらく、Gさんがライブで使うように電装もされて
出番を待つばかりとなっていたもののカッタウェイでなかったことで
急遽このシリーズのカッタウェイ版に変更されたことでKさんの所に
やってきたというわけです。

Gさん今はルシアーK・Sさんの12Fジョイントのギターを新たな
メインギターとされているギタリストさんです。

このSWITCHはプロトタイプの作製ナンバー「1」の得別なもの
このシリーズ、今いるかさんではほとんど売切れ状態で
この00サイズは数本のみになっているようです。
でも、No1のサウンドは数あるSWITCH中でも特別だと思われます!

ソロギを弾くと一番気になるのが歌ってくれるかどうか
もちろんバランスや音の大きさなどいろいろ気になる部分はあるものの
歌わないギターは弾いていて物凄くストレスを感じるのです(おやじはですが)

このNo1のSWITCHはバランスの良さと共にストレスなく歌ってくれる
弾いていて、まったくのストレスフリー すばらしい!

では、そんなSWITCHを含めて3本のギターで聞き比べをしてみましょう。
音源の順番は以下の通り

1)COLLINGS

DSC08574.JPG

2)SWITCH

DSC08580.JPG

3)Ken Oya F

DSC08576.JPG
です
演奏はIちゃん!ありがとう!

それぞれのギターの6弦の音のバランス、そして主旋律の出音、音のふくらみなど
じっくり聞いてみてください、間違いなく3本のそれぞれの特徴を感じられると思います。

COLLINGSは言わずと知れたファクトリーの最高峰TOpアディロンの特別バージョン

Ken Oya Fはご存知の通りルシアーものの中でもソモジ氏の理論とOya氏のこだわりが
詰まった唯一無二のバランスのよさと出音の1本

それらと比べても決して霞むことなく個性を発揮していると思います。

ギターは高ければ良いと言う思い込みをしないようにと教えてくれる
1本だといっても過言ではないでしょう。

ではそのサウンドを効いてみましょう!どうぞ



そして、帰りの時にIちゃんと気になるギターの話で盛り上がり
出てきたネームが、Gさんが買われたとかと噂の「Niklas Rotemar」(二クラス・ロテマー)
そのサウンドの広がりが0サイズから想像できない出音

IMG_0186_zps2zuglvnj.jpg




そしてRotemarの元で修行された?との噂の
Lars Rasmussen(ラース・ラスムーセン)

item_20170423cbr_1.jpg




今年のサウンドメッセに出品されていてIちゃんが、これは!って思った1本だったそう
音もなるほどRotemarに似ているところもある!って思ったと。

確かに独自性の高いサウンドで、0サイズということはパーラーサイズですが
Rotemarギターは12Fジョイントと言うこともあり
音のふくらみもあるのでしょうか。

ともあれ、どのギターを選ぶにせよ手元にGETしたのなら
しっかり育てて行きたいですね。




posted by アラフィフおやじ at 20:58| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササンさん、おはようございます。
そして昨日もお世話になりました(^_^*)

Swich 00 僕が初めて弾いたのはもう昨年の事でしたので、Gさんのもとで弾きこまれてる?とは言っても電装化もされてるし、どんな変化をしているかと思っていましたが、カワセミさんが試奏して購入を決断したって事で、「んじゃ〜まちはいないわなあ(o^^o)」って思ってたら、案の定物凄く歌うギターに進化していました(^_^*) 出来上がってすぐの頃、物凄くバランスが良いなって思っていて、それはきっとotaさんも同意見で、音も良く伸びるし、これはいいわ!って印象でした。でも昨日弾いてみると歌う歌う!!(o^^o)憂いのある歌声で(o^^o) 全体的なマホガニーサウンドでまとまりながらもウェットな因子も含んでいて、それでいて抜けも十分、本当に素敵なギターに育ってきてると思いました。これからカワセミさんのあのpickingで、更に歌いまくる子に育ち続けるんろうなあ!
イメージはドリカムの吉田美和さんみたいな…(*^ω^*) 若い頃の…^^; 北海道時代!?
これからどんどん化けてほしいなあ(^ν^)

あっ、それから音源UP、ありがとうございます^^;
僕の拙い演奏で、お聴きいただけたアラフィフおやじファンの皆様に伝わるか心配ですが、楽しんで頂けたら嬉しいな^^
でもみなさん、3本とももっと素敵に奏で聴かせてくれますからね〜V(^_^)V 僕が弾いてもこれくらいに聴かせてくれるギターたちって事でご理解下さいませ( ̄^ ̄)ゞ
機会があれば、皆さんに直接弾いていただけたら、本当は一番わかってもらえるんでしょうけどね^ ^
Posted by ナニワの池ちゃん at 2017年08月16日 11:02
いけちゃん

こちらこそ、昨日もありがとう!

美声というといろんな人のいろんなパターンがあるけれど
どの人も人の心にしみこんでくる力がありますよね。

このSwich 00もどれとも違うけれど唯一無二のサウンドになっている
ある意味ファクトリーものでこの音色 オソロシや と思います。

いろんなギターを弾かせてもらいましたが、1弦の音が5,6弦に埋もれず
しかも3,4弦の独特の響きを持つギターにはなかなか出会えません。

きっと例のルシアーさんの目でセレクトされて寝かされた材だったことが
要因のひとつなのかもしれないと思いながら。

今回の音源、ありがとういけちゃん 3本のそれぞれの特徴がはっきりわかる
そんな音源として聞いてもらえるとおもいます。



Posted by アラフィフおやじ at 2017年08月16日 17:43
おやじさん、こんにちは。

SWITCH は以前にもおやじさんが名前を挙げられていましたね。

こうして3つ聞き比べてみると・・・う〜ん、みんないい音に感じられてしまうから、困りますね(演奏がいいせいかもしれませんが)。

にしても、Niklas Rotemar とか Lars Rasmussen とか、知らない名前が次々に出てきたりして・・・。
こっちはソモギさんの名前ですら、去年あたりにやっと覚えたほどで、ついていけません(笑)。

> ともあれ、どのギターを選ぶにせよ手元にGETしたのなら
> しっかり育てて行きたいですね。

仰るとおり。これが一番大事ですね。
Posted by J minor at 2017年08月17日 18:00
J-minorさん

SWITCHは先回も書いた?かもですが、いるかさんのオリジナルギター
OEMで寺田楽器さんが作っているギターです。

録音されたギターの音は音楽として聞いてしまいますよね
ギターの出音について低音はどうだろうとか中音域は沈んでいないか
とか高音の発音はペチペチしていないかとか(もちろんピッキングにもよりますが)
なんて音を分析するようには聞かないので演奏の良し悪しで音が良いかどうか
決めたりするかと思うんです。

私も昔間違えていたのが、プロの演奏家が弾いている音がそのギターの音
なんて思って購入するとまったくその音が出ない、騙された!って思いました(笑
自分のピッキングが悪いことに気が付いていない(バカ

ロテマーとかラスムーセンなんて名前やギターのこと私も知りませんでした。
ヨーロッパのギターフェスでいるかさんや三木さんが発掘してくるんでしょうね

そのギターを有名何処のギタリストが弾いているとその人のファンが
良いギターだってなって広がる、いわゆるエンドースされたギターの
値打ちが上がるみたいな^^

それでも好きなギタリストが弾いているのと同じギターを持つ喜びってのも
あるでしょうからそれはギターのすそ野が広がるのに良いことなんだと思います。

ただ、ギターのポテンシャルがどうなのかというのはまた別の話だと思うんです。

自分の好みの音を出せる力量のあるギターをチョイスできる耳を作るのは
時間がかかりますよね、ましてや育てた結果の音は想像力がないと分からない。

私にはその点がとても欠けているところだと思っております(汗

Posted by アラフィフおやじ at 2017年08月18日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ