UA-175808163-1

2020年11月02日

いけない世界に足を踏み入れるのか!?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

クロサワさんからお借りしてきました

img8.jpg


maxresdefault.jpg

最近ブログ仲間内でクラシックギターや
ナイロンギターの話題が沸騰しています

ナイロン弦は鉄弦とは違う温かさや癒しを
感じることに心が満たされるのかもしれません

私はナイロン弦、クラシックギターには
まったく興味がなかったのですが
ここに来てとうとうその世界に足を踏み入れる?のか

特にクラシックギターについては、もうまったくの
素人ですし(ギター本体について)
もちろんクラギを弾く技術を持ち合わせてもいません。

アコギでソロギを弾き始めた頃、鉄弦のギターについても
マーチン・ギルド・ギブソンあたりしか知らなかったわけで
いろんなギターを弾いたり演奏を聞いたりして好みの音が
できてきたわけです。

クラギもどの音が自分の好みなのか
今ははっきりしておりませんが
これは好みではないなと思うものはあります。

クラギはアコギよりもはるかに奥が深く
最近知っただけでもイグナシオ・フレタ
エルナンデス・イ・アグアド ヘルマン・ハウザー
アントニオ・トーレスとその価格だけでも
ひっくり返りそうになりますわね。

鉄弦のギターの比じゃない(゚д゚)!

で、なぜクラギか それは鉄弦ソロギよりも
すそ野が広いということ

年齢を重ねてじじいになってくると
クラギのサークルはたくさんあるけれど
ソロギのサークルとなると限定的

将来の楽しみとして合奏もできる
クラギを少し勉強しても良いかもと思い
そうなると本体にも興味がわいてくる

ある意味あぶない世界に足を踏み入れるのかもと
思いながら・・・ さてどうなりますことやら

あ、鉄弦 ソロギも益々頑張ります!



posted by アラフィフおやじ at 15:38| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

Leo Brouwer60(レオ・ブローウェル)Un dia de noviembre(11月のある日)

ソロギターすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今年は予報通り冬が厳しそうです
関東は3年ぶりの木枯らし一号が吹いたそう

コロナに気を付けてギターを楽しみたいものです

ここにきて、完全に片足を突っ込んでしまった!?
感のあるおやじです^^

最近、特に好んで聞いているギタリストがいます

117608113_3246772755383458_2584101153589712190_n.jpg

Antonio Malinconico
(アントニオ・マリンコニコ)
スイス生まれのギタリスト

ご存じの方もおられるかも?ですが
この人のギターの音色(もちろん加工されてるんですが)
とこの人の演奏が心に沁みる

----------------------------------------------------
情熱とメランコリーという対極の感情が絶妙に混じり合った
ほろ苦い魅力がある音楽を奏でるギタリスト
考え抜かれて形作られた音とニュアンス豊かなタッチで、
多彩な響きを聴かせます。
-----------------------------------------------------
とコメントされている方も

その中で、最近 レオ・ブローウェル氏作曲の
「11月のある日」と言う曲にハマっている

まずはご本人の演奏をどうぞ



11月というと岸部さんの「NOVEMBER」もそうですが
感傷的な季節なのでしょうか

この音源を聞いた時に一発でこの人の演奏が気に入りました

と言うことで、「11月のある日」弾けるようになりたい
年内になんとか?いや無理か 難易度は中級から上級へのあたりとか

最初のAメロの所は初級クラスのようですが
Bメロからちょっと技術的にという部分もあります

世界にはこんなスゴイ人知らないだけでおられるのだなぁ

この11月のある日という曲は結構いろんな人が
youtubeにもUPされてますが、彼の演奏が一番好みかも

ちなみに、関係ないけど アントニオ・マリン までだと
クラギの有名なるルシアーさんですよね^^



posted by アラフィフおやじ at 11:23| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

マイブーム ナイロン弦

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

先日は山ガール?と共に山鍋を
楽しんできました^^

低山は今が一番いい季節です

aa_page-0001.jpg

さて、ギターはというとナイロン弦を弾いてます
そして、ブログ仲間も弾いているタレガ「ラグリマ」です

ちょっとナイロン弦良いなと(もちろん鉄弦も)思いながら
クラギのマンツーマンレッスンもいいかもと

でもクラギ一筋という人のレッスンは自分には
合わないというかソロギの延長で楽しみたい

だからクラギ以外にアコギも指導してくれる所を
探してます。

ナイロン弦の音色は鉄弦と違って優しい柔らかい所が
何となく癒されるしね


そんなわけで「ラグリマ」たくさんの人が弾いて
youtubeにもUPされてますが、その中で参考に
させてもらっているのが酒井さんと言う方の動画です



クラギで茶髪のお兄さんというのが良い(^▽^)/
まさに私クラシックギター一筋でやってきました!
という人の動画でなくて酒井さんのは
私にはしっくりくるみたい^^

最初の所の弦と指が擦れる音を出さないのも良い
ちょっとタメ気味に弾くのも好み^^

昨日から楽譜を手に入れて練習しはじめる
難易度は初級くらいなのでしょうか、
でもラグリマ(涙)がでる
気持ちの入った演奏が肝なんでしょうね

そうは簡単には弾きこなせなさそうだ^^









posted by アラフィフおやじ at 11:27| Comment(16) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ