UA-175808163-1

2021年01月28日

不器用な人間でして

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

急に春めいたと思えば
明日から真冬になる予報
みなさんご自愛ください

0829124841_5f49d0190e42a.jpg

今日は、「奇跡の山」の練習のこと
書いてみようとしているのですが

ブログの中で出来上がった演奏なり
暗譜なりをUPすることが多いので
おやじそこそこ弾けるてるじゃないか!
暗譜もそこそこ年の割には早いし!
と思われているかもしれません。

私は昔から何をやっても不器用でして
皆が直ぐに出来ることができない。

何とか追いつこうとしても
人の何倍もかかるわけです。

その経験の中で時間が掛かってもとりあえず
何事も途中で止めずに続けていれば
いつかは人並みには出来るようになる
だから人のスピードと比べないことにしたのです。

その代わり、出来るようになるまで
時間を忘れてでもひたすら繰り返すこと
それを飽きずにできるようになったのかもしれません。

さて、振り返ってみて「奇跡の山」ですが
私の場合は最初の所から躓いてましてね。

IMG_20210128_110712.jpg

まずは1弦4Fを押さえる所ね
その後バレーをする所

zz_page-0001.jpg

いつもの癖の指使いで弾くと引っかかったり
音が詰まったりとなるわけです。

ひとつづつの音を鳴らすのに問題なくても
曲として音がつながっていかなくてはいけません。

指の置き方がワンパターンだと解決しないことも
指の開きから肘の開閉などいろなんパターンの中から
自分が弾くのに一番最適なのは何かを探りながら
パターンAとしては人差し指先を曲げておさえる
パターンBとしては人差し指を伸ばして押さえる
パターンCとしては2弦2Fだけを押さえる
パターンDとしては2弦と同時に1弦2Fも押さえる
などなど、どうすれば音がつながっていくか

ある程度何度もパターンを変えながら弾いてみて
一番しっくりくるのをみつける。

しかし、弾き込んでいくと何処かしっくりこない
となるとまた1からパターンを考えてトライしてみる。

1弦4Fを押さえるのに随分時間がかかったわけです。

そして、その後のバレーの部分

ご本人は4弦までのバレーですが
私にはこれがしっくりこない
1弦4弦の2Fの音が綺麗に出せないのです

この時のバレーの人差し指のフレットとの
角度と押さえる指の部分を何パターンか
試してみると
パターンAは人差し指の腹で押さえる
パターンBは人差し指の中指側に倒して押さえる
パターンCは人差し指をフレットに平行に押さえる
パターンDは人差し指を若干斜めに押さえる
パターンEは人差し指バレーを5Fまで伸ばす
パターンFはそれぞれの指が他の弦に触れないように
しっかり立って押さえられているかどうか

などなどの中で自分が一番しっくりくる
パターンになるまで試してみて
1小節目から演奏として音がよどみなく
流れるまで何度も弾いて検証してみて
これで大丈夫という運指を決めてみたのです。

弾いてしまえばたった9つの音(複音を1として)
ですが、曲の出だしの音です
いい加減に弾くわけにはいきませんよね。

また、岸部さんですからクイックアルペジオ
多用で弾くのが岸部パターン^^

富士山の雄大な姿を思い起こさせる
そんな演奏になるようにしていかなければ
この曲を表現できないのかなと。

どの音も適当に弾いていいことにはならない
それぞれに考えて考えて作られた曲ですから
作曲者の思い自分なりに理解して初めて
この曲も弾けると言えるのかもしれません。

などと考えているといつまでたっても
弾けるようにならないんですけどね(;^ω^)

取り合えずそんなこんなで
やっと全体像が見えてきたところです^^

posted by アラフィフおやじ at 11:52| Comment(10) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ