2017年08月05日

海外のサイトでは

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

最近の暑さでアウトドアは少しペースダウン
そすると俄然インドア・ソロギにってことです、ハイ^^

鉄弦のギターの本場と言えば、やはりアメリカでしょうか
アメリカのギターと言えばマーティンですよね!
ご存知のようにもともとヨーロッパからアメリカにわたり
ギター製作を始めた、そう考えるとギターのルーツは
ヨーロッパにありですかね。
基本、クラシックギターになるのかなヨーロッパは?

ルシアーの層はアメリカと日本を比べると随分差があるかもしれませんが、
わたしとしては日本で作られたギターが気候風土的にみても
日本で弾くならいちばんマッチしているように思っているのですが・・・

そうは言ってもやはり、ルシアーのギターのことを考える時
アメリカを知らないと言う訳にはいきませんよね。

わたしの手元にあるMike、Baranikのギターもブログに書いていますが
アメリカの楽器店から輸入購入したものでした。
今はWEBで外国の楽器屋のサイトも見れるのがありがたいですよね。

わたしがアメリカ・カナダのギターの音色を聞いてきたのは
Dream Guitarsというサイトでした。
ここね↓
https://www.dreamguitars.com/

Book1.pdf.jpg

ここで、アメリカの名だたるルシアーのギターサウンドを聞きました。
日本の楽器店に並ぶこともあるのですが、弾くチャンスは少ないかもしれませんね。

ジョン・グレーベン ・ リンダ・マンザー ・ アーヴィン・ソモギ ・
ジェフ・トラゴット ・ ジェラルド・シェファード ・ ケヴィン・ライアン ・
キャシー・ウィンガート .マイケル・グリーンフィールド・マリオ・ボーラガー
エド・クラストン・マイク・バラニック・ケビン・ライアン・マーク・ベネトウ
ジェフ・トラゴット・ジェームス・オルソンなどなど
名だたるルシアーさんのギターのサウンドを聞くことができます。

みんないい音に聞こえるってことになるかもしれませんが
雰囲気だけでもタダで味わえるのがありがたかったです^^

上記のギターは一応、楽器店さんのご厚意で一通り弾かせてもらっている?
と思いますが、すでにどうだった?と聞かれても忘却の彼方であります!?

そんな中で、日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが
マーク・ベネトウのギターはソロギを弾くならとてもバランスが良く
必要以上の残響がない整理されたサウンドはトラゴットと並んで
わたしの好みであることに違いありません。



まぁ、どのギターもそうですが 
じゃ、買いますって買えるような価格帯ではないですがネ^^

もし、そんな海外のサイト見たことないって方がおられましたが
ご参考までにというお話しでした。



posted by アラフィフおやじ at 14:49| Comment(2) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も海外のサイト見たことない者の一人です。

馴染みの薄い外国語では意味も伝わってこないので
殆ど見ることがありませんでした。

ネットでの購入もクレジットカードを持たないので
代引きだけの取引になっています。

それでも何とかやっていけるとは嬉しい世の中ですね。
Posted by Tommy at 2017年08月06日 08:55
Tommyさん

こんにちは!

最近の海外のサイトも日本語表示をしてくれる所もあって
時代は進んでいるなぁと思います。

海外からギターを取り寄せるなんてかなりリスキーですが
昔はどうしても欲しいギターが海外しかなくて^^

でも、最近は日本のルシアーさんの方が絶対良いと思ってます。
何かあったら直ぐに調整してもらえるし、意思疎通も日本語だし^^

Posted by アラフィフおやじ at 2017年08月06日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ