UA-175808163-1

2020年11月04日

Leo Brouwer60(レオ・ブローウェル)Un dia de noviembre(11月のある日)

ソロギターすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今年は予報通り冬が厳しそうです
関東は3年ぶりの木枯らし一号が吹いたそう

コロナに気を付けてギターを楽しみたいものです

ここにきて、完全に片足を突っ込んでしまった!?
感のあるおやじです^^

最近、特に好んで聞いているギタリストがいます

117608113_3246772755383458_2584101153589712190_n.jpg

Antonio Malinconico
(アントニオ・マリンコニコ)
スイス生まれのギタリスト

ご存じの方もおられるかも?ですが
この人のギターの音色(もちろん加工されてるんですが)
とこの人の演奏が心に沁みる

----------------------------------------------------
情熱とメランコリーという対極の感情が絶妙に混じり合った
ほろ苦い魅力がある音楽を奏でるギタリスト
考え抜かれて形作られた音とニュアンス豊かなタッチで、
多彩な響きを聴かせます。
-----------------------------------------------------
とコメントされている方も

その中で、最近 レオ・ブローウェル氏作曲の
「11月のある日」と言う曲にハマっている

まずはご本人の演奏をどうぞ



11月というと岸部さんの「NOVEMBER」もそうですが
感傷的な季節なのでしょうか

この音源を聞いた時に一発でこの人の演奏が気に入りました

と言うことで、「11月のある日」弾けるようになりたい
年内になんとか?いや無理か 難易度は中級から上級へのあたりとか

最初のAメロの所は初級クラスのようですが
Bメロからちょっと技術的にという部分もあります

世界にはこんなスゴイ人知らないだけでおられるのだなぁ

この11月のある日という曲は結構いろんな人が
youtubeにもUPされてますが、彼の演奏が一番好みかも

ちなみに、関係ないけど アントニオ・マリン までだと
クラギの有名なるルシアーさんですよね^^



posted by アラフィフおやじ at 11:23| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ