UA-175808163-1

2020年09月24日

指板に吸い付く運指練習の効果?

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

台風直撃でなくてよかったです
でも雨が強い地域もあるみたい
災害対策は万全に

時期まさに初秋気温も下がって
彼岸花(曼殊沙華)が咲き誇ってますね
汗かきじじいにはこの涼しさがホントにありがたい^^

IMG_4104.jpg

さて、以前に話題にしておりました、指板に吸い付く運指
その練習を3か月やってまいりました。
実践方法はあと3か月後に公開をしたいとおもいます。

ええ、もったいぶっているわけでなく
その練習を半年すると吸い付くと言われて
実際にやってみて本当に吸い付くのか?

結果がそうならなければ、その方法は万人には
向いていないのかもしれませんし(;^ω^)

そんな中、そういえば少し変化が出てきた?
と思うことがありました。

それは、指の柔軟度、特に小指のです。

わたし、以前から指が立たない悪い癖がありまして
はい、ギターを弾くときには押弦(左手指先)時は
指が立った状態でおさえるようにと言われますよね。

私は関節が硬いからかどうしても指が立ちにくい
だからいろいろなストレッチをしてみましたが
直ぐに結果も出ないですし・・(根気なし(;^ω^)

で、その指が吸い付くと言われる練習をしていると
柔軟度UPにもつながるのか?ちょっとだけ
小指が曲がるようになってきました。

皆さんは普通にできちゃうんでしょうね

この形です

IMG_20200924_105918.jpg

まだ、完璧でないんです
薬指の第一関節が少し曲がる

これ、曲がらずに真っすぐにできるようになると
演奏上プラスになるらしい

それって指が吸い付くってことかしらと^^

私もみなさんが出来ることが出来るようになりたい!
あと3か月頑張ります

今日も内容のない話題に最後までお付き合い
ありがとうごとうございましたm(__)m






posted by アラフィフおやじ at 11:33| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ