UA-175808163-1

2020年10月17日

一度弾いてみたいかも!?と思うAkira Acoustic

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は雨で初冬の気温
一気に寒くなりました

昨日は学生時代の音楽クラブの仲間と
久しぶりの飲み会でした

みんな白髪頭の薄頭と完全おじさん^^
それでも昔の仲間は変わらずです

さて、ギターは新調することはないのですが
それでも楽器店のWEBは必ずチェックしてしまう
悲しい性です(;^ω^)

先日、青爺さんのWEBページを見ていて
これ、一度弾いてみたいかも とおもったのが
新堀彬さんと言うルシアーさんのギター

最近楽器店さんのWEBページには音源をUPしてくれて
聞けるようになっているので雰囲気だけでも知ることが
できてネット徘徊じじいにはありがたいです^^

で、そのギターがこれです

Akira Acoustic A3 cutaway custom500.jpg



何故にのこのギターに興味を持ったのかと言います
シルエットがね、ケビンライアンのNightingale Grand Soloist
に似てる?かもとふと思ってしまったもので^^

ボディのボトム部分が大きくてトップ部分が小さい
実際青爺さんのページの説明でボトム部分はOMより大きく
ショルダー部分は00の大きさだとか

Nightingale Grand Soloist.jpg

私、ソロギを始めて間もないギターの音なんて
まったくわからない時にこのソリストを弾かせてもらう
機会があって、なんて素敵な音なんだろうと思った記憶が
あるんです



それから、あちこちのyoutubeでソリストの音を聞いて
いつか手に入れたらと言う夢はありました

当時でも(10年以上前)100マン越えで小市民のおやじには
とても買える物ではありませんでたが^^

そんな記憶がまだ残っていたのでしょうか
見た瞬間に似てるなと

で、音源が付いていたので聞いてみると
ん〜ソリストの巻き弦の音に少し似ていなくも
ないかも?と思うもののソリストのように甘く深い
響きではないけれどこのあっさり感も良いなと
別段ソリストサウンドに似ている必要もないわけでして^^

一度実際に弾いてみたいと思ったわけですが
残念ながら東京なんでちょっと試奏のためだけに
出向くのもできるわけもなく・・

でも価格がなんと税込みで50ジャストと
現在のルシアーさんの価格からしたら破格

以前はブログでも50マンが一つの音のボーダーライン
などと書いていましたが今は70くらいでしょうか・・

有名どころのルシアーさんのNewギターになれば
100マンというのも普通になってきましたよね

もう、ほとんどルシアーメイドのNewギターは
手が出ない世界になってきちゃいました
あくまでおやじの金銭感覚ですが(;^ω^)

いやぁ、ここ数年若いルシアーさんが
台頭してきていて次世代の広がりが
楽しみですね



posted by アラフィフおやじ at 11:06| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ