2017年08月07日

暗譜はやはり「気」

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

台風、すごかったです 
夕方から今も吹き返しで雨風嵐のごとくです。

今晩から中部関東にも影響があるかもです
そちらの方面の方は十分に用心してくださいませ。

さて、暗譜、 ええ 先日「昭和ロマンス」を覚えると
ここに書いておりましたが遅々として進まず・・

ところが、これを弾いてみたい!と思い
何度も聞いて思ってしまった曲がありまして^^

で、実は昨日と今日の2日でほぼ弾ける感じになりました。

昭和ロマンスは何週間も掛かっても覚えられないのに
この曲を弾くぞと「気」が入るとささっと覚えられるものですネ

え?なんの曲だ?ってですか
それは ヒ・ミ・ツです^^

ナイロン弦の曲ですとだけ書いときます(^▽^)/

そこで登場してもらったのが、コルドバ君

tbedcbzbc23v0cakavmt.jpg

久しぶりのナイロン弦、コルドバ君 個人的にやっぱり好きだ
音が大きい(鉄弦の1.5倍はあるでしょうか)そして弾き易い

クラギの場合は弦高が高めなのですがコルドバ君の場合は
弦高が低くセッティングできているので鉄弦よりも弾き易いかも
ただ、ネック巾があるのでウエスタングリップはできません^^

一応、辛口女房にも聞いてもらいましたが
この曲 ざっくり言うとAパターンとBパターンの組み合わせになっている
Aの方が昨日覚えたので指が馴染んできてる Bパターンは今日覚えたて

Aパターンは十分演奏とし聞くに堪えるとのこと(苦笑
Bパターンはスピードが速くなってる(ようは走ってるらしいです)

いつもながらに厳しいコメントでした(涙

曲として完成してお披露目するのは訳あって先になりましようが
そのうちにきっとUPしたいと思っております(^▽^)/

暗譜はやはり弾きたい「気」もちの大きさが
何より大事だということを再認識いたしました!

初心者の人も自分は暗譜が遅いと悩まないでください
今、暗譜している曲は本当に弾きたい曲ですか?

練習曲だからとか覚えなくてはいけないからと言った
義務のような気持ちではなかなか覚えられないのかもしれません^^

趣味の世界です 好きな曲を弾きましょうぞ!

posted by アラフィフおやじ at 23:48| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暗譜はとても苦手でそのことを女性講師と話したら勧められたのが
音階で歌いながら動揺を弾く練習で最近始めました。
まさか音痴の私が音階で歌いだしたので家族がびっくりです。

それにしてもそろそろ練習補助ロボットでも出て来ても良さそう
ですね。楽譜を読み取ってメトロノーム機能にリズム、音階それに
強弱ポイント丁寧に繰り返してくれ間違ったら総合的に指摘
してくれる。これだったら便利でモチベーションも続くかも。
Posted by Tommy at 2017年08月08日 16:24
Tommyさん

こんにちは!

暗譜の時に音階で歌いながら弾くのですね!
Tommyさんすごい!ご家族ビックリなのも分るような気が^^

でもクラシックならこの方がいいのかもしれません
基本指板の上の音階を覚えておられる方が多いでしょうし
音階通り指を動かせば自然と覚えられるかもです!

私にはとても無理でして、指板上の音階をひとつも覚えていないんです(汗)

>そろそろ練習補助ロボットでも出て来ても良さそう

これ、よさそうですね(^O^)
どうでしょうAIが今から急激に進化するでしょうから
あと10年くらいで出来るかもしれませんよ!

Posted by アラフィフおやじ at 2017年08月08日 17:16
おやじさん、こんにちは。

おお。今度はナイロン弦の曲をやっているんですか。
鉄弦よりも弾き易いクラギ・・・いいなあ。

> 趣味の世界です 好きな曲を弾きましょうぞ!

本当に、自分の好きな曲だからこそ、やる気になるんですよね。

ここのところ新しい曲に浮気をせずに、以前の曲を淡々と練習しています。

これがまた、一定の水準を保つのが精一杯で、なかなか本当の完成を見なかったりしてね・・・。

「本当に弾きたい曲」のはずなんだがなあ・・・。

にしてもここのところ、岸部眞明さんか押尾コータローさんの曲をやってばかりいますよ。
そういえば去年の夏は岡崎倫典さんの曲ばかりやっていたなあ・・・。
Posted by J minor at 2017年08月09日 18:13
J-minorさん

はい、ナイロン弦の曲でございます
確かに弾きやすいんです、押弦も楽ちんだし
幅広のネックも慣れっこなんで^^

でも、音を考えると重厚な音を紡ぐドイツのクラギと
スペインのエレガットでは音の差は歴然としておりまして
原曲とのイメージの違いに寂しいものを感じたりしております(^-^;

今年はJ-minorさん 岸部さんと押尾さんなのですね!
良い曲がいっぱい、好きな人にはたまらない演奏家、作曲家さん

すきこそものの・・・ってやつで、好きだから弾くというのは
間違いない事実ですよね。



Posted by アラフィフおやじ at 2017年08月10日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ