UA-175808163-1

2020年10月08日

ソロギを弾きたい、でも弾けないあなたへシリーズA

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

台風の影響で今日から週末
雨風が心配です

K10012653041_2010080607_2010080616_01_03.jpg

さて、何かの勢いでソロギをチョイスしてしまったあなた
シリーズ@で書いていました質問コーナーでギターを
まったく初めて触るんですという人は、まずギターに
慣れ親しむ所からスタートですね

まぁ、まったく触ったことがない人は
ソロギをチョイスすることは無いかもしれませんが^^

あんな、神業みたいな弾き方出来るわけないってね
でも、ソロギを弾いている人も人間です

最初からソロギを弾けていたわけではなく
練習の上に弾けるようになったというだけです

だから、まったくの初心者の人がソロギを弾けるように
ならないなんてことはありませんのでね

それではスタートです

ギターがないと始まらないので買ってください
本格的なギターでなくても所謂ミニギターでOKです

市販のギター初心者教則本など(ネット上の情報など)
を見ることから始めます、はは〜んそういうものかと言う所から

ソロギターは今は忘れて(将来的に弾ける日がるくと信じて)
まず次のことを飽きずに諦めずにやってみてください

ん〜ソロギの話とは違うけどごめんなさい

どなたもご存じの童謡「ふるさと」
この曲に記載のコードを左手を見ないで
歌いながら押さえられるまで練習をしてみましょう

c6c0e817.JPG

5b324ee1866a7385ed01aec1069ff9dc.jpg

さきに書いて置きます
コード譜を参考に左手の指を指定の位置に
見ずに押さえられるようになるまでには
40代以上の方は毎日30分なりの練習をして
3か月以上はかかるものと思ってもらえると良いかと

一般的な教則本はギターの各所の名前や
それに付随する備品のことやコードのことなど
最低限の知識を紹介したら続いて書いてあるのが
それでは弾いてみましょうです^^
課題曲が載っていてコード譜が付いている

さて、これで初めてギターを持った人が弾けるか
悲しいかな、そんな簡単には弾けるわけがない^^

書いてあるコード譜の押さえる位置を確認して
たとえばGコードなら、えっとここと、こことここ
でジャラーン、次にD7?どこだ、えっとここと・・
なんてやってたらギターを弾くどころではないです

ギターのコードを押さえてストロークなりで歌と合わせる
ここまでの過程は1日や2日では到底むりなんです

教則本を見てそれじゃぁって で、そこからどれくらいで
弾けるようになるのかは書いてません

だから、普通すぐに弾けるものだと思って初めて
あれ?俺、私 まったく弾けないわと挫折する

そんな感じではないでしょうか
はたまたステレオタイプに言われるFの壁とかね

歌って弾けるようになるには
左手がコード譜を見た瞬間に何も考えずとも
押さえられるようになるには、結局は体が覚えるまで
繰り返し練習するしかないわけです

10代20代の人なら1か月ほどで出来る人もいるかもしれません。
それでもコードを覚えたあとにストロークパターンを覚えないと
ギターを弾けるって言えないかもですしね

そんなわけで、本当に初心者の人はまずギターに慣れるまで
毎日実際に触って押さえてを楽しみながら最低3か月は掛かるんだ
と最初から思って初めてもらうと途中毎日練習して1週間たつのに
まったく弾けない・・と挫折せずに済むと思います

すでにソロギを弾いている方ならご自身が初めてギターに触れた
遠いあの日を思い出してもらえると、そうだそうだ 最初は
そんな感じから始めたんだったかなとなりますよね

では、長くなりました 次回は先日の質問で一応ギターに
なじみがあってギターを持っているという人に向けて書いてみます

それでは、サヨーナラー(_´Д`)ノ~~.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★*




posted by アラフィフおやじ at 13:36| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ