UA-175808163-1

2021年01月06日

ギターを毎日弾く方法

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

明日から大寒波の予報
雪の多い地方の方は対策大変でしょうが
雪かきなどで事故のありませんように

さて、クラギのシリーズのはずが
舌も乾かぬうちに違う話題ですません(;^ω^)

今日はギターを毎日弾く方法です

皆さんはギターをケースに仕舞っておく派?
それとも出しっぱなし派?ですか?

そして、弦を緩める派?緩めない派?
どちらでしょう?

私は出しっぱなし、緩めない派です

でも、そんな状態でもあることで
毎日弾かなくなることがありました。

普段はソファに座ると目の前にスタンドに立てかけた
ギターがある状態にしているので座ると同時に手が行きます。
所がソファがないとまったく手が伸びない

753-317-3.jpg

基本地べたに座って弾く習慣の人は良いのでしょうが・・・


年末、戸棚の上の段から荷物を下ろすのに
ソファに乗っかった時急に高さが変わった?
と思った瞬間ずり落ちであららと

そうですソファの足が折れました
そんなことあるのか?と思ったけれど現実で・・

それから次のソファが届くまで数日
この間ギターが目の前にあっても弾かないんですよね。

そして年始そうそうに届けてもらったのが
こちらのソファです。

0210-blog.jpg

で、届いた日から早速ギター弾き始めました。

毎日ギターを弾くことを習慣とするのは日々の生活の中で
常に近くにギターがあって手を伸ばせば届くようにしておくこと
そして自分の弾きやすいスタイルを定着させておくことかもしれません。

暇があったらギターを触っているおやじ
ギターフリークを越えてマニアも越えてフェチの世界かも(爆

それから、基礎が大事ってどの世界でも言えることなのだなと

プロフェッショナル仕事の流儀
「恐れずに、つま先立ちで〜芸術監督・吉田都〜」

o0400022314877244561.jpg

英国ロイヤル・バレエ団のトップとして活躍したバレリーナ吉田都(55)の
芸術監督デビューに独占密着!コロナ禍で公演は中止となり売り上げは激減、
海外からスタッフも呼べないという逆風にみまわれる。
ダンサーもマスクをつけての練習という異例の事態に苦しむが、
そんな状況でも吉田は練習を基礎から見直せとダンサーたちを叱咤激励する。
新監督のもとで、バレエ団はどう生まれ変わったのか。
美しくも過酷な闘いの舞台裏。

そうか、どの世界でも出来ていて当たりまえのことを
きちんと見直すことは大事なことなのだ
プロでさえそうなのだから適当アマチュアの自分には
常、基礎を見直すことは当たり前なのかもしれない。




posted by アラフィフおやじ at 11:57| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ