2010年12月20日

ソロギターを上手く弾くために必要と思ったこと 第ニ弾 ニ章

1からソロギを始めたおやじの泣き笑い技法
アラフィフおやじが2年掛りでたどり着いた汗と涙の結晶

いろんな情報を探して、試して、お〜これぞ!とおもったら
うまくいかずに落ち込んでの繰り返し

その中でこれだけは今も演奏の中で役立ってます と言う事を綴ってみます。

 え? そんなん、とっくに知ってるわ!ですか(= ^ ^ ゞ  


第二回) 左手の使い方には3つのポイントがあった
     (押弦、手首、肘 なかなか気づきにくいが解ると劇的に演奏が変化した)

今回は、第二回第ニ章と言うことで
手首と肘について取り上げて自分が気がついてきたことを書いてみたい。

1章で押弦のことを書いたのだが、手首と肘の関係は密接に関係していて
独立してはいないのかもしれない?とおやじは思っている。

え?そんなことは当たり前?ですか
いや、素人にはそんなこともわからんものなのです。

では、あえて別に書いてみよう(笑

まず、手首のこと みなさんは手首のことを気にされて押弦されているだろうか?
え?そんなこと気にしなくても連動していて自然にそういう風にしている!でしょうか?

そうです、自然にできればそれが一番いいのですが私は気がつかなくて苦労したのでした。

それは先回書いたネックに対して垂直に押弦する、
これを6弦と1弦で同じフレットを押さえると考えてみると
たとえば同じ人差し指で押さえるなら手首の角度が違うのはお分かりの通り。

1弦を押さえる時は手首は真っ直ぐ(寝ている状態)でも指の関節を曲げると直角に押弦できるが
6弦を押さえる時は真っ直ぐ)寝ている状態)だと直角ではなくて、
指先が寝た状態で押さえることになってしまう。

そうすると、5弦に指が触れたりしてキレイに響かすことができなかったり。

そう、この時直角に6弦を押弦しようとすると手首が立ってこなくては出来ないと気がつく。
その時、同時にネック裏にある肘の位置も6弦側から1弦側に押し出す感じで移動させないと
自然なフォームにはならないのだ。

逆に肘を押し出せば自然と手首は返るのかもしれない。
鶏が先?か玉子が先か?(笑

手首、肘、指先は三位一体となって自然に動かす必要があるが、
最初のうちは押弦を直角にを優先した。

手首と肘は関連的に繋がっていけば最良なのだと自分では思っているのだ。

そのことに気がついたのは、ゆうさんの演奏を手首に注目して見た時だった。
動画の演奏は指の動きをどうしても見てしまう。

しかし、一度見る視点を変えてみるといろんなことが見えてきて楽しい。

えっと、押尾さんのファンの方は押尾さんの、岸部さんのファンの方は岸部さんの
リンテンさんファンの方はリンテンさんの動画をこの祭視点を変えて見てみてください。

ん〜、追記
押尾さんとリンテンさん 手首は寝た状態で弾かれてますねぇ
でも一つ気がついたのはお二人ともドレッドを弾かれてる、ネックが細いのでしょうか?
それとも指が長い?いやそれ以上に技術力が違うのでしょうね!
岸部さんは6弦側を弾く時は立ってました。岸部さんは手が大きいですよね。







ゆうさんの手首はまさに、立った状態のことが多い
そして、ネックと手の交わる角度はやはり直角になっていると確認できる映像。
左手の手首をじ〜とご覧下さい。


それも弦をピンポイントで押さえるために自然と身に付けられたことだと
勝手に納得しているのだ。
このあたりはゆうさんに直接聞いていないのでなんともわからないのだが・・・

今度お会いしたら聞いてみよう、しかし多分そんなこと気にしてないです
と言われそうだが(笑

さて、6弦側から1弦側に動かす肘の動きは俗に運指の時に書いた横の動きにあたる
もちろん肘にも横の動きと共に縦の動きもある。

先回に書いた指先がサウンドホール側に向くと縦方向のスライドには都合が良いと。

演奏の中で横方向の運指の後に続く縦方向の運指の切り替えタイミングを私は
肘の開きで調整するようにしている。

例えば薬指で1弦4Fを押さえていてその指を支点に
人差し指を例えば5弦2Fあたりから同じ5弦4Fあたりに移動させる時は
手首の回転と共に肘を開いてその動きをスムースにするように気を付けている。

もちろん手首の回転だけでも移動は可能なのだが少し肘の動きを加えてやると
よりスムースに指の移動ができると思っている。

この肘の動きも、押弦のピンポイントの押弦のためにある動きだと思う。

そう言えば
肩の関節、肘の関節、手首の関節の動きは決まっているので
その動きに準じて指先の押弦に繋がっていっていることを考えると
これって人間工学に基づいているのかも?α~ (ー.ー") ンーー

ソロギではいかに他の弦に触れることなくピンポイントで狙った音を出すかが
一番重要なポイントになると思っている。

初心者の私にはまず、一つの音を響かせる技術を身に付けないと美しい演奏には繋がらないと。
もちろんその後には音を切る演奏技術を見に付けないといけないのだろうが・・

ソロギもやり始めると奥が深くて楽しいものだなぁ。

さて、次回が最終回


第三回) 右手の使い方は慎重にしないと後の訂正が大変
     (自分流にするのは後からでも、まずこのことが大事だった)
です。

右手で悩まれる人も私同様、結構いらっしるのだと
アコギ仲間で話をしている時に気がついた。

さて、さてみなさんはどうだろう?


posted by アラフィフおやじ at 10:10| Comment(4) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!
本が書けそうですね♪
Posted by Yu@相生 at 2010年12月20日 22:27
>Yu@相生さん

ここはヒミツと言うことでお願いします。
(=^^=)
オルカギターズにて出版目指して
転職でも考えてみます(笑
Posted by アラフィフおやじ at 2010年12月21日 00:56
了解!コメントは大丈夫でなかったら削除願います。
Posted by Yu at 2010年12月21日 07:39
>Yuさん

ご心配かけてすみません。
いろいろご配慮ありがとうございますm(_ _)m
Posted by アラフィフオヤジ at 2010年12月21日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ