UA-175808163-1

2015年02月10日

演奏の幅をひろげる

ここ最近目コピ耳コピの話題が
おやじのまわりで良く聞かれる。

何かある時はそれが重なるのは
どんなことでもそうなのかもしれない。

今年は演奏の技術を磨いてみたい
まぁもともと技術もへったくれもないのだけれど^^

それでも今より少しでもマシな演奏を
してみたいと思うのは誰しもが
そう思うことなのかもしれない。

そこで、まずは目コピ耳コピをしてみよう
今年はそれを課題にしてみることに。

どなたにレッスンを受けても
耳コピをするのはとても技術向上に役立つ
とおっしゃる方が多いように思う。

あながちウソでもないのだろう。

今回チャレンジするのは
演奏がプロ並みのケロ吉さんのアレンジの曲
プロと言われる方の中には・・・な人もいる(毒

これだけ魅力的な演奏が素晴らしい方でも
ギターを生業としていない人はアマチュア

そう考えるとアマチュアといっても
ケロ吉さんのようにピンのひとから
おやじのようなキリまで幅広い^^

この方はもともと本格的に学生の頃から
クラシックに取り組んでこられた方とお聞きする。

学生時代はクラシッククラブの
部長も務められた方らしい。

本来クラシックを本格的にされた方は
クラシック音楽しか演奏しない
と言う方が多いのではないだろうか

しかしケロ吉さんはクラシックの曲にとらわれず
いろんなジャンルの曲をアレンジして弾いておられる。

その中から今回取り組んでみようと思ったのが
この動画の「舟歌」である。



多分クラシックを弾く人はオープンチューニングとはしない
レギュラーかやったとしてドロップDだろうとアタリをつけ
さっそく目コピ耳コピを始めてみた。

やはりドロップDのようだ

やり始めると結構まじめに採譜しようと思うものだ
で、最初のイントロの所だけ採れたので弾いてみるが
人によって弾く時のクセがあるものだ。
最初はなかなか馴染がないので指が動かない・・・

最初はまったく曲に聞こえない所は
いつも通りなのだがやっているうちに
曲らしく聞こえてくることを祈ろう。

昨日女房にこの曲を聴いてもらった所
ギターが歌ってる〜 すんごい上手
そして感情が伝わって来るね だそう。

さて1ヶ月を目処に取り組ん見ようと思うが
途中で投げ出さないことを祈るばかりだ



posted by アラフィフおやじ at 16:10| Comment(10) | 目コピ耳コピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kerokichinosukeさんの演奏はプロでも通用する素晴らしい演奏だと思います。殆どの曲を聴きましたが実に感情のこもった演奏で何回聴いても飽きないのが良いですね。

残念なのは編曲された曲に殆ど楽譜が無い事てした。入手出来ても今弾ける技量はありませんが、それをササンさんが目コピ耳コピで作成されるとは嬉しいですね。期待して待っています。

以前ギタークラブの仲間にもKerokichinosukeさん動画を紹介したところ大評判でした。誰もが認めるところの隠れたギタリストですね。
Posted by Tommy at 2015年02月10日 18:10
ケロさんは「ねじ込み」といって、通常とは逆の指使い(たとえば、中指で押さえるところを薬指で押さえ、薬指で押さえるところを中指で押さえる)などの運指テクニックをこともなげに使いこなしていらっしゃるので(「舟歌」でやっているかどうか見ていませんが)、追いかけにくいところもあるかもしれませんが、期待しております。
Posted by Estruch at 2015年02月10日 19:19
Tommyさん

コメントありがとうございました。

本当にケロ吉さんの演奏は素晴らしいと思う方
たくさんおられるのだと思います。

基本、ご自身のアレンジですから楽譜は無いので
後は弾きたければコピーするしかないかなと思い
頑張ってみることに^^

でも途中でギブアップするかもですが^^

Tommyさんもチャレンジしてみられませんか?
Posted by アラフィフおやじ at 2015年02月11日 10:03
Estruchさん

コメントありがとうございました。

「ねじ込み」と言うんですね、かの技のことを!
初めて知りました、ありがとうございます。

舟歌にも後半その技出てきます。
まだ採譜がそこまでいってないんですが
動画を見ていると、はは〜ん この弾き方だ!
と言うのを発見しました。

この舟歌もそうですがケロ吉さんのアレンジ
とてもソロギターを弾くには多彩な演奏技術を
学べそうだと思ったので連載にしてみたいと思います。

Estruchさんもご一緒にチャレンジしてみませんか?

Posted by アラフィフおやじ at 2015年02月11日 10:06
この「舟歌」本当にいいですよね。。。
技術だけでなくて、本当に情緒的で素敵です。
楽譜の記号以外の表情がたくさんある演奏だな、と。。。

この方の『カバティーナ』を聴いているうちに、すごく弾きたくなりましたが、不可能なので、
多重でなら〜〜と先日思ったばかりです。(^_^;)

耳コピされるんですね♪
私は耳コピ・目コピが苦手なので、さらっと出来る方がうらやましいです。(^_^;)
ああでもない、こうでもない、といった音符との試行錯誤の時間が楽しいですね。
ただ、産みの苦しみもあるので、めったにできないのが悲しいです。

『舟歌』とても楽しみです♪



Posted by pou at 2015年02月11日 10:50
pouさん

コメントありがとうございました。

カバティーナ 今しがた聞いてきました^^
どの曲もこの方が弾くと心をもっていかれますよね

本当に上手というのはこの人のことだなぁと
いつも憧れの目で聞かせてもらっております。

目コピ・耳コピ まったくさらっとは出来ません^^;

この曲のすると言ったのは良いけれど
どこまでできることやらと思っております(汗

でもこの演奏を聞いてしまうとどうしても弾いたみたい
なんて高望みをしてしまって・・・

頑張ってみます!
Posted by アラフィフおやじ at 2015年02月11日 11:58
> Estruchさんもご一緒にチャレンジしてみませんか?

えええ、そ、そんな・・・(汗)
まだギターではそこまで音感がないんです。
アルトサックスだと音を聴いてだいたいどの音かわかる(わかった)んですが・・・

あるクラシックギターのブログによると、音の周波数成分を解析して自動で耳コピしてくれるツールもあるそうです。Mac版しかないのが残念ですが、技術の進歩に驚いてしまいます。
http://guitar.blog.eonet.jp/weblog/2015/01/capo-c7ee.html

ということで、しばらくは応援だけにさせてください。^^;
Posted by Estruch at 2015年02月11日 12:56
Estruchさん

あ、いえいえ 耳コピではなくて演奏の方です^^

そのうちですが、いい加減TAB譜を書いてみたいと思います。

私は楽譜のこと何もわからないので
拍数とかリズムとかおかしいと思いますが、
とりあえず指の置く場所は確認できるかと思います^^

是非チャレンジしてみてください〜(^O^)/

Posted by アラフィフおやじ at 2015年02月11日 14:45
初めまして、万年超初心者のアラフィフお婆でゴザイマス^^;
舟歌は舟歌ですが、教則本の練習曲でひぃひぃ言っとります^^;;;

kerokichiさんの演奏に心奪われましてこちらにたどり着きました。
楽譜は読めない、努力は惜しむワタクシですが、いつかケロさんのアレンジ曲に
挑戦しようと思ったのですが、...楽譜ないのですね...。
ショパンのノクターンが好きで、似たようなものでも...と探してみたらばあるにはあるものの
「これこそクラシックギターざます」と言わんばかりの編曲に食傷気味です^^;
他の曲も拝聴いたしましたが、嗚呼、ケロ吉さんの編曲ラブ...。

突然お邪魔して、トンデモなコメント、大変失礼いたしました。

Posted by 毒りんご at 2016年11月12日 13:43
毒りんごさん

こんにちは、初めまして(^O^)

毒りんごさん、クラシック畑のきっと本格派さん^^

私なんぞは偽物ギター弾きでございますので
いつも適当演奏スミマセンm(__)m

ケロキチさん すごくお上手ですよね
私も一度聞いて虜になりましたヨ

ギター楽しむつながりウレシイコメント
ありがとうございました(^O^)/

Posted by アラフィフおやじ at 2016年11月12日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ