2015年10月08日

暗譜(海流)

時が流れるのは早いですねぇ

先日伊藤さんの「海流」を弾き始めた
と書いてましたが、すでに10日ほど経ちました。

今までだとすでに暗譜は済んで、
通し練習を始めている頃ですが
今回はまだ半分程度です(^-^;

一番強力だったのが女房の一言
最近そこばっかり弾いてるね
覚えられないん?と(滝汗

ええ、覚えられません
やはり情熱がもえたぎってないと
高速暗譜メガネも効力を発揮しないようです(笑

ま、急ぎではないので女房の呆れ顔を
横目に同じフレーズ弾きながら牛歩で行きたいと思います。

いつになったら録音できることやら・・・

と、今回のブログは文字だけでした(手抜き^^
posted by アラフィフおやじ at 13:04| Comment(4) | 暗譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暗譜に10日ほどしかかからない、それはもう天才の域ですね。

今練習中の練習曲は3ヶ月近くなりますが未だに暗譜して通しで弾く
ことが出来ずに四苦八苦しています。

なぜそんなに早く暗譜して弾けるのか一度じっくり手ほどきを受けたい
ものですね。まさか高齢者には無理などと情けないことは無にお願いいたします。
Posted by Tommy at 2015年10月08日 13:43
Tommyさん

あいやぁ〜 そんなぁ〜
こんなんで天災、もとい天才さいなんて
言わんでくださいませ(^-^;

暗譜はもう、本当に この曲がどうしても弾きたい〜
との気持ちがありますと、四六時その曲の事を考えたりして
練習も熱が入るので覚えらるのだと思います^^

暗譜は結局、指が覚えるまで繰り返すという
なんとも体育会系の反復練習のみなのです(汗

その点、楽譜を見て弾けると言う方が
弾ける曲数も増えるのであまり暗譜にこだわらなくても
と思う今日この頃です。

トレモロ 頑張ってくださいね!応援しております。

Posted by アラフィフおやじ at 2015年10月08日 15:23
おやじさん、こんにちは。

「海流」、YouTube でご本人の演奏を聴いてみたけれども、どえらく難しそうじゃないですかあ!
すごい曲に挑んでますなあ・・・。

ところで「伊藤賢一さんって聞いたこととのある名だなあ」と思ったら、例の「君をのせて」の人なんですね、もう忘れてた(笑)。

伊藤さんは完全にクラギタイプのギターの構え方をしているんですね。
一時ああいう構え方をしていたことがあるのですが、クラギのように小さなボディーじゃないとなんか無理がある気がしてやめたのを思い出しました。

あと、伊藤さんの別な動画を見たら、ダイナレットを使っていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=3FY-afy7sYQ
これ、私も買ったんだけれども、結局全然使わなかったです(爆)。
Posted by J minor at 2015年10月10日 17:05
J-minorさん

伊藤さん、そうなんです「君を乗せて」のアレンジの人(^▽^)/

クラギを専攻して後にアコギでのソロギを
弾き始められた方なので構えもクラッシックですね

最近はすっかりレギュラーの演奏を好んでいるんです
一時期はオープンばかりでした(笑

結局、お気に入りの方が弾くスタイルに引っ張られる
適当おやじです(^^;

ダイナレット 良いようでそうでもないような(笑
結局 普通の足台を使うか、最近は左足上に組んで
その上にギターを乗せて弾いてます。

これが今いちばんしっくりくるかなぁ

Posted by アラフィフおやじ at 2015年10月11日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ