UA-175808163-1

2021年01月21日

「SweetHome」の暗譜のこと

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日から少し暖かくなると思ったら
週末から来週は長雨の予報・・

天候やコロナのことは逆に
ギターを楽しむ良いタイミング
と思って弾いてます^^

7154VblEbmL._AC_SL1191_.jpg


さて、「SweetHome」を練習してみて
思うのはどの曲でも楽譜1枚目を
覚えるのに時間が掛かる。

ちなみにやっと昨日時点で
何となく最初の2ページ目まで
進んだけれどまだ曲には聞こえないぞ(;^ω^)

何度も同じ所を弾いて耳にタコが
出来ると家人から疎まれても
なかなか指が覚えてくれずに
果てしない道のりを感じるわけです。

そんな時間が数日続くので
弾きたいという思い入れが薄いと
このタイミングで挫折するなのかもしれない^^

そこを何とかやり過ごせると
その後は割合とスムースに進むのです。

暗譜は根を詰めれば1〜2週間
(演奏になるというわけではなくて
指を動かす順を体が覚えたということ)

悩んで物凄く時間が掛かっていた所も
覚えてしまうとあっと言う間に通り過ぎる
実に不思議な感覚に毎回暗譜終わりに
感じるのです。

暗譜が得手の人と不得手の人がおられる
これは、楽譜が読める人と読めない人で
分かれるように思うのです。

初見で楽譜をみてギターの指板に置き換える
それが出来る人は暗譜する必要がない。

逆に私のように楽譜を読めない人は
暗譜しないと弾けないのだから
悪戦苦闘してでも何としても覚える。

TAB譜と楽譜何が違うかというと
TAB譜からは曲の流れがイメージできない
だから曲を覚えるほど聞くことになるのだけどね^^








posted by アラフィフおやじ at 11:54| Comment(4) | 暗譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ