2014年12月26日

ソロギターを上手く弾く(極意その1/2)

ソロギを上手く弾く(極意そのT)って
なんてスゴイ題なんでしょう(笑

どうしてこんな題にしたかと言うと
このブログに
「ソロギを上手く弾くために必要と思ったこと」
というものがありまして、ここには毎日予想外に
たくさんの訪問者さんがおられるようなのです。

それだけ、ソロギをうまく弾きたいと
思っていらっしゃる方が多いということでしょうか。

2014年ももうすぐ終わります
きっと年末年始のお休みに
ソロギターを練習しようと思っている
初心者さんもおられるでしょう。

ちょっと弾き始めてみたけど
なかなか難しくて思うように弾けない

でもこの曲は休み中に少しでも
弾けるようになりたい!と。

おやじがソロギに初めてチャレンジしたのも
数年前の年末年始(ブログのどこかに書いてる?

岸部さんの楽譜を買って
なんとか「花」を弾けるようになりたい。

そう思って初詣にも行かずに家にこもって
練習に没頭したことを思い出します。

ええ、結果はご想像通り 
弾き方(運指)もわからないし
指も動かないしもう散々でした^^
そして何より指先が痛くてね。

最後まで弾けることもなく
正月休みは終わってしまった^^;

きっと初心者の人は同じことを
経験されるかもしれないと思う訳です。

さて、大上段に構えたブログタイトル
ブログ主のおやじはどんな上手いんだ!
ってことについては、はっきり申しておきます
「まったく上手いわけではありません」(`・ω・´)ゝ

まぁそれでも、何年かでもだらだら弾いてきたので
自分がこんな感じで弾きたいかなぁ
と思うくらいでは弾けているかもしれません。
(あくまで自己満足ですが)

おやじレベルでソロギを弾く人は
五万といらっしゃいますからね。

ただ、今から書くポイントをことさら大事だ!
と書いているブログは少ないかもしれません。

でもね、これが多分ソロギを弾くための
肝の部分だとおやじは思っているんです。

あ、あくまで思ってるだけですから
これが絶対と言うわけではありません。

もしギター教室に通われてらっしゃるなら
指導して頂いている先生のおっしゃる通りに
練習を積んでください。

間違ってもおやじがそう言ってるんです!
なんて言わないでくださいヨ(爆


では極意その1

○ 右手は自然に動かす

なんじゃそれ?ってですか(笑い

ソロギ(ギター)を弾くと言うのは
普段生活で使っている手の動きと違うと
思う人が多いのではないでしょうか。

でもね、人間の関節や筋肉の動きは
ソロギを弾くからって特殊な動きが
できるようにならないと弾けないわけではないのです。

まずは右手から
右手を前に出して(手の甲を上に)
「親指を伸ばしたまま」
これ大事ですからその状態で
人差し指から小指までグー・パー
ってしてみてください。

え?できない?ってことないですよね(笑

普段は物を握る時には親指も握りますが
ギターを弾く時は親指を握りません。

これだけです。

ソロギターを弾くって言うのは
ただそんな自然な動きができるか
と言うだけなのです。

親指を伸ばしたままというのが
少し違和感があるかもしれませんが
この動きのままで弦をはじけばいいわけです。

さて、大事なポイント書きますから
これだけ気を付けて練習してみてください。

親指の第一関節外側を6弦の上に
弦と平行に指を置くこと。


実際に弾いていく時にはいろんな角度で
弾いたりするのですがこの基本が大事なんですよね。

写真参照

DSCF5600.JPG

DSCF5601.JPG

これで弾くわけですが、指の動きは
先ほど練習したグーパーの動きです。

自然な動きにまかせてくださいね。

では、6弦に親指をのせたまま
人差し指から中指を(小指は使わないけど動かして)
自然にグー・パーして弦をはじいてみてください。

力入れなくていいですから
指先でさらりと弦と触れればOKです

どうですか?できました?
これができたら先は明るい(^O^)/

人差し指が3弦
中指が2弦
薬指が1弦となればベストです

これが極意その1です

その2は左手
明日の日記にて。














posted by アラフィフおやじ at 13:27| Comment(8) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササンさん、こんにちは!!

懐かしいですね! このご指導!!
思い返せば初めてササンさんにお会いした時に、本当に初心の時にこのご指導を賜りました。これは大きかったなァ〜と今思う訳です^^;
でもチョット今崩れてるって話もありますが。。。^^;
Posted by ナニワの池ちゃん at 2014年12月26日 13:40
池ちゃんさん

コメントありがとうございます。

今では聞く人を引きこむサウンドで演奏する
池ちゃんさんに憧れる人もいるのでは?(^O^)

最初はどうしても親指が立つ人多いでしょ
フィンガーピッキングだからつまむ感じで
なんて思うとクラシカルなタイプの指使いには
ぜったいならないですよね。

今の池ちゃんさんレベルになると親指の
使い方もワンパターンでないことを知って
応用されてるのでモーマンタイ(問題なし)です!

こんな際物の話題を書く人きっとおらんかなぁと
振り返ると大事なことだと思っているので年末大特集ってことで(^O^)



Posted by アラフィフおやじ at 2014年12月26日 13:56
何でも基本と言うかフォームは大切ですよね。僕は我流のまま誰に習う事も無くココまで
来ちゃったので大変です。少しずつ修正しようとは思って居るんですが・・・。親指のみならず残りの3本の指も伸ばし加減の方が本当は良いんでしょうけど中々。クラギ奏者の弾き方はやはり一つの理想形なのかな・・と思ったり。

ところでタイトルを見て半分(1/2)じゃなくて全部教えてよって思っちゃいました(笑)
Posted by y@ma at 2014年12月26日 15:05
y@maさん

コメントありがうございます。

基本フォーム 私も大切だとおもいます!

クラギとアコギではアコギの方が斜めに入るのが
音と弾きやすさは良さそうげに思っております^^

今風の叩き系はまた指使いも違うのでしょうね
ここは門外漢なのでまったくわかりませんです^^;

でもクラシカルな弾き方のものはやはりクラギの弾き方が
利にかなってますよね。

それから1/2 スミマセンm(__)m

今日は昼から女房が出かけるとのことで
店番をしなくてはいけなくなり時間切れになって
明日に持ち越しました、お許しください〜(笑
Posted by アラフィフおやじ at 2014年12月26日 15:15
親指の修正には多大なご指導を頂きましてありがとうございます。お陰様で現在は親指の外側で弾けるようになりましたがまだまだ安定しないのでもう少し時間がかかりそうです。
安定したら聞違えるよな演奏になるのを期待して引き続き練習します。ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2014年12月26日 17:22
Tommyさん

コメントありがとうございました。

このブログも前に書いていればよかったですね。
親指は普段の生活では曲げるのが当たり前だから
伸ばすと言うのは普通じゃないかもです。

ここがキーポイントで、先に苦労するか楽に乗り越えられるかの
境目なのかもしれないと思ったりしております。

実際の演奏の時にはもう少し爪よりで弾くことに
鳴ろうかと思いますが、基本の指使いはこれで会得できるかと思います。

頑張ってくださいね(^O^)/
Posted by アラフィフおやじ at 2014年12月26日 17:33
フォームって、大事なんだな〜とあたらめて思いました。
そして、初心に戻ってゆっくりと、ひとつずつの音を大事に弾いてみたいな、と。(*^_^*)
年始年末は、なかなかギターを触ることが出来ないかもしれないけれど、
今までのどの時期より、ギターが愛しいです。
たくさんの方のギターへの思いの手助けをされている、
ササンさんのブログの存在は大きいですよね。
技術じゃなく、そこには気持ちがあるから・・・
いつも、本当にありがとうございます。(^.^)
Posted by pou at 2014年12月27日 11:30
POUさん

コメントありがとうございました。

基本のフォームをきちんと最初から知っていると
きっとこれからギターを弾こうと思う人には
プラスになるかもしれないかなと思いました^^

最初に自分の思い込みで始めてしまうと
結局どこかでひき返さないといけなくなるかもしれない。
そうなるととても辛いと思うんです(自分がそうだったから

こんなブログを覗いてくださるのも何かのご縁でしょうから
そのご縁でギターを楽しむ人が早く上達される
ちょっとしたお手伝いになれば嬉しいなと思って(^O^)

Posted by アラフィフおやじ at 2014年12月27日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ