2015年03月14日

行ってきました!

おやじはバカではありません^^
今日は手ぶらで帰ってきました(笑

ナイロン弦を弾いておりますと
鉄弦の時のようにクラギに興味が出てきます。

クラギはアコギよりも歴史があり、
作成者さんの裾野もかなり広いようです。

まず、そんなことわからないので
今弾いているコルドバくんを基準にどれだけ音が違うのか?
youtubeでいくら聞いてもわからないので
実際に弾きに行ってまいりました。

本当は東京に行くのが良いでしょうね
でもそんな余裕もないので大阪の「六弦堂」さんへ

確か、ギタ友の木下さんが息子さんのクラギを
購入されたとこだったかと思い決めました。

とりあえずJ-Guitarで検索を掛けて
「庄司清英さん」のギターがネックも細く
弦高も低そうだった上に破格だったのでそれを目当てに。

で、店長さんにとりあえずナイロン弦のことは
いっさいわかりませんので教えてください
と言うことでナイロン弦の音について聞きました。

アコギと同じく音が手元でゴージャスに鳴るもの
手元でなく遠くに音が届くもの
大きな音でなるもの、低音の音に力のあるもの
などがあるとのことだった。

庄司さんのギターはなかなか有名どころらしい。
日本のルシアーさん(有名な方は分からないけど)
の一般的な新品の価格(シダー&ローズ)で30マソくらいとか
庄司さん50マソくらいらしい
音は中庸でおやじには特別な音に聞こえなかった(失礼

productphoto_54f93ab0-7170-45.JPG

これ以外に弾いていて弾き手がしあわせになる
所謂、ゴーシャスサウンドのギター

productphoto_54e2f754-7704-41.JPG

これはゴージャスすぎて今のおやじのお気に入りの音ではないかも

そして音が真っ直ぐに出るタイトな感じのもの
productphoto_54f90309-958c-4a.JPG

でも、ん〜なにか違う感じがする・・

そして、やはりここはスペイン製の遊び心ありのギター
良いと思いますと勧めてもらったのがこれ
productphoto_5476c5a6-5810-4e.JPG

音も大きくてパリッとした感じフラメンコ系なのだろうか
悪くないなと思いつつでもコルドバくんと極端に違うか?
と言われればそうでもないような・・・

そして最後に弾かせてもらったのが
低音にものすごく魅力のあるギター。

productphoto_548688b9-f584-4a.JPG

クラギはアコギと違って高音寄りの音重視のギター
というのは無いのだそう。

どんなギターも高音弦の音は大差ないのだけれど
3弦だけは発音が難しいらしい、ここは鉄弦と同じなんだ。

で、今回弾かせてもらった中でおやじ的には一番だったのだが・・
お持ち帰りには至らずでした。(エライ

ん?なにがエライんだか(^-^;

やはり12Fノンカッタウェイと言うのは
どう考えてもおやじには無理があるのだ。

今回、六弦堂の店長さんの話を聞いて弾かせてもらって
ある意味コルドバくんがいかに出来が良いかを感じたのだった。

今度はコルドバくんのGK Studio Negraなんかを
機会があったら弾いてみたいな。
私の持っている一番廉価版でもかなり鳴るのだから
ぜひ比べてみたい。

これが良いなら、コスパバツグンだ
新品でUSDEで良いなと思った例のものの1/3で買えるわけだから。

ということで、今回はクラギの音を耳に刻んだだけの
楽器店巡礼の旅でした。

六弦堂の店長さんお世話になりありがとうございましたm(__)m

おまけ

こんな音なら欲しいかも



でも・・・お値段が・・・
いちじゅうひゃくせんまんじゅうまんひゃくまん
え〜ひゃくまんえんって・・・撃沈






posted by アラフィフおやじ at 16:53| Comment(22) | 楽器店巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うふふ、行ってこられたんですね〜♪
しかし画像を見ていても違いがわからないんですけど、、、
音は全部違うんですね〜。クラギ、深いです。(~_~;)

平光さんのエレガットはちょっといいかなと思います。
http://www.mikigakki.com/category/details.php?item_id=20150305hiramitsun&add=ge

が、ちょっとかじるにしては高いですね。(^^;;
Posted by massan at 2015年03月14日 17:26
ガットギターの音色にハマルと抜け出せないと
同好の仲間から聴いています。

素晴らしい演奏と綺麗な音色が結び付くと
底なしの世界に導かれますね。

わたしの夢はこれです。
https://www.youtube.com/watch?v=zQnBstCaosE&list=PL3Jqeisy43s2t0yTVvSzLpTfswplivrwN&index=2

Posted by Tommy at 2015年03月14日 18:16
massanさん


コメントありがとうございました。

写真ではよくわからないでしょ(笑

私もみんな同じに見えました〜

でもトーレスモデルという小ぶりのものは
大きさが違うので分かる程度です

平光さんのエレガット 良いですねぇ〜
お値段も結構良心的かもです

まぁ三木がかんでいるのでその分高めでしょうが^^

かじる程度で持つにはちと高いですね
コルドバくんだと何本も買えちゃいますね(^^;

Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月14日 19:50
Tommyさん

コメントありがとうございました。

今日だけのことで何か言うとそれは
あまりに知識のないことになりそうですが
底なしの世界には落ちないかなぁと思いながら^^

私100マンのギターと4マンのコルドバの違いが
いまひとつ分からない安物の耳でおります。

最後に弾かせてもらった1本は確かに低音に魅力がありました
この価格でこの音 ある意味凄いと思ったのですが
やはりカッタウェイがないのは私には無理がありまして^^

私的には本体はある程度のものがあれば
後は張る弦の違いの方が大きいのではないだろうか
そんな風に感じております。

朴さんのギターはDaniel FRIEDRICHさんと言う方が
作られたギターだそうですね。100人待ち?

あ、そうだ 話はもどりますが 私の耳で感じたことなので
申し訳ないですが、最後に弾いたギターの低音は良いなぁ〜
と思ったのです。

そのギターですが井上保人さんと言う方のもので
年に数本しか作られていないとのこと
これがものすごいお買い得価格なんですよ。
私がクラギを専門にひいているなら迷わず買うなと思ったギターでした(^▽^)/

お近くならTommyさんにお勧めしたかも(^▽^)/

Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月14日 20:08
こちら、東御市では鷲見ギター展示会やってます。
鷲見さんのナイロン・カッタウェイが一本でてます。
流石の出来ですが、正統派クラシックには音色のふくよかさで及ばないかな。
石井栄さんも試奏用に一本 用意してあります。正統派クラシック型で、外見も音色も整ったものでした。
12フレットジョイント、ノンカッタウェイ、そしてあの幅のネックでないと、クラシックギター本来の音色にはならないのかと勝手に想像してます。


Posted by とむ at 2015年03月14日 20:13
とむさん

コメントありがとうございました。

東御市で鷲見さんの展示会をされているんですね!
鷲見さんも著名なルシアーさんですよね
でも、私鷲見さんの音得意でないんです^^

こんなこと書いちゃうと問題起こりますね(^^;

ですので、ナイロン弦の音も・・・かなと

そういう意味ではmassanさんが書いてくれた
平光さんのナイロンの方が良い感じで鳴るのでは
なんて勝手に想像しております。

確かに12Fジョイントは鉄板ですよね
カッタウェイになると音の損失大きいのかなぁ
もともとクラギの本体の大きさが小さいですよね。

テイラーのGSminiくらいだから

そして、みなさんおっしゃるネックの幅
あの幅が音を支えてるんでしょうか・・・

ん〜素人にはなぞだぁ〜
Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月14日 21:52
こんばんは。

ネックの幅と音色については、とむさんがおっしゃるように深い関係性があると私も思います。

鉄弦を選ぶ時に色々比較したのですが、幅がひろく厚みもあるネックは、音がより豊潤でボリューム豊に響くと感じました。

要はネック材の体積が大きくガッチリしていると、弦の振動がロスなくボディ振動に変換されるということではないかな〜と勝手におもっておりますが…

クラギに関してはアコギほど個体間の比較をしたことがないので、ネック幅が広ければ広いほど音もより豊潤になるかはわかりませんが、演奏性の点から、「厚め」のネックにも目を向けられてはいかがかと思います。
ハイポジのセーハをするときに、厚めのネックのほうが少ない力で押さえられると感じます。
Posted by kimuken at 2015年03月14日 22:25
kimukenさん

いつもありがとうございます。

鉄弦でのネック巾と音色の比較をされたのですね!
それはすごいです。

渡井の場合は全てロープロファイルのものばかりを
求めてきたので厚みと幅はまったく考えたことがなかったです。

厚めのネック、今日弾かせてもらった中にも
かなりごっついのがありました。

さすがにあまりにごつすぎるのは弾きにくかったのですが
コメントを頂いたようにある程度のネックの厚さがあるほうが
ハイポジションのセーハ等は楽だと思います。

今ナイロン弦を弾いてきて目からうろこのことが
結構あって私にはとてもプラスになっていると思います。

エレガットと言えどネック厚みありますので^^

Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月14日 23:38
音色は好みの問題ですからねぇ。「良い悪い」と「好き嫌い」が一致するとは限りませんので、別に問題は無いでしょう。いろいろ弾いておきながら申し訳ないですが、自分も例えおぜぜあったとしても、鷲見ギターが欲しい!って気にはならなかったんで。どれも間違いなく良いギターなんですけど。

今回一番好みだったのは、小林さんのoooサイズのオーダー物でした。(本当は試奏不可なのに、オーナーさんがいらっしゃいまして、特別に触らせてもらいました。ブレーシングが違うとのことでした。)

自分も知識浅いんですが、知っている限りでは細いネックのエレガットはどうしても音が硬いですね。

鉄弦だと石川○彦大先生は、細いネック大好き派ですな。
Posted by とむ at 2015年03月15日 00:19
おっと。おやじさんはクラギの見学に行かれたのですか。

> おやじはバカではありません^^
> 今日は手ぶらで帰ってきました(笑

あら。残念(笑)。

> 私100マンのギターと4マンのコルドバの違いが
> いまひとつ分からない安物の耳でおります。

> ある意味コルドバくんがいかに出来が良いかを感じたのだった。

でもそれよりもこっち↑に注目かなあ。おやじさんがそう思うのなら、私なんぞなおさらでしょうから・・・。

これでもう、私がもしクラギを買うなら、エレガットの Cordoba GK Studio で決まりだな。
おやじさん、これの評価もそのうち、お願いしますよ。
Posted by J minor at 2015年03月15日 09:11
とむさん

援護射撃感謝です

>「良い悪い」と「好き嫌い」が一致するとは限りません

助かりますm(__)m

ブログは公開している限り、いろんな方が見られますので
鷲見さんのオーナーさんにしては良い気分ではないですものね・・

ともあれ、好みはその人それぞれのものということですね(^O^)

ところで000 小林さんとはかの小林大作さんですか?
昨年のサウンドメッセでは評価がグンと上がっていたように
記憶しているのですが

そうかぁブレーシングが違うんですね
なんだろう鉄弦ならXとかを違うものにっていうの
想像しやすいんですが、ナイロンだったらファンブレーシングか
ラティスブレーシングくらいしか浮かんできません^^

で、やはりネックの細い太い薄い厚いは音に
少なからず影響があるのですね。

自分的にはナイロンでも50oが限界かも
出来たら太いネックも辛いのです

素人は直ぐこんなこと言うでしょ(笑

Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月15日 10:17
J-minorさん

コメントありがとうございました。

あはは、財布には一応用意はしていったんですけどね(笑

でも、その時に決断できなかったと言うのは
やはり何かが引っかかったのでしょうね。

最後に弾かせてもらった井上さんのはもしカッタウェイなら
多分お持ち帰りしたと思います。

確かに音の分離も低音の出方も遠達性もすばしかったんですが
やはり鉄弦弾いている人間には12Fジョイントでノンカッタウェイ
というのは何ともならなくて(^-^;

店長さんも話の中で言われていたのが、鉄弦を弾く人はクラギには
基本的に来ないとのことで、たまにナイロンの音色を弾いてみたい
なんて思うことはままあるみたいですねと。

で、そうなんでコルドバくんのギター
さて関西では何処で弾けるかまた探してみます。

見つけたらすぐ弾きますよ〜
弾いたらまたインプレ書きますね(^O^)/


Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月15日 10:23
ササンさん、こんにちは(^O^)

横レスでごめんなさい…

> 鉄弦を弾く人はクラギには基本的に来ない

私はそのうちの稀有な一人というわけなのですね(^o^;)

河野ギターもクラギ専門店で購入したのですけど、
その時、店主をはじめ、店にいた常連さんたちから、
随分と失礼な態度をとられたのを今でも覚えてます。
何かというと、クラギを上位にもっていこうとして、
アコギをこき下そうとするのです。
そんな話するつもりは、こちらは毛頭ないのに、
相手は上から目線で何度でもその話をふってくるんです。
それ以来、この購入店に一切足を踏み入れていません。
ま、近づく気もありませんけどね(笑)

ササンさん、良い店にいかれたみたいで何よりです(*^^*)/
Posted by mssumasum at 2015年03月15日 13:44
mssumasumさん

コメントありがとうございました!

うわぁ、mssumasumさんクラギ演奏にも
造詣が深かったのですね。

失礼いたしましたm(__)m

かのお店の店長さんと話をしてみて
クラシックだけを弾いてこられたのか聞いてみました。

そうすると若いころはエレキを弾いてました
と言っておられたようにクラシックだけでなく
ロックのジャンルもわかっているから鉄弦弾きの私を
遠ざけなかったかもしれませんです。

クラシックしか弾いてこない人は
アコギは邪道と思っている方も結構おられるのかも^^

あら、こんなことかいたらクラギ弾きの人に
総スカンくらうかも(笑

あ、クラギ一筋の方はこんなブログ読まれないですね^^

コメントくださるクラギ弾きの方は基本鉄弦も
弾かれる方ばかりなので視野の広い方だから
ちよっと安心かもと思っております(笑

でも mssumasumさんがクラギを買われた店は
なんと悲しいお店だったのですね。

お気持ちお察しいたします。

Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月15日 14:03
私の周りのクラシックギター弾きにも、ロック出身、ジャズ出身、フォーク出身と色々いましたが、クラシック一筋の人は、やはり考えが硬い傾向は感じましたね。

純粋なクラシックの方はアカデミックな方向に行く
傾向が強いように思います。作曲者の意図を楽譜から読み取って、それを正確に再現する演奏を至上としており、演奏歴何年なら、演奏会ではこれくらいの難易度の曲を弾くべきだ、という感じの雰囲気があるように思います。「音楽」というより、「音学」という感じなんですよね。

でもいろんなジャンル経験者は、「音楽」として柔軟に楽しんでいる人が多い。別に高度なテクニックを駆使して難曲を弾く必要もなく、好きな曲を、好きなギターで、好きにアレンジして楽しんで弾けばそれが一番と思います。

テクニックや理論はその楽しみをより深めてくれるものに過ぎないので、テクニック理論の追及が目的みたいになってしまうと、アマチュアミュージシャンとしては、ちょっと本末転倒な感じはしてしまいますね。

「音楽」ととらえるか「音学」ととらえるかの違いが、クラギオンリー派とアコギ弾きとの壁になってる気がします。

Posted by kimuken at 2015年03月15日 16:06
すみません、送信がうまくいかず、書きかけのコメントもアップしてしまったようです。不完全なほうは削除いただけると幸いです…' ';
Posted by kimuken at 2015年03月15日 16:11
○○さん

コメントありがとうございます。

kimukenさん? mssumasumさん?

やはり、クラギ一筋という方はアカデミックな方向に
すすみたいと思われるのでしょうか^^

あまり詳しくは無いのでなんですが、
アコギはクラシックギターより・・・
なんて言う人はピアノやヴァイオリンを専攻した人から
下に見られるって思われてるんでしょうかね。
オーケストラの中にクラギはないですよね^^

そんなことはともかく、
>別に高度なテクニックを駆使して難曲を弾く必要もなく、
>好きな曲を、好きなギターで、好きにアレンジして
>楽しんで弾けばそれが一番と思います。

まさにその通りだと私も思います。
音楽 文字の通り楽しまなくちゃですね(^O^)


Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月15日 16:13
kimukenさん

あ、当たりました(^O^)/

きっとそうかなと思っておりました^^

最初の方を一応削除させて頂きましたm(__)m
Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月15日 16:14
すみません、お手数おかけしました- -;

クラギはセゴビア以降、コンサート独奏楽器として一つの権威あるジャンルとして確立されてるので、バイオリン等から下に見られてるということはないですね。クラギ一本の旋律を主題にしたオーケストラ楽曲もありますし。

きっと、権威付けされた楽器だからこそ、何でもありの新興ジャンルであるアコギソロに物申したい方もいるということではないかと思います。

でもアコギ弾きとしては、何でもありが信条なわけですから、取り入れられるものがあればクラギからもどんどん取り入れればいいと思うんですよね。

なんだかんだ言っても 、生ギターを鳴らすという点では、クラギのテクニックはホントに合理的に考えられてますから、堅苦しいからという理由だけで遠ざけてしまうのはもったいないな〜と思います。


Posted by kimuken at 2015年03月15日 17:18
kimukenさん

>クラギはセゴビア以降、コンサート独奏楽器として一つの権威あるジャンルとして確立されてる

なるほど、そうなのですね!だから上から目線に^^

私なんかは本当の鉄弦しかしらないアマチュアなので
クラギというとあんだか堅苦しいとおもっていました。

でもおっしゃるように弾き方は学ぶべきことがたくさんあって
鉄弦を弾くにもとても勉強になることを弾いてみて初めて
実感しております。

しばらくナイロン弦を弾いて行きたいと思っております(^▽^)/

Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月15日 19:47
kimukenさんのおっしゃる通りです。
私も初心を思い出しながら読ませていただきました。

ササンさん、クラッシックギターは弾きあさっても答えはでないですよ。
どれを弾いても弾き方は、同じです。
その弾き方をコルドバくんで見つけるほうが先ですよ。
(^^♪
Posted by og3 at 2015年03月16日 10:51
og3さん

コメントありがとうございます!

はい、クラギはきっと買わないと思います^^

og3さんの助言どおり3ヶ月弾いてみます
いまちょっと楽しくなってきたところです(^▽^)/
Posted by アラフィフおやじ at 2015年03月16日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ