2014年02月05日

アルペジオについて(初心者さん向け)

今日は全国寒いのです
古都も小雪が舞っております((((;゚Д゚))))サムー

ブログを通じて初心者さんとのご縁も頂けて
また、その方々のブログを拝見しますと
あぁ、そうだ、自分もそんな所で上手く行かず
悩みまくりだったと振りかえることが出来ております。

最近のおやじのブログの演奏についての
内容は先に進み過ぎているきらいがありますね^^

そこで、おやじの拙い経験が
お役にたつかどうかわかりませんが、
今日はアルペジオについて書いてみます。

アルペジオってええ、アルペジオです^^
初心者さんがコード譜を覚えてストロークで
ジャラ〜ンと弾けるようになった次の壁がアルペジオでしょか?

日本語訳だと分散和音ってことですね

コードをまとめて弾くんではなくて、バラバラに弾く
用は指がバラバラに弦をはじかないといけないわけです。
これがなかなか一筋縄ではいきませんよね。

でも、その先にあるソロギを弾こうと思うと
弦1本づつを弾けないわけにはいかないわけです。

アルペジオと言っても簡単なパターンのものから
これがアルペジオ?といものまであります。

初心者さん向けなので、簡単なものでいいと思います
アルペジオパターンは、ネットを検索してもらうと
細かく動画付きで解説されてらっしゃるものが
たくさんありますのでいろいろ見てみてください。

これがお勧めということではないですが
ギター講師の人が弾いているので添付してみただけですので^^



で、動画のように弾けないのよ、そんなに上手く弾けたら苦労しない!
とおっしゃる初心者さんもいらっしゃるのではないかと思います
(おやじも最初の頃、その前はどうすりゃいいんだ?と悩んでました)

まず、どの動画を参考にされても良いのですが
同じようなスピードで弾こうとされないことで
見るのは弾く時の指の順番だけです。

これが肝と言うポイントは
自分が弾ける一番遅いスピードで弾く
なんです。

どうしても、見たり聞いたりしたものと同じように弾きたくなるのが
人の常なのですが、そういう思いは捨ててくださいネ

早く弾く為には、ゆっくり正確に弾くと言う
単純な練習の上にしかなしえないわけです。

最初はゆっくり自分の指を見ながら弾いても
それでも弾けないと思います。

えっと、まず親指からかぁ で、次が人差し指?
でなになに?次が中指ってか え〜最後は薬指もあるの
こりゃ指がこんがらがる〜 なんて声が聞こえそうですね^^

でも、それで良いんです
最初のうちは右手を見ながらしか弾けません。
また、見ていても分からなくなる
しかし、日々練習をしておりますとこれ運動と同じなので
続けているうちに体が覚えます。

体が覚えるというのは時間はかかりますが
一度覚えると忘れません(自転車に乗るのに練習したのと同じですかね)
体が覚えてしまうと後はスピードUPは楽にできます。

ワンパターンだと1週間もすれば何とかなるかもしれません。

何度も書きます そうあなたにです
決して見たり聞いたりしたスピードで
最初から弾かないことです。

ゆっくり、正確にですヨ(^O^)/

ちなみに、偉そうに「ゆっくりですよ」と言っているおやじも
動画と同じように最初から弾きたい!とむちゃくちゃなアルペジオで
弾いたこともありますが、ご想像通り撃沈です(爆

そうやって時間ばかりを無駄に使ってまいりました^^;

でもね、飽きずに長いことやってきますと
このようなアルペジオも弾けるようになるのも事実なんです。
(川畑トモアキさんアレンジ曲の一部抜粋です)



これもれっきとしたアルペジオなんですね。
ちなみにここのTAB譜を付けておきますので興味のある方はどうぞ
初心者の方でも、この音源の1/10くらいのゆっくりスピードなら
弾けるようになるかもしれません、原曲通りはかなり難易度が高いですが

Book1.pdf.jpg

そう書いても聞いたあなたは絶対無理!と思われたかもしれませんが
そんのことはありません。
それは、どんくさいおやじでも4年も5年も掛かったけど
地道にやってると何とかなったからです。

ブログを読んでくださっている初心者さん
一緒にがんばりましょう!

いつの日か、アルペジオ弾けるようになりますからね(^O^)/











posted by アラフィフおやじ at 15:01| Comment(8) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初にギターで弾いた曲は何だったかな・・。
記憶には残って居ませんが多分歌謡曲だったと想像
致します。平凡とか明星の付録で付いていたソング
ブックのコードを見ながら。歳がばれますね。
ギターは兄貴がレコード店で買ってきた見た目は
クラギで鉄弦が張ってあると言う有りがちな奴でした。
指板もフラットでフレットは9mmゲージのレール
みたいな感じでしたね。
ドナドナとかが最初のアルペジオ・・と言うか指弾き
だった様に思います。
ソロギターの原点はやっぱりスリーフィンガー・
アルペジオでしょう。ファイトです♪
Posted by y@ma at 2014年02月05日 16:26
y@maさん

コメントありがとうざいます。

あぁまさに青春真っ只中 中学の頃は
平凡に明星ございました家にも^^

確か最初の音出しは、イエペスの禁じられた遊び
を1弦の単音のみで弾くというありがちなパターンだったかと(笑

アルペジオというか、22歳の別れのイントロを
何とか弾こうと思っていたようにも思いますが
弾けなかったのだけは確かです^^

3フィンガー、アルペジオ ちょっと弾ける人がいると
羨望のまなざしで見られていましたっけ

私はその頃Fコードが抑えられない組だったような・・
Posted by アラフィフおやじ at 2014年02月05日 16:32
22歳のイントロは最初は指で弾いて居ましたけど
途中からピックで一弦一弦弾くやり方になりました。
あれも苦労したなぁ・・・。

Fの壁、有りますね。大体ギターを止める人の大半が
セーハコードを制覇(さむい・・・)出来ず諦める
んじゃないかな。Bm、Fはいぢわるに見えました。
当時はE♭なんて人間で抑えられる人は存在しないって
真剣に信じてました(笑)。
でも諦めずに粘着してればなんとかなる物です。
だってギター弾きはほぼみんなFもBmも鳴らせるんで。
Posted by y@ma at 2014年02月05日 17:03
またまた、私のため?に特集を組んでいただきありがとうございます。今日もアルペジオの練習を終えて今指とにらめっこしています。
NHKの番組で50肩の番組を見ていたら肩甲骨の運動不足が原因とのこと。この何カ月かの左肩の痛みの理由がわかったところです。
高齢者には少々準備運動も予定しなければならないらしいです。
Posted by Tommy at 2014年02月05日 21:14
ギターを長いことピックで弾いてきたので、
アルペジオは苦手分野です。
というより手弾きが苦手なのかも(汗)。
まあ、どちらでも同じことなのですが…。

はじめてギターを弾いてみようと思ったのは
あまりに昔過ぎて思い出せないのですが、
当時は中学生だったので、とにかく毎日弾いてました。
やっぱり毎日弾くのがいちばんですね。

社会人になると、それができないので辛いです。
Posted by Adirondack at 2014年02月05日 21:24
>y@maさん

22歳の別れ 私もピックで挑戦しましたが
これも挫折ってどれも弾けないじゃんということで^^

私も確かガットギターだったような・・・

そしてFのセーハ 昔のフォークギターなるものの
弦高を考えたらぞっとします。

市販の一番安価なギターだったので、
それこそ山のような弦高だったかも

今でも私にはその未調整のギターなら
Fのセーハ無理かもです^^
Posted by アラフィフおやじ at 2014年02月06日 11:11
Tommyさん

コメントありがとうございます。

Tommyさんの頑張りを拝見していると
私も頑張らねばと思う今日この頃です。

アルペジオも出来るようになると
普通のことなんですが、出来ないとなんと
難しい指使いだろうと思ってしまいますよね。

1,2日では結果がでませんが1か月、半年とするうちに
あら不思議悩んでいたのはなんだったんだろう?
と思われる日がくると思います。

そして五十肩 私も右も左もやりました。
もう大変です、手が上がらな痛くて寝返り打てない

痛みどめの注射を何本打ってもらったでしょう
でも1年位するとウソのように治ります。
その間が辛いんですよ

どうぞお大事にそして準備運動をしながら
上手く付き合ってくださいませ。
Posted by アラフィフおやじ at 2014年02月06日 11:15
Adirondackさん

コメントありがとうございました。

ピックでのストロークをメインにしていると
まさに指弾きは難しく感じるのがよくわかります。

私もまさにその通りでした。

最初に正しく右手を構えることもできず
当初はサムピックって使えないじゃんと思っていました。

それは親指が弦と垂直にあたる構え方でしたから^^;

それから、アルペジオ 3フィンガーとできるまでに
かなりの時間がかかったと思います。

そんな状態でもソロギを覚えようとしてましたから^^

最初のわたなべゆうくんの「踊り子の唄」は
今弾いても難易度高しなのに、よくも無謀にチャレンジ
したものだと今でも思います。

覚えるのに半年かかって弾けるのに1年かかったのも
うなずけるんですよ。

今の自分が弾いても「踊り子の唄」難しいですから。

だから是非苦手意識を持たれず
ボチボチ行きましょう〜(^O^)

Posted by アラフィフおやじ at 2014年02月06日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ