UA-175808163-1

2020年10月10日

ソロギを弾きたい、でも弾けないあなたへシリーズC

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

台風、これから関東方面に影響でそう
そちらの方はどうぞ対策十分になされてください
関西は午後から回復に向かいそうです

今回は、なぜにこのシリーズか
についてです

Andrew York氏 髭が立派ですね!

screenshot-www.youtube.com-2018.11.JPG

あくまで鉄弦のソロギターを個人的に
楽しみたいということで書いております

基礎の部分は指で弾くという
クラギの演奏方法とつながっていて
その弾き方をマスターすることは
とても有意義だと思っています

先日来練習をしておりました
Andrew York氏の「Home]ですが
最初のAパートの部分がなかなか覚えきれません

楽譜はこんな感じです
適当にパワータブに写したものなので
正確かどうかは?ですが大体の感じと言うことで^^

私、これを覚えるのに悪戦苦闘しました
指がなかなか覚えてくれないんですヨ(滝汗

お暇なら弾いてみてください
きっとここを訪ねてくださる皆さんなら
さらっと弾かれると思います。

ちなみにチューニングはドロップDです

bba_page-0001.jpg



それでね、本当に指が覚えるのに大苦戦
これってソロギを始めたばかりの人の感覚だ!
そう思ってこのシリーズを書き始めたわけです。

私事ですが、ソロギを始めて最初に練習したのが
岸部さんの「花」でした、ブログのどこかにも
書いていると思いますが(;^ω^)

その時の私の状況はアルペジオは適当で
エレキのギターソロなんて弾いたこともなく
流行りもののギター部分をコピーしたこともない

出来たのはFが押さえられるのと基本のローコードは
押さえてストロークで弾くのはできてました

学生時代フォークバンドとしてやってましたが
相方にストロークの下手さに練習するようにと
釘を刺される始末、何と言ってもオルタネート
ピッキングもできてなかったですから・・

よくもまあそんなのでアコギバンドなんて
言ったものだと今ではお恥ずかしい限りです


ちなみにサムピックを親指にハメて弾こうとしたら
先端部分が弦と平行になりました^^

つまり右手の構えが物をつまむような
形になっていたからです(大恥

そんなおやじがいきなり「花」を岸部さんから購入した
楽譜(TAB譜)をもとに弾き始めたわけです

年末年始、何処にも行かずに朝から夜まで約1週間
TAB譜と格闘してみたものの結局弾けずじまい

それから、随分長い間弾けずにいました

まず、右手の使い方を知らない、左手の押弦も
適当だったわけですからとてもソロギターなど
弾けるわけもなかったのです


教室に通うことも考えて調べてみたのですが
鉄弦のソロギターを教えてくれる所は近所には
なくて、あるのはクラシックギターの教室だけ

そしてそれから独学で弾き始めて
いろんな方と出会いがあったのですが
基礎部分を教えてもらう機会はありませんでした。

そんなおやじですが、今は何とか自分の弾きたい
曲は自分が楽しむ程度なら弾けるようになりましたし
一応暗譜することも人並みにはできるようになりました

だから今ソロギを練習していて上手く弾けなくて
とても弾けるようになるなんて思えない
と感じている方もおやじみたいな適当人間でも
弾けるようになったのですからどなた様も大丈夫!?
のはず^^

次回からまたソロギを弾けるようになるための
核心部分のことを書いてみたいと思います

では、今回はこのあたりでサヨーナラー(_´Д`)ノ~~.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★*


















posted by アラフィフおやじ at 14:11| Comment(10) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ