2012年05月29日

「Cubase」って・・

今日は湿度が高い古都です
日本の夏 キン〇ョーの夏 なんてね^^

そんなのんきなこと言ってたら
急に曇ってきて雷が!

やばい、思っている間にスゴイ風と雨
仕事場のシャッター急遽閉めました( ̄△ ̄;)

さてさて
昨日から弾ける曲のブラッシュアップのことを
書き始めました。

昨日の音源には練習中の「November」の出だしの部分だけ
載せてみました。

その音源はZOOM H4nという録音機材で、付属のマイクで
生音として録ったものにレキシコンでリバーブを掛けたもの。

先日、クラブのOB会があって、一緒に演奏したTくん(さとしくん)は
DTMに思いを込めている凄腕PC使いさん

で、おやじの音源の処理はどうしてる?と聞かれて
録音したものを無料ソフトのサウンドエンジンで加工してると。

その時に、ZOOmにはDAWのソフトが付いてない?と聞かれて
確かCubaseなるものが付いてたかもと。

で、彼いわく サウンドエンジンよりもCubaseの方が
音を触るのは本格的だと思うと教えてくれました。

で、付属のCDを探してインストールしてみることに。
ところが、これ使えるようにするのにずいぶん難儀なのです。

ただ単にインストールしたら使えると思いきや
あれの登録、これのダウンロードとおおかた半日かかって
やっと動く状態になりました。

でも使い方まったくわからん???
そこで、さとしくんにいろいろ教わって
手取り足取りで何とかかんとか音をさわることができました。

で、ここで驚いたのが 今の技術というのは
ものすごいことになっているのだと言うことです。

それは、まあこれ聞いてみて下さいな
(今回もNovemberですみません 今回は演奏になってますので^^)



どうでしょう?
原音を聞きながらこんな感じかな 自分が良いとと思う音って?
とあちこち触っている間にできた音です。

EQでもう少し高音を下げてもよかったかなぁと思うけれど
生音派のおやじなんですが まったくDTMの素人がちょこちょこって
触るだけでこれだけ音が作れるのだと体験してしまうと
加工の音に抵抗あったおやじも ぐうの音も出ない・・

基本録音した音というのはすでにデジタルに変換させれているので
その時点で生音とは違うんですものね

ちなみに、原音はこれです(これだとなんか悲しいけど加工でゴージャスになるんですねぇ・・^^)



今回の音源はフィッシュマンのレアアースブレンドのPUから音を録って
それをCubaseで加工したものです。

生音としてマイクで録ってレキシコンでリバーブ掛けたより良いかも!?
なんて思うのです。

加工した音も、これからいろいろ勉強してみたい
と思った昨日でした。

みなさんは音の加工ってどうしてますか?
またいろいろ教えてくださいね。


posted by アラフィフおやじ at 12:27| Comment(6) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Cubaseマジ凄いですショッキング

技術革新は日進月歩更新(UP!)

ついていくのが大変です困りあせあせ(飛び散る汗)
Posted by at 2012年05月29日 19:08
いよいよですね。
バンドルのCubase LEでしょうか?
私もSOLからCubase5に移行してから、世界が広がりましたね。
以前は、ギターにいろんなピックアップを仕込んだり、Fishmanをつけてみたりして試行錯誤してました。
でもやはり生音が一番ですよね。
その素晴らしさを知ったのはこういったDAWを知ってからです。
ハードウェアに凝って機材オタクになるところでしたww
といいつつもコンデンサーマイクとオーディオインターフェースを購入されたほうが良いかも知れませんね。
自分のギターの音に泣けますよ。
どっぷりはまってください。
そこが地獄の一丁目ですwww
Posted by og3 at 2012年05月29日 19:13
ズームに付属のあのソフトですね。
登録するのに半日かけて…その後パソコンが壊れてハードディスクを入れ替えて…それっきり一度も使わず(>_<)
あれってホントに使い方が難しいです。
Posted by 青井草茂 at 2012年05月30日 00:35
>輝さん

わたしなんぞは、DAWのDの字も解らずです^^

ただ、このCubase なるものを初めて触ってみて
凄いことになっているのだなぁと^^;

技術革新は知れば知るほどすごいとわかりますね。
Posted by アラフィフおやじ at 2012年05月30日 10:35
>og3さん

いよいよですかね^^;

使っているの、はい Cubase LE5という
バンドルされたいわいる付属品です。

でも、og3さんのようにDTMに携わっている方から
こしてすすめられ、実際に自分でさわってみると
確かに深みにはまる予感(笑

まずはマイクとオーディオインターフェイスですね
マイクも凝りだすと奥が深そう〜
アコギ用としてはどのあたりが良いでしょうか?

地獄の1丁目の門の前で佇んでおります^^
Posted by アラフィフおやじ at 2012年05月30日 10:39
>青井さん

そうですよねぇ、インストールして登録して
これだけでもなかなか前に進まず。

登録できたと思ったら、音が出ず・・・

この手のソフトは誰かに教えてもらわないと
アナログ的に適当に触ってというわけには
なかなかいかなさそうです。

ただ、これを使えるようになると
世界が変わるかもという予感だけは感じました。

さてはて、生音はの私は何処に向かうのでしょうか?(笑
Posted by アラフィフおやじ at 2012年05月30日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ