UA-175808163-1

2020年09月04日

Rin Hayase 早瀬輪 ギター

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

IMG_20200109_084651.jpg

台風10号 もう毎日のように
ニュースになっているわけですが
進路に隣接する九州の皆さんには
大きな被害がでませんようにと
私には祈ることしかできません・・

私自身はこれまで15本のギターと
ご縁があって購入し弾かせてもらってきました。

楽器店ではそれ以外多くのギターを
弾かせてもらってきて勉強させてもらいました。

そして、結果的に今6本のギターが
手元にあるわけですがいつも弾くのが
2本になったわけです。

1本は大屋健氏のモデルFアディロン&メイプル

そして
もう1本が早瀬輪氏のモデルDImスプルース&ホンジュラスローズ

過去、もうこれ以上ギターは買いませんと
言いながら次々と新しいギターに触手が伸びたわけですが
最終的に落ち着いたのが上記の2本なのです。

ギターを次々と変えたのはその時々で誰かが持っているとか
材が特別だとか数少ないギターだからとか外的要因に
その動機があったわけです。

だから、もう買わないと言ってもまた買ってしまっていた

ところが、ギター本体のことよりもギターを弾くという
一番根本的なことを追い求めると本当に自分が良いと思う音を
奏でてくれるギターを探すようになりこの2本が
手元に残ったのだということです。

大屋さんのギターはもう言わずと知れたギターですが
早瀬さんのギターは実際に弾いてその音が決めてで購入したもの

最初は3弦と4弦の鳴りに伸びが無いと言われていましたが
購入から8か月その音の伸びしろは大きく
思った通りの音に成長してきました。

早瀬氏は今は知る人は少ないかもしれないですが
この人の生き方や考え方がギター作りだけをしてきた
有名どころのルシアーさんとは違ったとことで
だからこそこの音になっているのかとおもうわけです。

大学で哲学を専攻しその道でと考えていたのが
ものつくりを諦めきれずにルシアーの道へ

https://note.com/kanahebi_to_kage

早瀬氏のことをリポートしたドキュメントがありました
ギター製作だけのことでなく彼の人に主眼を置いた
内容で人となりを知ることができる内容です。

興味のある方はご覧になってください





ギターに求めるものは人それぞれ違うわけで
あくまでこれは私の思い入れです。

ですので、早瀬氏のギターが一番いいギターだと
言うつもりはありません。

それぞれの人の一番があるのだから





posted by アラフィフおやじ at 12:04| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ